長野県長野市・松本市ウェブ制作事業部 コンサルティングFIRM

ATFコンサルティングファーム

デジタルが苦手な会社のホームページ制作を成功させるための3項目

ホームページ苦手
Picture of ATFコンサルティングFIRM

ATFコンサルティングFIRM

マーケティングがあなたのビジネスの目標達成を支援します。

HubSPot+ ATFC担当に相談する

目次

デジタルが得でなくてもホームページで成功できる

とても難し課題かも知れませんが、しかし、なまじ中途半端にデジタルが得意な企業様より、デジタルが苦手な企業の方がホームページで成功できるケースは高いかも知れません。それは素直だからかも知れませんが、熱意と時間だけは用意して欲しいのです。現在のWebマーケティングでは、ホームページを作っただけだと成果は期待できません。ホームページにの殆どがCMSというシステムで作られるので、ブログ機能が充実しています。このブログ機能でアクセスを増やしたり。ニッチなコンテンツ(内容)のブログを書いたりして、見込み客を増やすことができます。あまり、売り込み気配が高いと敬遠されます。あくまでも自社のターゲットを想像して、その人に向けて書き続けてください。

ブログを買っけと言うけど?

まずは、ブログを書く時間を用意して、習慣づけてください。下手なブログでも、その熱意は伝わるので成果はあります。そして、書き続けることでブログも上手くなるでしょう。失敗する原因は成果を求めてその結果が得られないので辞めてしまうことです。ある一定量のブログが用意されると、信じられない効果が得られるものです。英語の勉強に似ています。

ホームページの成功は改善から

ホームページは成長させるものです。Web制作会社にオーダーしただけで、ホームページから集客や売上アップが出来るとは考えないでください。もちろん、希少価値の高い商品や専門性の高い商品なら、そのケースで費用対効果は得られるでしょう。そうでなければ売り方を変えたり、多くのトライ&エラーを繰り返す必要があります。弊社では2年間で成功ベースに乗せるWeb運営サポートのサービスを提供しています。それには、ホームページ改善のプロフェッショナルが必要になります。また、ホームページ改善勉強会なども行っています。
しかし、ご心配は無用です。最初にお伝えしたように、熱意と時間を用意して頂ければデジタルにが苦手でも必ずホームページは成功します。英語ができない人は、途中で諦めた人だけです。ホームページには、Googleから提供されるGoogle Analyticsという無料で使えるアクセス解析ツールがあります。人気のページや不人気のページなどが分かります。それに基づいて改善をWeb制作会社に依頼すればいいのです。あなたは以下の3点だけ知っていればいいのです

1:改善が重要であること
2:ホームページは成長させるもの
3:ブログは書き続けること

続いてのブログを読んでみませんか
ホームページ運営が簡単にできるシステム
ホームページ改善勉強会あなた会社のホームページの改善点が分かります。ホームページ無料診断サービス付き

SNS
AI
生成AIを使ったブログコンテンツの作成

生成AIを使ってブログ記事を作成する方法はいくつかあります。以下にその一般的な手順を示します トピックの選定: まず、ブログ記事のトピックを決めます。トピックは、読者が興味を持ちそうなテーマや、あなたの専門知識に関連する

ブログを読む »
インタビュー一覧
人材採用のキーポイントはWebサイトだった。

今年度こそ人材採用の成果を出す! 街には、新入社員らしき若者が目立つシーズになった。毎年、人材採用に苦戦している人事部人材採用担当は、今年も悔し涙を流しているのか? そこで、成果を毎年あげている企業は、Webサイト(コー

ブログを読む »
集客か?ブランディングか?Webリニューアル。
Webリニューアル:集客 vs ブランディング

Webサイトリニューアルの目的は集客か?ブランディングか? Webサイトのリニューアルを検討する際、多くの方が「集客」と「ブランディング」のどちらを優先すべきか悩むのではないでしょうか。結論から言うと、どちらを優先すべき

ブログを読む »
笑顔の女性
安曇野赤十字病院看護師採用サイト制作

安曇野赤十字病院看護師採用専用Webサイトへ 安曇野赤十字病院看護師採用専用サイトweb design(ウェブデザイン PC用) 看護師とのミーテイングを重ね仕事環境の改善を現実的に行い、それをコンテンツとしました。長野

ブログを読む »
Web制作会社
Webフォームに営業問い合わせが殺到する件

新しいWebフォームからお問合せが来たぞ! 「新しいWebフォームからお問合せが来たぞ!」と喜んでメールを確認すると営業メールだ。こんな日が毎日も続きます。言葉を変えて「協業」と言っているが、コピペでできるフォーム営業は

ブログを読む »