ウェブサイトコンテンツ

ターゲットを知ることから始まるウェブサイトコンテンツづくり

ウェブサイトでリアルな成果を得るためには、ターゲット視点のコンテンツが重要です。

ウェブサイトでリアルな成果を得るためのウェブ制作には、ターゲット視点の他者とは差別化されたコンテンツ(内容)作りが必要です。特にターゲットが企業、もしくは商品を選択する時のターゲットの選択基準のような「ターゲットからみる価値」を調査する必要があります。専門用語では、顧客分析・市場分析という言葉になりますが、難しい言葉は抜きにして、そもそも今の自社の顧客は、どんな理由で自社を選んでくれたのかを調べることが重要です。

マーケティングを考える

ユーザーの価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

以下の質問に沿って、考えてみましょう。以下の3項目は、多くの企業が陥っている販売についての間違った考え方や、マーケティングを学んでいない企業が考えることです。

1.あなたのビジネスの技術力などの専門性を理解できるのでしょうか?
2.他者と比べて優位点なのでしょうか?
3.その優位点は、ユーザが購入してからでないと証明できない項目ですか?

1.あなたの会社の技術力などの専門性をターゲットは理解できるのでしょうか?
多くの見込み客が、あなたの考えるあなたの商品の優れた点を理解できるでしょうか?それらを説明しても見込み客は、「面倒くさい」「難しい」「ホントかな?」などと感じないでしょうか?ユーザーは、何かを購入した時に、その後の変化に期待して、購買行動を起こします。そこにユーザが見出す価値があります。

2.他者と比べて優位点なのでしょうか?
絶対的な技術力の差があるのであれば、問題はありません。特に製造業などは、専門的なコンテツに価値を感じるでしょう。しかし、それが明らかに競合他社との差別化できれば問題ありません。そうでない商品や製品を扱っている企業では、早々差別化ができません。であるならば、販売方法を検討する必要があります。そして、清潔度・親切度・おもてなし度・デザインなどなどの部門で他者より優位なウェブサイトコンテンツを作成することをオススメします。

3.その優位点は、ユーザが購入してからでないと証明できない項目ですか?
つまり、購入しなければわからない点だけを追求するより、ユーザーの購入前にフォーカスした、サービスを高められるコンテンツや実績などをアピールする必要があります。また、お客様の声などのコンテンツをウェブサイトに掲載する必要があります。

売る側の論理でウェブサイトコンテンツを作らない

ユーザー視点で物を考えると言うことは、言葉では簡単なのですが、実際に販売や製造をしている側の人々は、そう簡単にユーザー視点になりません。そこで、営業やお客様担当が、「そんな常識だよ!」と感じたユーザーの質問などの答えをコンテンツにしたり、ウェブサイトの階層をウェブサイトへのはじめての訪問者と自社顧客や商品を理解している人々の見るページをしっかり区別する必要もあります。

情報提供ではなく、コミュニケーション

ユーザーとコミュニケーションしてください。小学校5年程度で理解できる言葉やフレンドリーな表現も必要です。情報提供ではなく、コミュニケーションを意識したコンテンツを作りましょう。「みなさまに」→「あなたに」など表現や「下さい」→「ください」などの細かい点まで注意しましょう。

分かりやすく差別化するコンテンツ例:他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

明るく前向きなコンテンツをウェブサイトに

基本的に自分が不快になったり、面倒に感じたウェブサイト内の表現を自社では使わないようにすることです。また、ユーザーが求める情報を分かりやすく探せるメニュー作りとそのタイトル表現が重要になります。リコメンド(関連の記事・関連の商品)などを活用することも必要でしょう。そして、ポジティンブ(前向き)な表現で明るいウェブサイトが基本的に多くの人に好まれます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ