ウェブサイト2107早々に対策が必要になったGoogle検索

Home / ECサイト / ウェブサイト2107早々に対策が必要になったGoogle検索

常時SSLで2017年早々Google ChromeでGoogle検索で動きがあった

SSLとは、通常のウェブサイトにおいてもお問合せや資料請求、または、通常のECサイトでのクレジットカードでの決済。FacebookなどのSNNなどでを情報を保護するためにURLのHTTPがHTTPSに変更してSSL(暗号化)を行なっています。SSL はサイトのセキュリティを強化しサイトの証明書情報を特殊なサーバ設定において発行していた。それがYahooなどの全サイトがこの危険な時代に対応するために常時SSL、つまりすべてのサイトページをSSL化したことにはじまり、Google ChromeでのGoogleで表示されたURLバーに「保護された通信」と表示されるようになっている。

WEBデザイン賞 優秀賞

Google検索では、常時SSLを優先してインデックスする

Google検索としては、安全なサイトを優先的にインデックスすると2015年ぐらいから発表されている。しかし、今年は、モバイルフレンドリーの次の課題として、常時SSL化にフォーカスしているようです。
このサイトのURLにご注目ください。グリーンで目立つこの表示に大きな意味があるようです。どうやら次は、常時SSL化されていないサイトにペナルティか警告を表示するのでしょうか?
WEB制作会社も技術力と手間のかかる時代にどんどん変化していきます。