オウンドメディア

デジタルマーケティングは、地方の小規模事業者に必要なのか?

マーケティングオートメーションやタグマーケティングは本当に活用できるのか?

時代は、マーケティングオートメーションやタグマーケティングなどのデジタルマーケティングの時代に入っています。当社も長野県ではおそらく初のマーケティングオートメーションの導入企業になるのかもしれません。しかし、これらのデジタルツールを活用するには、それだけのアクセスが必要になります。長野県から、日本地を狙っている企業様で、B TO Cの企業様に限られるかもしれません。

デジタルマーケティング

しかし、これからは、マーケティングオートメーションやタグマーケティングが必要な時代に入るでしょう。

見込み客を見つけアプローチをする

他社より早く、見込み客を見つけアプローチする必要があります。そのためには、見込み客がなにを求めているのかを知る必要があります。オウンドメディアの活用で他社より優れたマーケティングを実装する必要があり、小規模事業者などはSNS、特にTwitterなどを活用して、デジタルマーケティングとして、活用(代替え)することもできます。

地方の小規模事業者に必要なのか?

アクセスの少ないサイトでは利用しても費用対効果が得られません。また、専用のオペレーターを外注したり自社で賄うには、それなりに費用が掛かります。結果、多くの小規模企業では、これらのデジタルマーケティングを意識する必要はないと思います。

コンテンツマーケティングvsインバウンドマーケティング

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケテイングの違い

よく耳にする2つのマーケティングだが、ウェブサイトでは、どのようにこのマーケテイングを活用すればいいのか? 違いさえ不明確な人も多いのではないでしょうか?

コンテンツマーケテイング

問題は、どちらを利用するのではなく、どのように利用して、自社にユーザーを引きつけるか?ということです。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーが求めるコンテンツを媒体の特性に合わせて行うことです。自社の商品やサービスをアピールするのではなく、商品やサービスの解説やユーザーに有効な情報をそれに沿った媒体に合わせて提供するということです。ここまでは、インバウンドマーケティングと同様です。

コンテンツマーケティングには次のようメリットがあります。
・売り込みより効果的
・SEO対策にもなる
・コンテンツマーケティングはコストがかからない
・ブランディングに役立つ

オウンドメディアサイトで、このコンテンツマーケティングを有効にする必要があります。また、専用のブログサイトを制作するのも有効ではないでしょうか?

インバウンドマーケティングとは?

コンテンツマーケティングを更にユーザにフォーカスしたコンテンツで、自社を好き否ってもらうために、ユーザが求めるコンテンツを提供して、その興味あるユーザーに更にその先のコンテンツを載せたメールマガジンなどで提供していきます。コンテンツマーケテイングより攻撃的なマーケティングになってしまうケースもあります。

オウンドメディアとコンテンツマーケティング、インバウンドマーケティングの関係は?

上記のいずれのコンテンツもテキストコンテンツです。ライティング力がモノをいいます。ライティング力をつけるにはこちらから

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ