医療関係のホームページの制作について

Home / SEO対策 / 医療関係のホームページの制作について

医療関係、特に病院のホームページの制作についての考えてみよう。
まず、一番大切なのが医療関係だからと例外ではない制作の目的設定である。まず、「どんなベネフィットを求めるために制作をするのか?」を明確にしておきたい。そして、その目的をどう形にするのかを解説してみよう!

医療関係のサイト構築で最初に学んでおくこと

どんな環境下でもサイトが思惑通り表示されなければならない。また、サイトの訪問者の年齢や身体状況も考慮したい。入院施設の紹介なら患者の家族がサイトを利用する場合もある。

  • すべてのブラウザ環境で正しく表示させるためのソース。
  • モニターサイズの確認
  • アクシビリティの確認
  • テキストの縮小拡大機能

上記のように一般の死あとでは必要のないて知識や技術が必要になる。医療関係専門のホームページ制作会社もある。しかし、個性のないサイトを構築する結果になってしまう可能性もある。ただ、医療関係の経験のあるホームページ制作会社に依頼することをお勧めする。

病院サイトの制作目的とは?

医療施設にも規模や社会的役割は様々です。まず、以下の厚生労働省や医師会のガイドラインを確認しておくことが必要だ。
厚生労働省:医療法における病院等の広告規制について
厚生労働省:厚生労働省:医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)
医療施設ホームページのあり方

病院サイトの制作目的とは?

医療スタッフを募集するために作るホームページ
現在、医療施設の抱えている問題は、医療スタッフや医師不足につてが、とても多いいようだ。一般のリクルートと異なり、その目的を全面に出すことが出来ない。そこを表現するのがWEBクリエータの力となる。まず、基本的に考えたい項目を記載してみよう。

  • 色使いで明るい食ベであることを表現する。
  • コピーライトで表現する。
  • 現場で明るく働く画像を利用する。
  • サイトにスタッフを参加させる。

歯科医や医療器具、薬品などの販売や患者の獲得ためのホームページ制作
これらの目的で制作する場合、特に注意しなければいけないのが制作ガイドラインになる。基本的にSEO対策も考慮してサイトMAPやワイヤーフレームデザインを構築しなければならない。ここで効果がある基本的な制作のポイントを上げたい。

  • 色使い。ライトブルーやライトグリーやグレー系の配色を避ける。
  • ユーザビリティの必要なページとテキストによるコンテンツページを区別する。
  • 笑顔の医師などのスタッフの画像を前面に使用する。
  • 地域に関するコンテツを使用する。
  • 地図はグーグルマップを使用する。
  • グーグルプレイスを活用する。

病院や薬局はエリアマーケティングを活用するためにグーグルのサービスや位置情報を提供することは大切だ。

http://www.omachi-hospital.jp/ http://www.momose-dc.com/

市立大町総合病院WEBサイト
ももせ歯科医院