ウェブリテラシー

パーソナルブランディングしたホームページ制作

企業よりも個人をアピールする時代のホームページマーケティング

士業やコンサルティングなら当然であるが、ホームページマーケティングはパーソナルブランディング(人間力)が必要になる。だが、企業の営業もパーソナル(個人)のブランディングより顧客獲得する時代なのではないでしょうか?Facebookやその他(LINEを除いた)のSNSでもパーソナルブランディングで人々を引き寄せる時代になっている。そこで、ホームページのコンテンツにもパーソナルブランディング(人間力)が必要ではないかと考えた。

松本市ホームページ制作パーソナルブランディング

企業ブランドからモノを買うのでなくパーソナルブランドから

まさしく保険営業などはこのパーソナルブランドが必要な職業である。ユーザーから見れば保険のプランまど皆同じに感じる。そこで、多くの人はパーソナルな部分の評価で契約をしてしまう。現在、世の中にあるモノやサービスの多くがどちらの企業でも同じものを提供しているような時代になっている。そこで、パーソナルブランド力を押しだしてホームページでアピールする時代ではないだろうか?

ホームページをどこで作っても同じだと考える経営者が多い

ウェブリテラシーの低い経営者が多い弊社本社地長野県松本市でも、どんなに弊社の技術が優れていても耳を傾けてくれる経営者は少ない。彼らには「ホームページはどこで作っても同じ」だと考えているのではないでしょうか。これはローカルだけの問題ではない。ホームページ制作やウェブサービスが新しい産業であっても、それは人と人をつなげるツールであり、常に視点は人となっているのである。

LINEというSNSはスタンプブランディングだよね?デジタルな要素が高いホームページだからこそ人間らしさが必要ではないだろうか?

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ