クローラー

誰でも簡単にグーグル検索に自分のウェブサイト・ブログを登録できる方法

素人でも簡単にグーグル検索にエントリー(登録)する方法

ウェブサイト(ホームページ)・ブログなどに「アクセスがなく、検索しても自分のサイトが表示されない」。そんなお悩みの方にはオススメのGoogleのサービスがあります。本来ならGoogle Search Console・Google アナリティクスに登録するべきですが、方法が分らなかったり、面倒くさいと思っている人には超おすすめです。

Google Search Console URL

セキュリティのチェックをしてURLを入力するだけ

新規のサイトやGoogleクローラーが回っていないと考える方やブログの更新の度にURLを入れるとGoogle クローラーが巡回してくれるよです。もちろん、ウェブサイトとしての必要な記述や整備なども関連するようですが、まずお試しください。

Google はウェブをクロールするたびに、インデックスに新しいサイトを登録し、既存のインデックスを更新しています。新しい URL を使用する場合は Google にご連絡ください。送信されたすべての URL がインデックスに登録されるとは限りません。送信された URL がインデックスに表示される時期について、予測や保証はいたしかねますのでご了承ください。

Google Search Console URLのクロールの申請

初心者でも出来るブログSEO対策

初心者でも出来るブログ更新時の簡単な孝行をお伝えしよう。ATFの長野県松本市オフィスで対応しているのが、クライントにホームページ公開時にブログ更新のレクチャーを行っています。また、定期的に専門のSEOエンジニアにより、SEO対策とビジネス効果のあるビジネスブログ更新のセミナーも開催しています。そのなかの一部をご紹介いたします。

ビジネスブログSEO

だれでも出来るブログSEO対策

それでは簡単にだれでもできるブログでのSEO対策方法をお伝えします。

1.タイトルが最大のキーワード
2.クローラーは先頭から重要度を認識する
3.最低の文字数、改行などを注意する
4.アンカーテキストでサイト内リンクなどを活用する
5.ローカルなら地域名もキーワードする

この他にブログ共有サイトなどにエントリーするのもオススメする。また、FacebookやTwitter(直接的なSEO効果はないが、検索サイトのインデックスユーザーを誘導できる)などには、そのままタイトルとURLを主導でいれよう。
ソーシャルネットワーク・ソーシャルメディアの利用の注意点としては、ブログがスマフォ対応になっていることを注意してください。これらのユーザーは、スマフォ利用者の割合が高いからです、

1.タイトルが最大のキーワード

ブログのタイトルは、ブログの命です。もっとも重要なキーワードとなります。「誰に」「何を」を明確に反映させてください。

2.クローラーは先頭から重要度を認識する

タイトルのキーワードも本文のキーワードも、先頭から重要だとクローラー(検索サイトがサイトを読み取る)は認識します。ーつまり、タイトルなら先頭から、本文なら上部からキーワードの重要度を読み取るということです。ですから、英文法のように結論を先に書くべきなのです。

3.最低の文字数、改行などを注意する

検索サイトに表示されるタイトルの次に重要なのが、ディスクリプション(description)です。ブログ本文に124文字以上の文字数が必要になります。文字数が少ないと検索サイトに表示されるディスクリプションも短くなります。また、無駄な改行はペナルティになりやすいので注意しましょう。ただ、だらだらと文章を続けると読みにくいので、見出しで区切るなど工夫が必要です。

4.アンカーテキストでサイト内リンクなどを活用する

自分のサイト内や他サイトのリンクを貼ることをお薦めします。自分のブログのアーカイブなどをテキストにリンクを張るアンカーテキストがSEO対策の需要なファクターです。
(条文のアンカーテキストの部分をあーんカーテキスト言います。またこのページには3つのサイト内リンクがアンカーテキストにより設置されています)

5.ローカルなら地域名もキーワードする

ローカルビジイネスでは、自分のビジネスエリアをキーワードとして利用することをお薦めします。例えば都道府県名を必ずキーワードして使いましょう。

最後によく、SEO対策の評価をする業者がおりますが、ブログにしっかりとキーワードを入れて更新頻度を高める方法の方がSEO効果は高まります。SEO対策費などは、それらの業者が提示してくる単価の10番は掛かります。詳しくは Googleの忠告をお読みください。
SEO が必要なケース

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ