fbpx

インバウンドマーケティング

意外と簡単解決できるホームページの問題:Webコンサルティング編

観光列車「海幸山幸」のロゴマーク
アプローチを変えただけで、思わぬ成果が得られるときがあります。

リニューアルするよりまず、Webコンサルタントに尋ねてみては?

リニューアルをしなくてもTOPやランディングページで結果を出すこともできます。当社は、ただ不要なホームページを制作するつもりはありません。現状の問題と用意できる予算の中で、結果を出すための作業をしてみることも大切です。また、SEO対策のための修正やキーワード設定だけでも問題は解決できます。しかし、Webコンサルテタントを信頼してくれなければいい結果は出ません。よくネット上の間違った情報をもとに質問したり、依頼される方もいらっしゃいますが、そんなケースではご依頼をお受けることはできません。

全国の方から多くの問合せは、間違ったWebの理解から

特に長野県以外の企業の方にも多くの質問を受けます。全国どこの企業でもインターネットがあるので対応できます。そんな人は、まず、あなたがこのサイトに辿り着いた経緯を振り返ってみてください。何かの問題を可決したくて、このホームページに辿り着いたのでしょうか。Web制作会社は自社のWebから仕事を獲得するインバウンドマーケティングの専門家でなければなりません。ホームページは、あなたのビジネスで「自分の問題を解決したい!」「自分を変化させたい!」という可能性をもったユーザーがたどり着いた先なのです。であれば、そのユーザーの抱える問題の答えがなければなりません。ホームページをパット見てデザインよりも、ユーザーの抱える問題の解決策がユーザーの目に届くようWebデザインされないければなりません。

観光列車「海幸山幸」のロゴマークが示すもの

「海幸山幸」のロゴマークで、旅が楽しくなります。思い出つくりができます。もちろん、ロケーションは優れているのですが、正直日本列島には優れたロケーションの地は沢山あります。このロゴマークが「海幸山幸」の列車のイメージを作っています。「その先に何があるのか?」、そんなイメージをBtoCのホームページでは訴求しなければなりません。人は幸せを求めて行動を起こします。このホームページを見ると幸せを感じると思わせるのもブランディングにはとても重要です。

ホームページ制作の目的 2018

ATFNAGNANO

ホームページやWebから直接的に売上を獲得したいと思うのは経営者・ウェブ担当さんなら当然ですね。私もそう願いたいのですが、現実は、それを行うと業績拡大への目標が遠のいてしまいます。目の前の売上にフォーカスされがちですが、是非、「見込み客」という概念を持ってください。見込み客のリストを多く確保していると、その見込み客を育成することにより売上を拡大することが出来ます。つまり、ホームページなどでは、まず見込み客を確保することに力を入れましょう。TV通販ショップでは、「お試し」という企画だけで、多くの経費を掛けています。それは、「お試し」を利用する人からの成約率が高いからです。
「見込み客」の数から「成約率」が確定すれば、「見込み客」を増やせばいいのです。逆に「見込み客」からの「成約率」が低ければ、「成約率」を高める方法を考えればよいのです。ただ、なんの根拠もなく、売上を拡大するには、広告を行うしか方法がなくなります。つまり、利益率の高いビジネスモデルでなければ、広告経費で利益が出なくなります。ホームページで業績拡大を目指すなら、まず、「見込み客」という概念を持ち、そこを自分のビジネスの入り口とする必要があります。
ウンドメディアマーケティングやインバウンドマーケティングという言葉があります。これらも同様に基本的には、「自社を好きになってもらう」と言う活動になります。これには専門的なコンテンツやユーザーの疑問に答える専門家としてのアドバイスなどをコンテンツにして、ブログなので更新する必要があります。結果的にSEO対策ともなります。問題は、それに取られる時間なのですが、5分ぐらいの隙間的時間をブログ更新に利用することをオススメします。そして、まず、見込み客獲得の前に自社の商品の価値を多くの人に知ってもらうことも大切でしょう。

営業だって、オートメーションできるよ!
新しいコンセプトでWebsiteをリニューアルしてみました。

ウェブマーケティングとデジタルマーケティング・マーケティング、さらにインバウンドマーケティングとは?

ウェブマーケティングとマーケティングって?

ウェブマーケティングとは、自社のホームページを中心とした、SNSやメルマガ・ブログ。または、リステイング広告などホームページを一つのプラットフォームとして、考えるマーケティングとなります。マーケティングとは、企業を構成させる基本的なもので、それは、顧客を見つめるという作業になります。私がセミナーでお伝えするときには、「企業のすべての力でお客様を呼び込む」という定義をします。つまり、マーケティングとは、経営の重要な要素になります。
「自社の顧客は、どんな問題を抱え、その問題の解決への期待を持っているのか?」そこを知らなければなりません。そして、それをホームページを中心としたウェブマーケティングで、それぞれのツールの特性に合わせて行います。

ホームページ制作 松本市ATFマーケティングMAP

ウェブマーケティングとデジタルマーケティングって?

ウェブマーケティングとは、ホームページを中心としたマーケティングとなりますが、デジタルマーケティングと言うものはもっと幅が広く、デジタルツールのすべてを活用したマーケティングになります。特にECショップであれば、オムニチャネルのようなシームレスにリアル店舗結びつけます。データドリブンでは、データーのによるユーザーの変化を見つけけイノベーションに結びつけます。更にスマホでのSNSを活用した購入顧客の力を借りた商品情報の拡散によるネット上の口コミを誘発させます。
ですから、これからの時代は、ウェブマーケティングよりデジタルマーケティングの時代となります。MA(マーケティング・オートメション)も同様になります。ただ、MAの場合、対応できる業態やウェブの質により対応に限界があります。あくまでも見込み客を他社より早く見つけるという点では、インバウンドマーケティングの方が適しているのかもしれません。

ホームページ制作 松本市ATFwebマーケテインング

インバウンドマーケティングって?

インバウンドマーケティングは、コンテンツマーケティングを体系化したものです。まず、ユーザーに好きになってもらうためのコンテンツを提供することから始めます。そして、そのコンテンツを更に掘り下げたコンテンツを提供してくことで、ユーザーへ直接的にダイレクトマーケティングでユーザーを教育していきます。このようにプロセスがたくさんあるので、顧客の関心度の段階に合わせたアプローチが必要になります。そこに動画マーケティングやSNS広告など活用が必要です。

どんどん複雑で、難しくなるマーケティングを上手に利用するなら

複雑化して、中小企業では、対応が難しい時代にです。ウェブに強く、経営にも精通している専門家をブレーンとして確保することをオススメします。自社にないノウハウをお金を出しても成果に繋げる必要がある時代です。
マーケティングに特化した長野経営コンサルタント事業部
デジタルマーケティング

今回のマーケティングセミナーで学べるコト

3/9あなたのビジネスが変化するセミナーとは?

松本市でセミナー3.9 ホームページの悩みを解決では、インバウンドマーケティングをどのようにローカル企業に落とし込むのか解説しまいます、それによって、リアルな顧客の獲得方法を知ることができます。また、それらの成功例を具体的に学べます。ウェブを活用してどの様に自社のビジネスを変化させるのかにフォーカスをしたセミナーになります。ローカルSEO対策についても自社でできる方法を紹介します。

松本市セミナー

インバウンドマーケティングとは?

今までの広告手法ではなく、ユーザーの求める情報を提供することにより、顧客のニーズのコアがどこにあるのかを分析したり、密なコミュニケーションを通して顧客との関係を地道に築いていくマーケティング手法です。ユーザーは、一つの商品を購入するまでには、多くの段階を経て、購入に至ります。そのユーザーの商品の関心度に合わせたアプローチやコミュニケーションアクションが必要になります。

ローカルローカル対策

ローカルの企業のウェブ戦略で重要な作業がローカルローカル対策です。Googleなどのフリーのツールを活用して、自社でも出来るローカルSEO対策の方法を伝授いたします。

今回は、セミナーの内容の一部をご紹介いたしました。
セミナーについては、こちらからビジネスを変化させるためのWEB成功術

ローカ企業のコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとウェブサイトの関係

今話題のコンテンツマーケティングなのだが、私の知る限り昔から広告業界にはこのような概念が合ったと思う。しかし、ウェブの世界ではコンテンツ重視になるとなかなか制作が難しくなる。求めているユーザーはリスティング広告では3~5割程度がサイトに誘導できるのですが、検索サイトとSNSからの誘導となりはSEO対策が必要になる。しかし、コンテンツとSEO対策のコンテンツ作成の意味合いは反比例する場合もある。出来ればリスティング・SNN・ブログなどのすべての可能性のある媒体を利用するのがベストです。しかし、予算も限られる点からバランスよく媒体を選んでコンテンツを発信すれのが効率的ではないでしょうか。

web

ローカル企業ができるコンテンツマーケティングとは?

上記の解説では、ちょっと分かりにくいだろう。そこでまず弊社の例を上げてみよう。
1.リスティング広告では、ATFが選ばれる3通の理由という分かりやすいページに誘導します。
2.SNSはFacebookページでブログの更新のみをシェアしています。他にソーシャルブックマークやGoogle+・Twitterも活用するが、これも自社のブログのシェアが中心となります。
3.ブログでは、出来るだけユーザー向け情報を提供しています。(複数のブログがある)
4.ウェブサイトはマルチディバイスを考慮したUIで動きのある技術力をアピールし、単純なわかりやすいコンテンツを中心とします。
上記のように媒体の特性に合せてコンテンツを使い分ける必要があります。

ローカル企業ができるコンテンツマーケティングとは?

弊社は基本的にはインバウンドマーケティングを行っています。特にコンテンツマーケティングを意識はしていません。しかし、このようなブログを書くのも同様です。
ウェブサイトでは、基本的にユーザーに役立つ情報を掲載することを目的としています。結果的にSEO対策にもなります。そして、WPの固定ページも定期的に更新をしています。鮮度の高い情報をて依拠することが目的です。

コンテンツマーケティングとは、「内容重視のマーケティング」ということができるだろう。
そしてこのコンテンツマーケティングの特長を考えるにあたっては、従来型の広告モデルと比較することでより明確になる。広告モデルの場合、一般的には広告枠を購入した後、コンテンツを作る。一方、コンテンツマーケティングモデルの場合、先にコンテンツを考え、配信する形式や媒体を決める。つまり、「どこで伝えるか」よりも「何を伝えるか」を重視するモデルなのだ。

今さら聞けない!コンテンツマーケティングの基本の「キ」

「各種広告でサイトに誘導したときに、実際に消費者が購入などの行動をしてくれる確率は数%というのが一般的。そうした中で、消費者に魅力的なコンテンツを提供した上で、施策を行うと効果が数倍にもなる。これが一つ目の理由です。もう一つは、広告による誘導には限界があること。一般的には広告で誘導できるアクセスは3~5割程度で、残りは検索エンジンを通じた自然な流れでたどり着くものといわれています。広告はセオリーが確立されている世界なので、予算を掛けて、定石通りにすれば結果が出る。けれど、それではコストが掛かり過ぎる。そこでコンテンツマーケティングによって残りの5~7割の流入が拡大できれば効果的ではないか、ということです」

いま話題のコンテンツマーケティングとは何か?

Facebook・ブログ・ウェブサイトの役割を明確にする

Facebookの役割とウェブサイト・ブログの役割を決めよう!

ただ、ビジネス活用にFacebookを使っても成果は期待できません。SNS・ウェブサイト(ホームページ)・ブログ・メールマガジンとしっかり役割を確認しましょう。そして、それらを使い分けることによって多くのビジネス効果が得られます。

facebookの活用

AIDMAを理解して各役割が果たせるウェブマーケティングを
Facebookからブログ・ウェブサイトまでの流れ

AIDMA(アイドマ)の法則にそってウェブマーケティングを考えてみましょう。そこで、簡単にAIDMAの法則を説明しながらウェブマーケティングのツールを解説しましょう。

A.知らないユーザーに呼びかけ注意(Attention)を引き知ってもらいましょう
Facebook・TWitter・PPC広告
I.商品・サービスに興味をもてもらい感心(Interest)を持ってもおらいましょう
Facebook・TWitter・SEO対策・PPC広告
D.使ってみたいなと思ってもらい欲求(Desire)を持ってもらいます
ブログ
M.上記の欲求が強ければ強い程に記憶(Memory)
メールマガジン・ブログ・ウェブサイト
A.最後に行動(Action)を起こしやすく、つまり買いやすく、お問い合わせしやすく
ウェブサイト(コンバージョン率を高める作業)

上記のようにFacebookではまず、ブランディングなどという言葉で一括しないで、まず、多くの人に自己のビジネスを知ってもらうと言う視点で活用してみては如何でしょうか?
AIDMA(アイドマ)の法のを解説しているサイト
AIDMAの法則

Facebook・ブログはユーザーに好かれるためのツール

Facebookやブログはユーザーに好かれるための利用するツールなのです。このツールで買ってもらう・使ってもらうなど考えない方が結果的に成果が得やすくなります。つまり、まず、自社を好きになってもらうというインバウンドマーケティングになります。ユーザーに有益な鮮度の高い情報を提供してください。

WordPressとインバウンドマーケティングの関係

住宅販売・商品販売・レストラン等の実績や多くの商品を扱っている業態のWEBサイトは特にWorpressのDBを活用するのをオススメする。その理由は、まずユーザーに多くの商品や・ジッs系を診てもらうことだ・もちろん、製造業も同様である。サイト上のセールコピーなど誰も読みたいと思わないし、信頼性も掛ける。ただ実績や作業中の画像の方がユーザーを引き寄せることが出来る。

wordpress

インバウンドマーケティングとは?

まず、ユーザーに自社を「好きになってもらう!」ことから始めるマーケティング。ブランディングに似ているのだが、WEB的には、ユーザーの求める質が高く鮮度の高い情報を提供して、ユーザーの心を引き寄せるマーケティングとなる。

鮮度の高い情報とは?

情報性の高いコンテンツとは、例えば。工務店などで言えば施工状況などである。どうやって住み心地のいい家がどう建てられるかというものを紹介する。それだけでも良質なコンテツになる。もちろん、適量のテキストはいる。

だからWordPressを使う

WPで言う投稿ページのカテゴリ・タグを駆使してプログラムする。ユーザーが見たいカテゴリを即座に表示する。もちろんスマホでもOK。そんなサイト作りをするならやっぱりをWordpressだ。

何故、WordPressでホームページを作るのか?見込み客を呼び込むシステムとは?»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは