コンテンツマーケティング

ホームページのアクセスどうしたら増えるの?

ホームページのアクセスが少ないとお悩みの方に

SEO対策について、このブログでたくさん書いてきました。先日、長野市で大きな営業系の企業にホームページのアクセスの件で社内セミナーを行いました。社内からの多くの質問は、ネット上に多く記載されているような問題でした。そこで、ホームページのアクセスが思うように上がらない問題についての解決策をご説明します。

アクセスアップ

ユーザーは、あなたの良質なコンテンツのウェブサイトのブログ記事(お知らせなど)をネット上で探しています。

そもそも、ホームページのアクセスが少ないのが問題なのでしょうか?

ホームページのアクセスを問題視する前に、もう一度、ホームページの目的を明確しましょう。ホームページを依頼したウェブ制作会社がSEOについての知識・ノウハウを持っていたのでしょうか?あなたの会社のホームページで、どれだけの新規顧客開拓や売上アップの目標に対して、ウェブ制作会社は責任を持って制作してくれたのでしょうか?

ホーページの制作の目的はアクセスアップではなく、売上アップではないのでしょうか?
であるならば、少し考え方を変えてみませんか?

売上アップのためのホームページなら

ホームページのアクセスを問題視するよりも、そのホームページからのコンバージョン(結果)にフォーカスしましょう。そもそもそのホームページにユーザーが訪れると、どのくらいユーザーがお問合せ・資料請求・来店などの行動を起こしてくれるのでしょうか?アクセスの数よりお問合せの数に重視したウェブサイトを作りましょう。

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

コンテンツ(内容)がユーザーの求めるものでなければ、もし、アクセスが沢山あっても離脱率が増えるだけ、本来の目的にそぐわない結果になります。また、コンテンツが優良だとアクセスが増えるます。それをグーグル検索では、重要視して、アルゴリズムで検索順位を決めています。

つまり、ホームページ内のコンテンツをもう一度見直す必要があります。また、必要なキーワードがコンテンツ内にしっかりと記載されているのか?をお確かめください。私が多くのサイトを見る限り、コンテンツにキーワードもないのアクセスが上がらないのは当然だと思えるホームページがほとんどです。

これらを専門用語では、コンテンツマーケティング・コンテンツコンテンツSEO対策などといいます。
コンテンツマーケティングWORDPRESSの投稿方法

ユーザーの求める情報を定期的にコミュニケーションして、

ブログ更新(お知らせなど)が最大にアクセスアップ法なのですが、そこにユーザーの求める情報がなければなりません。しかもコミュニケーション(会話9する必要があります。例えば、「今回は、SEOによるコンテンツのお話でした。つぎは、SEO対策のタイトルの付け方について、お伝えしましょう」などの最後の記述は必要でしょう。

アクセスアップのテクニック

テクニック的なお話だけを望む方には、そのまとめ的にお伝えしましょう。まず、以下の項目が重要です。

1. ブログの更新頻度
2. タイトルにキーワードと呼び込める言葉
 (知らなければ損・知って欲しい3つのこと・今さら聞けない・失敗してしまいました・・・・)
3. キーワードは、前方から、重要なことははじめに
4. 2000文字くらい書いてみよう
5. サイト内リンクや外部リンクも混ぜて
6. 見出しにキーワード
7. ワードプレスを使う
8. はてなのソーシャルブックマークやSNSボタンを設置する
9. 記事はシリーズやカテゴリに分けタグを活用する

SEO対策のカテゴリをご覧ください。詳しく上記についても解説しております。

アクセスアップのまとめ、

細かなテクニックよりもコンテンツを重視してください。ユーザーが求める情報を会話的に説明しましょう。専門的なことはできるだけ、わかりやすい言葉で書くように努力しましょう。また、内容には、それを解説した親切なページを作りましょう。良いコンテンツの投稿を行っていれば、ページランクも上がります。今グーグル検索は、コンテンツに重要視しています。

言い換えれば、努力が必要です。また、忙しくてブログを書く時間がなければ、ブログ更新代行サービスを利用しましょう。
まず、弊社のウェブ制作についての相談ダイヤル0120-806-709 もしくは、メールでのお問合せに、今のウェブサイト上の問題点を記載して、お気軽にご質問ください

ユーザーの「役に立てたか?」が成功のカギ

伝えたいコトよりユーザーが知りたいコトを!

ウェブサイト(ホームページ)制作・運営の成功のカギは、コンテンツマーケティングと言われています。コンテンツマーケティングとは、自社商品・サービス・製品を知らないユーザーに、いきなりセールスをするのではなく、まずは知ってもらい興味や関心を引くようなコンテンツ(情報)を提供します。そして、好感度を持ってもらい段階的にウェブマーケティング(SNS・ブログ・動画など)を活用してユーザーの育成する為の手法です。

まずは、自社が伝えたいコンテンツではなく、ユーザーが知りたいコンテンツを優先してウェブサイトで紹介することです。つまり、ユーザーの「役に立てたか?」がウェブサイト制作・運営の成功のカギとなることでしょう。

web-designfor-user

テキストより画像を!

多くのテキストで解説するより、画像で哀切したりイメージ訴求による画像や動画でユーザーの興味引くような分かりやすくイメージ戦略がどんな業態のウェブサイトでも必要になります。それらを行った上での分かりやウイコピーライトが必要です。弊社の場合は、ウェブデザイン・ウェブサイトではなく、できるだけホームページという言葉を使用するようにしています。

商品・サービス・製品の説明よりユーザーの問題解決のために!

商品・サービス・製品の説明するコンテンツより、ユーザーの問題に対して解決できる自社のコンテツの紹介が必要です。まずは、ユーザーの抱える問題点を探す作業が必要ではないでしょうか?

多数ではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対して!

多くの人へのコンテンツではなく、ターゲットを絞り込んだユーザーに対してのコンテンツ作りが必要です。例えば、「ウェブサイトを最近制作したが、効果が感じられない方に!」などのようにターゲット絞り込んだわかりやすいコンテンツ作りが必要です。誰に・何を・どうのように・・・・と、よみやういコンテツづくりを行いましょう。結果、質の高いコンテンツと評価されます。

ユーザーの役に立つのビジネスの基本ですよね!

ウェブサイトの成功のカギはユーザーの「役に立てたか?」ということですが、すべてのビジネスや企業の役割は、どうユーザーの役に立てたか?ということで企業の価値が決まるのではないでしょうか?その点から考えてもユーザーの役に立てるウェブ制作が成功のカギであるとこには議論の余地はないと思います。

ローカ企業のコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとウェブサイトの関係

今話題のコンテンツマーケティングなのだが、私の知る限り昔から広告業界にはこのような概念が合ったと思う。しかし、ウェブの世界ではコンテンツ重視になるとなかなか制作が難しくなる。求めているユーザーはリスティング広告では3~5割程度がサイトに誘導できるのですが、検索サイトとSNSからの誘導となりはSEO対策が必要になる。しかし、コンテンツとSEO対策のコンテンツ作成の意味合いは反比例する場合もある。出来ればリスティング・SNN・ブログなどのすべての可能性のある媒体を利用するのがベストです。しかし、予算も限られる点からバランスよく媒体を選んでコンテンツを発信すれのが効率的ではないでしょうか。

web

ローカル企業ができるコンテンツマーケティングとは?

上記の解説では、ちょっと分かりにくいだろう。そこでまず弊社の例を上げてみよう。
1.リスティング広告では、ATFが選ばれる3通の理由という分かりやすいページに誘導します。
2.SNSはFacebookページでブログの更新のみをシェアしています。他にソーシャルブックマークやGoogle+・Twitterも活用するが、これも自社のブログのシェアが中心となります。
3.ブログでは、出来るだけユーザー向け情報を提供しています。(複数のブログがある)
4.ウェブサイトはマルチディバイスを考慮したUIで動きのある技術力をアピールし、単純なわかりやすいコンテンツを中心とします。
上記のように媒体の特性に合せてコンテンツを使い分ける必要があります。

ローカル企業ができるコンテンツマーケティングとは?

弊社は基本的にはインバウンドマーケティングを行っています。特にコンテンツマーケティングを意識はしていません。しかし、このようなブログを書くのも同様です。
ウェブサイトでは、基本的にユーザーに役立つ情報を掲載することを目的としています。結果的にSEO対策にもなります。そして、WPの固定ページも定期的に更新をしています。鮮度の高い情報をて依拠することが目的です。

コンテンツマーケティングとは、「内容重視のマーケティング」ということができるだろう。
そしてこのコンテンツマーケティングの特長を考えるにあたっては、従来型の広告モデルと比較することでより明確になる。広告モデルの場合、一般的には広告枠を購入した後、コンテンツを作る。一方、コンテンツマーケティングモデルの場合、先にコンテンツを考え、配信する形式や媒体を決める。つまり、「どこで伝えるか」よりも「何を伝えるか」を重視するモデルなのだ。

今さら聞けない!コンテンツマーケティングの基本の「キ」

「各種広告でサイトに誘導したときに、実際に消費者が購入などの行動をしてくれる確率は数%というのが一般的。そうした中で、消費者に魅力的なコンテンツを提供した上で、施策を行うと効果が数倍にもなる。これが一つ目の理由です。もう一つは、広告による誘導には限界があること。一般的には広告で誘導できるアクセスは3~5割程度で、残りは検索エンジンを通じた自然な流れでたどり着くものといわれています。広告はセオリーが確立されている世界なので、予算を掛けて、定石通りにすれば結果が出る。けれど、それではコストが掛かり過ぎる。そこでコンテンツマーケティングによって残りの5~7割の流入が拡大できれば効果的ではないか、ということです」

いま話題のコンテンツマーケティングとは何か?

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ