長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー

今更だけどSEO対策のお悩みですか?でも忘れてはいけないSEO対策とCVRの関係

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on print
Print
Share on tumblr
Tumblr
Share on pocket
Pocket

SEO対策に悩んでいる人。CVRの大切さを理解してくださいね!

一時より、SEO対策について、騒がれなくなりました。それでも「SEO対策おまかせください!」などの営業電話だが「社長さん!・・・できてませんよ!」と企業サイトのSEO対策の未熟点を言いたい放題語るSEO対策屋さんの電話が未だあるようです」。別に企業から「SOSの信号」は出ていないの月に数回は電話があるのではないでしょうか?特に大手サーバ関連のサーバを利用して、初公開のホームページの企業には、そんな電話が未だあるようです。それでは、SEO対策をして、アクセスが増えると「売上はがるのでしょうか?」。CVR(コンバージョンレート)である成約率は意味のないことなのでしょうか?当然、SEO対策よりCVRを高める方がビジネスには遥かに重要です。

SEO対策CVR

SEO対策よりもCVR(コンバージョンレート)

しかし、ホームページのビジネス効果を高めるのに大切なのは、SEO対策よりもCVR(コンバージョンレート)である成約率です。もちろん、ビジネスのキーワードで検索しても1ページに目に表示されないのならSEO対策の問題は発生します。でもそれは、SEO対策ではなく、Web制作に問題があるのです。コンテンツにユーザの求める問題やその解決策がないからです。そもそも売上を上げるためのホームページなら1日10人がアクセスして、10商品のお問合せがあればいいのかも知れません。もちろん極端な話です。それでは、「SEO対策を行うと販売成績が上がるのでしょうか?」。その答えはWebサイトのコンテンツの作り方によります。

SEO対策も大切だけど、CVR対策の方が大切ですよ

先程の例ではないのですが、仮に、「1日10人からアクセスあって、3件のお問合せがあるサイト」で、その3件のお問合せから「成約されるユーザが1名」だとします。1名の販売利益から、SEO対策よりもリスティング広告に費用を掛けて10倍のアクセスが得られれば、毎日、10人のお客様が獲得できます。もちろん、SEO対策に費用を掛けて、アクセスを10倍にしても良いのです。ですから、SEO対策は、自社のホームページのCVRがある程度高まってから行うべきです。もちろん、正しいコンテンツを戦略的に制作していれば、「ユーザが抱えた問題にコミットしたコンテンツを制作」できていればSEO対策をする必要がなくなります。

SEO対策は、ブログやページのコンテンツづくりを強化する

多くのWebユーザーである企業様のWeb担当や経営者は、TOPページに最大のフォーカスをして、TOP正しいにアクセスを集中させようとします。しかし、Googleが説く良いサイトとは、TOPページのアクセスが全体20%となります。Amazonのユーザの方はご理解頂けると多みますが、AmazonのTOPページを見たことがありますか?おそらく多くのAmazonユーザは、AmazonのTOPページをみたことがないのではないでしょう。
弊社のクライアント様のサイトも同様に初回アクセスされるTOPページはおおよそ全体の20%程度です。ユーザが検索してTOPページに届く前にスピードの遅いサイトは30%程度が離脱率がその時点で発生して、約60%のユーザが離脱します。それよりも、ユーザが検索する「自分の問題解決策」が掲載されているページやブログであれば、サイトスピードも早く、いちいちメニューでユーザが自分の探しているコンテツを探す必要もありません。多くのホームページでは、ページをまたぐことに40%以上の離脱率を稼ぎます。つまり、現在は、SEO対策でページを回遊してもらうと考えるのは逆効果になります。

SEO対策は、コンテンツSEO対策がベスト

コンテンツSEO対策とは、Web制作時に行います。ページの構造をコンテンツの階層ごとに整理して行います。また、ユーザターゲット区分した構造にします。複数のターゲットもつ企業なら、これも構造を知りする必要があります。学習塾などでは、以前、Webコンサルティングをこなった時に小学生・中学生・高校生をエントランスで食わけるように提案しました。その結果、成果は高いようです。できれば、プロダクトサイトのように小学生・中学生・高校生ごと別々のホームページをサイサクする必要があります。なぜなら、そのサイトを閲覧するユーザは、塾の情報を知りたいのではなく、小学生の親なら小学生の情報を得たいのです。つまり、別々のターゲットがゴチャになるとCVRも低く、SEO対策的にも効果が得られません。このようにCVRの高いSEO対策をするべきです。工務店なども「松本市工務店」で上位に表示されなくても、「こdもが成長できる家づくり工務店」の方が、検索上位を狙えるし、CVRもか高まります。
コンテンツSEOとは?コンテンツSEOの効果と手順、成功のポイン

Web MARKETING
無料メルマガ

アクセスを増やして、Webからの成果を最大化にする!考え方と技術の学ぶメールマガジン