インスタでブランディングしてWebで売上UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagramでブランディングするには撮影力と企画力。Webで売上を上げるならコンテンツ力の強化が必要です

Instagramは画像や動画でコミュケーションします。ですから、撮影力や画像編集力が必要ですが、プロでなくてもちょっと学ばばできるのではないでしょうか? もちろん、スマホで十分ですが、どんな企画にするのかを検討する必要があります。そして、ビジネス感の高い投稿は不要です。フォロワーの感性に訴えるような画像・動画が必要です。
そして、必ずWebサイトのブログに呼び込みましょう。そして、ブランディングに成功できれば売上も上がります。ただ、しっかりとブランディングも勉強しましょう。

TwitterやFacebookではブランディングは難しい

画像でスマホでちょっと表示されて、見る人の目を引きつけられることがブランディングができるできるです。ですから、TwitterやFacebookではブランディングは難しいでね!これらのメディアで行うにはパーソナルブランディングを行う必要があります。経営者などの人間力の発揮や技術的な専門性をアピール事はできますが、ユーザーの感性に訴えるならInstagramですね。なにより、Instagramには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することができます。ビジネスユーザーには、かなり効果的なツールです。

NTTコム リサーチが行った「第7回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果によると、Twitter・Facebookともに「企業全体のブランディング」に活用している企業が約5割に上ることがわかり、また約4分の1の企業が「特定製品やサービスのブランディング」に活用していると答えています。

はたして本当にSNSでブランディングはできるのか?

売上アップにはブログの重要

お客様を集めるという点でもブログは重要です。つまり、インバウンドマーケテイングを行うことができます。通常のWebサイトは、即売りを目的に作られています。結果、ユーザーは信頼感を企業に持ちません。それよりもリアルなブログの方がロイヤリティを獲得しやすいのも事実です。ブログを見て商品を購入する人は少なくありません。できるだけ誠実に商品おデメリットまで書き込むと多くのユーザーのロイヤリティを獲得することができます。結果的には売上をアップすることができます。

戦略的に活用するInstagramとブログ

Instagramだけ頑張ってもリアルな成果は得にくいのも事実です。SNSだとスモールビジネスだとFacebookが効果的ですが、ブランディングをしてインバウンドマーケティングを行うにはブログとInstagramになるでしょう。もちろん、業種によります。ですがこれからの時代デザインはビジネスにはとても重要ですから、まだ利用していない企業は、Instagraの活用をブランディング目的で利用することは可能です。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは