長野県長野市 松本市ウェブ制作・経営経営コンサルティングファーム

メニュー
Web制作

ローカルのWebマーケティングとホームページ制作のトレンド2020

「ローカルWebマーケテイング?」ホームページのトレンド

そもそもインターネット上でローカルもインターナショナルもないのですね。しかし、企業規模やターゲットエリア・マーケティング戦略によって手法は変わります。ここでは、弊社が取り扱っている長野県内の企業のホームページのトレンドに関して、また、Webマーケティングについて。多分、2020年もこんな感じかな〜?なんてゆるい感じでブログを書いてみることにした。しかし、進化するWeb環境を理解をしないと、経営者様にとっては、ここで企業格差が大きく開くのではないでしょうか?

Web制作

CMSでホームページ制作について

CMSでホームページを制作するのは主流中の主流ですが、CMSというと WordPressを利用するということが地方の地方のWeb制作会社の技術程度からしても、一番利用されているのでしょう。しかし、世界的に利用されているのでセキュリティに問題を抱えているの事実です。そこで、WordPressではないCMSの選択も弊社は来園に向けて準備しています。それは、これだけ多様化されたユーザのターゲットの特質やマーケティングツールの特質として「選べる」システムが重要になるからです。
オープンソース型・パッケージ型・クラウド型と選択肢はたくさんあります。また、Webにかける予算により選択することもできます。

Webブランディングについて

マーケティング4.0になってもブランディングは重要なファクターになります。しかし、それは、マーケティング2.0や3.0の土台に乗る必要があります。ですが、Webブランディングであれば、そのへんを心得ているローカルのWeb制作会社でも可能となるでしょう。通常のブランディングや昔流行ったCIの概念なども取り入れる必要があります。そして、この分野で一番効果を果たせるのがリクルートではないでしょうか?
メーカーではない製造業など、今まではホームページ等に力を入れていませんでしたが、「人材不足」が企業の存続まで影響する時代ですので、Webブランディング+リクルート(採用)専用サイトの制作も必要になります。

モバイルWebへの対応

レスポンシブWebデザインは、とても便利で、様々なデイバイスに対応できます。しかし、5Gの時代を迎えて、GPSの活用により、ユーザーがそのWebを利用している位置で、コンテンツを変える技術などが必要になるでしょう。例えば、長野県松本市でスマートフォーンでWebサイトをユーザが見ていれば、長野県を中心とした情報がTopに表示されたり、ビジネスによっては、その逆も必要になります。また、モバイルの場合には、ユーザビリティへの配慮がデスクトップのWeb表示より遥かに重要になります。よって、Webアプリの作成やモバイルだけ特別な表示を必要とする完全なスマートフォンファーストのWebデザインが必要になります。

MAやCRMとの連携が重要な重要なマーケティング

SNSのことは今回は書きませんが、Web、SNS、メールとこれらのツールを効率よく利用できるMA(マーケティング・オートメーション)・CRM(顧客関連管理ツール)は、もっとも業績アップを実現するには重要なツールになります。テクノロジーの進化を利用しないで、これからの生産性向上や業績アップは企業文化の質の向上を除けば不可能に近い時代と言えます。関心度ある顧客を見込客と設定して、自動にアプローチを取っていく方法は、営業の強い支援ツールともなります。また、人材不足を補う生産性向上のためのツールともなります。もう、「EXCELでマクロ?」、なんて時代ではありません。
中小企業向け生産性向上・営業力強化システム

今更だけど今更だけど対策の重要性

広告を頻繁に使わない企業においては、Webマーケティングの基本は、オーガニック検索に対応するSEO対策が重要です。そのためのインバウンドマーケティング(外構人観光客についてのマーケティングではない)などのコンテンツ作りを行いファンを獲得して、受注に結びつける必要があります。

SNSでシェア

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email

おすすめの最新ブログ

HubSpot

CRMは何故、HubSpotなのか

CRMをHubSpotに変更した理由 弊社は、ZOHOのCRMを利用していました。コスパは高いのですが、戦略的なマーケティングや営業の支援力、クオリティが十分ではありませんでした。そして、セールスフォース・ドットコムのC

詳しくはこちらから »