Googleのパンダアップデートに対応するには?

Home / SEO対策 / Googleのパンダアップデートに対応するには?

SEO関連のエンジニアリングは、Googleのパンダアップデートの日本導入についての話題でもちきりだ。現在の自分の管理するサイトの検索順位の動向がきになるのは当たり前だ。数年前もいきなり上位から40位以下に数サイト落とされたことがある。Googleのアルゴリズムの変更にはエンジニアリングは恐怖とも言える。

さて、このGoogleのパンダアップデートにどう対応すればいいのかを考えてた。アメリカの動向も見てもそれほど大きな変更はないようだ。というのもGoogleの特許であるアルゴリズに準じたサイト構築をすればいい。だからといって、全て対応することは難しく、項目的に対応が不可能な部分にはある程度の打開策がある。

Googleのパンダアップデートで分かっていること

「広告」がパンダ・アップデートの要因の1つになり。アメリカの情報をまとめると信頼性が高い。それ以外は、Googleが質の高いコンテンツの評価基準を知るしかない。そこで、質の高いコンテンツのあるサイトをテキストでまとめるのが最大の解消方法ではないか?また、Googleウェブマスターのガイドラインをひたすら厳守するしかないのだが、Googleアルゴリズム200項目swet9さんのブログで読んだ。その内容は実に真を得ているのだが、全てをクリアーすることは難しく、一般の方やWEB制作会社の方々はGoogleウェブマスターのガイドライン(検索エンジン最適化スターター ガイド)を守ることをオススメする。何故ならば、多くのWEB制作会社の作品にはそれらを反映されていない。
Googleアドセンス広告を貼り込み適正な位置の紹介。サイトと広告のレイアウトについての推奨事項
パンダ・アップデートでは広告を貼ったサイトが順位を下げる?

Googleアルゴリズム200項目について

Let’s Try to Find All 200 Parameters in Google Algorithmをswet9さんが翻訳された内容を大雑把に検証する作業は必要だ。

  • ドメインに関する13要因
  • サーバー:2つの要因
  • アーキテクチャ(構造や仕組み):8因子
  • コンテンツ:14要因
  • 内部のクロスリンク :5要因
  • ウェブサイトの要因:7要因
  • ページ固有の要因:9要因
  • キーワードの使用頻度、キーワード使用方法 :13要因
  • アウトバウンドリンク:8要因
  • バックリンクのプロファイル:21要因
  • 個別のバックリンク:6因子
  • 問者のプロフィールと行動:6因子
  • ペナルティ、フィルタなどのフラグ:12要因
  • その他の要因6個

このブログで上記の項目について一つ一つ解説をしていこうと思っています。
多くは、実に常識的な反映なのかも知れないが、パナルティに関わる部分は慎重に対応したい。
また、新規サイトは不利になるような状況をどう打開するかという問題についても方法を具体的に記述しょうと考えてます。

Googleのパンダアップデートで順位が下落したら

もし、パンダアップで順位が下落したと考えられるならサイトを再構築した方がいいのではないか?WordPressなどでは、データベースから構造の変更が必要にも思える。そして、再構築はできるだけ正しくすることをおススメする。永久的なURLを保てれのが最良策である。しかし、システムを変更すると思わぬところで過去のURL自体も消去しなければならない問題も生じる。よって、対応できる問題点は、再構築時に対応を知ることをおススメする。