ウェブ制作会社

ウェブ制作会社の領域を超えて!

ウェブ制作会社の領域を超えるとは?

ウェブ制作会社の経営者として、松本市の自宅の書斎で、土日にやっておかなければいけない仕事があったのです。午前中は髪の毛を切って、ソファーの上を寝っ転がり、最近見て、感動したビリギャルの録画を見ながら自堕落に過ごした。「ウェブ制作会社の領域を超える」とは、約20年以上の前の私の仕事のことを思い出してのことだ。当時もGデザイナーの領域を超えて、広告概論やCI/ファッションビルのコンセプトづくりなど、様々仕事をして、Gデザイナーやクリエイティブディレクターなどの食集の職域を超えた仕事をしていた。今、松本市ウェブ制作会社として、その領域を完全に超えている仕事をキックスタートした。

松本市ウェブ制作会社

クライアントの業績アップのためのウェブ

弊社のクライアントの望みは、綺麗でCOOLなウェブサイト(ホームページ)という制作物ではない。その先の業績アップのツールとしてのウェブ制作の依頼となっています。そこで、クライアントのビジネスモデルや基本的な売り方などまで、今の時代にあったコンサルティングも必要になっています。マーケティングという言葉を使ってしまえば、一言で終わってしまいますが、「伝え方」「稼ぎ方」を強化しなければいけないクライアントに新しいエネルギーを与えなければならないことから、長野には、WEBNAGANO デジタルデザイン部長野経営コンサルティング事業部を立ち上げました。

この難しい時代、ただ、制作物といウェブサイトという制作物の提供だけでは、クランアジトの要望である業績UPを実現できないからです。

長野県下に敵なし

長野県下のウェブ制作会社としては、弊社よりランクの上の会社は多数あるのかもしれません。(実は自分で一番質の高いウェブ会社だと思っている)しかし、経済産業省認定 経営革新等支援機関であり、マーケティングからウェブ制作、デジタルデザイン・広告デザイン・ウェブ運営サポート・ウェブマーケティングが行える企業は弊社だけだと考えています。業績アップを実現するための競合分析・顧客分析など、通常のウェブ制作が行わない作業までおこなって、成果にコミットしている会社を私は他に知りません。

スタートから目的が異なるウェブ制作会社

「小さくても大きな夢を持とう!」。夢は無料だから、自分で壁を作るのはやめよう!今、Googleの検索も激しく、しかし、それられのウェブ制作技術も高く、企業文化もいいそんな会社を作っていく上で、ウェブ制作会社の領域を大きく逸脱する道を選びました。

映画ビリギャルを改めて観て、私は不合格だった慶応大学。もし、合格していたら、また人生が変わっていたのかもしれません。そして、彼女に希望をもたせた塾の先生・母親のように写真に夢を持たせて、指導ができればと思いました。日本の映画もたまには?なんて思いながらこの年だからかもしれないが、涙を流しながら観てました。やっぱり、日本一の小さな会社に業績UPを提供できるコンサルティング会社に成長させます。

ホームページリニューアルの5つのポイント

ホームページのリニューアルの必要性とその方法

ホームページのリニューアルでは、2つのケースがあります。全てを新規に制作する必要があるケースと、そうでないケースがあります。現在のサイトのコンテンツがある程度充実しているケースでは、それを見やすくしたり、スマホファーストすることにより経費も押さえながら、効果を得られるケースがあります。

また、ホームページをWordPressなどで構築されている場合は、ある程度容易にリニューアルができます。しかし、その反対に、ホームページがかなり前(5年以上前)に制作されたものや、内容が企業パンフレット的なものである場合は、新しく目的から設定をし直した方がいいケースになります。

ホームページリニューアル

ホームページリニューアルの考え方

ホームページリニューアルの5つのポイントを以下に説明します。
1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする
2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルリニューアルをする
3.他社分析をしてホームページリニューアルをする
4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる
5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする

まず、自社のビジネスに対して、ユーザーが検索するであろうキーワードを調査する必要があります。様々なツールを利用するのもいいですが、実際にGoogle検索などで、予想されるキーワードで調査をする必要があります。ウェブ細作会社などに任せることなく、自分で調査してから、ウェブ制作会社に相談する方がいいかもしれません。
また、SEO対策に強いウェブ制作会社を選ぶ必要があります。

2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルをする

スマートフォンでの表示を優先して考える必要があります。文字を大きく、文字数を制限する必要もあります。自社のセールスポイント・ストロングポイントなどをしっかりまとめて置く必要があります。

3.他社分析をしてホームページリニューアルをする

競合他社のサイトを充分に分析する必要があります。そして、他社のサイトより、「見やすい」「わかりやすい」「親切」「明るい」これらの点で、優れているホームページを作らなければなりません。

4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる

当然のことですが、1ページずつ改善点を見つけて、その対応をリニューアルページに反映させます。もし、充分なコンテンツのページがあれば、そのまま流用して、ナビゲーションなどを充実させます。そこで経費を抑えることができます。

5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

自社のターゲットを絞り込んでください。そのターゲットが商品やサービスを購入する時にどんなことにネックを感じるのか?それらを調査して、その対策を練る必要もあります。

Web制作会社への発注前に知っておくべきタイプ

ウェブ制作会社のタイプを知っておこう

ウェブ制作会社にも様々なタイプがあります。タイプの違いを理解することで、自社の目的にあったウェブ制作会社を選択することができます。その大きく分けて4つのタイプをご紹介いたします。

1. 印刷系ウェブ制作会社
2. システム系・映像系ウェブ制作会社
3. フリーランス・少規模ウェブ制作会社
4. ウェブ制作専門ウェブ制作会社

webu制作会社

1. 印刷系ウェブ制作会社

印刷系のウェブ制作会社は、デザインの仕上げの部分では、質の高いウェブ制作をするケースもあります。現在は、印刷物のデザイナーとは別にウェブ専任のデザイナーやプログラマーを雇入れたり、外注したり、という場合が多くなってきたようです。ですが、本職は印刷屋さんなので、SEO対策やシステム系が弱いウェブ制作会社が大半のようです。

2. システム系・映像系ウェブ制作会社

システム系・映像系ウェブ制作会社はやはり片手間にウェブ制作を行うケースも多く、理系の制作者によるもので、デザイン性に欠けます。つまり、システム的な要素の動作などは優れていてもユーザーの心を取り込むデザインにはかなり良い物があります。また、その部分を外注に発注する制作会社も多いようです。

3. フリーランス・少規模ウェブ制作会社

ウェブ制作料金の面では、とても便利な存在でしょう。小回りも効きます。問題は、責任のある仕事をしてくれるのか?という点にあります。また、得意分野以外では役に立たない場合もあるようです。

4. ウェブ制作専門ウェブ制作会社

効果の期待できるのは、やはりウェブ専門の制作会社です。ブログサービスなどを行っている企業は外注に依存しているケースもあります。弊社はこのタイプです。問題は、上記4より金額が掛かり、ウェブ担当に多くの負担を掛けるということです。それだけ手間の掛かる作業をお粉ます。

上記は、ウェブサイトのリニューアル時にクライント様からお聞きした情報をまとめました。

企業サイトのような統合的なウェブサイトの制作は、家を建てることになぞらえることができます。みなさん自身が家を建てるときを想像してみてください。落ち着いた和風の家を作りたい場合は、和風建築を得意としている住宅メーカーに見積もりを頼むのではないでしょうか。同じように、ウェブサイトを制作する場合も、依頼を検討するウェブ制作会社がどの方面を得意としているかは、選び方の基準の1つになります。ということは、選ぶ前に、自社の制作したいウェブサイトの目的や方針が決まっていることが前提になります。それが明確であれば、どの分野に強いウェブ制作会社に依頼すればよいか、おのずと絞られてくるのではないでしょうか。

Web制作会社との付き合い方、発注前に知っておくべきタイプごとの違い

ウェブ制作会社の選び方

ウェブ制作会社でホームページを依頼する前に知っておきたいこと

昨夜、知人の会社でホームページを制作したからアドバイスが欲しいと言われました。他社が作ったサイトを批評するのは私としては・・・?でした。何故ならば、その制作者にもそれを作った時の状況があるからだ。例えば、十分な制作費があったのか?クライントが制作協力的だったのか?・・・などにより制作者を批判するのが好ましくないと考えているからです。

ウェブ制作会社松本市

それでも知人の頼みでそのホームページのソースコードを覗いてみたら「なにこれ?」って感じでした。その感想をそのまま伝えられませんでしたが、これでは検索もされないことを確信してすぐに修正できる部分のみをアドバイスした。

ウェブ制作会社の力量はその会社のホームページで分かる

ウェブマーケティングが得意だ!SEO対策は万全だ!・・・などなどと、ウェブ制作会社のホームページに書いてある。また営業時でもそんなことを言うのだろう?しかし、そのウェブ会社のホームページを検索すればすぐに分かる。そのウェブ会社が「地域名+ホームページ制作会社」のキーワードで検索してみるとどの位置にいるのか?自社のホームページのSEO対策もできないウェブ制作会社にクライアントのホームページのSEO対策ができるとは思えません。

ウェブサイトの検索順位を正確に知るためには以下のサイトでURLとキーワードを挿入して調べる必要があります。
検索順位チェッカー – Google、Yahoo!、Bingの検索順位

例えば、弊社の場合、松本市 ホームページ制作会社 ウェブ制作長野 では検索1位や上位に検索されます。ウェブ制作会社はホームページからの見積り依頼をたくさん得られてこその職種なのです。

ホームページ制作会社

ホームページの運営サポートは?

ホームページは制作公開後から新しい作業が始まります。それは本来の制作目的に沿ったような成果が出ているのか?修正や追加、もしくは他のウェブマーケティングなどを利用いたりSEO態sカウをする必要が生じます。またビジネスの内容の変化に対応してリ、イベント情報などの発信も必要になります。そんな時にどこまでサポートしてもらえるかを知っておく必要があります。

ウェブ制作会社の技術者の経歴や内容を聴く

スマホ対応の時代、新しいプログラムの知識やセキュリティの対応など、日に日に複雑になって行くウェブ制作です。ちょっと前のようにフリーランスが一人で制作できる時代ではありません。詳しいことは分からなくても、どのような専門技術者が社内にいるのかを確認してください。

制作料でウェブ制作会社を考えるのではなく、得られる成果でウェブ制作会社の選択をするべきです。予算が不足した部分は後で追加するようにウェブ制作会社と話合うことも出来ると思います。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ