コンテンツ

ホームページのSEO効果を高めるブログの書き方

ホームページのSEO効果を高めるためには?

ただ、「ホームページに設置されているブログを更新をすればいい」というわけではありません。良質なコンテンツなのか? 低品質なコンテンツなのかにより、オーガニック検索でのSEO効果は大きく変ります。また、ホームページ自体の作り方にも差が出ます。昔のようにテキストばかりを書き込んでもGoogleは「良し」とはいいません。また、低品質なコンテンツで、仮に検索順位が上がってもビジネス効果は、あまり望めません。

ホームページ制作 松本

良質なコンテツのブログとは?

ホームページ自体もブログも良質か、そうでないかにより、長い間アクセスを呼べるものとそうでないものがあります。また、良質であると、滞在時間も長くなりGoogle検索の評価も高まります。それでは具体的な良質なコンテンツの条件を記載してみます。

1.お客様が求めている情報を記載している
2.できるだけ分かりやすく表現されている
3.読みやすく整理されている
4.関連の情報とサイトのリンクがある
5.ニッチなタイトルとコンテンツ
6.一つのテーマを掘り下げてある
7.営業的や売り込みではない
8.ユーザーが新しい知識を得られる

意外とユーザーは知識がない

ホームページ内でもブログ内でも専門用語をなるべく使わず、分かりやすいコンテンツにする必要があります。また、売手側では、「当然」と思うようなことも、意外とユーザーは知らない。だから親切なコンテンツは喜ばれます。

ターゲットを絞り込んだコンテンツ

誰に向けて書いているのかを明確にする必要があります。そして、不特定多数に向けてブログを書かない方が効果的です。そのブログで「商品を売ろう」と考えないで、ユーザーへのサービスだと考えてください。

そもそもホームページのブログが設置されていないケース

CMSでホームページが制作されていない場合では、独自のブログを利用するしかないのですが、その場合も広告がないものを使わないと意味がありません。できれば、Wordpressのブログを利用する必要があります。

ホームページのアクセスどうしたら増えるの?

ホームページのアクセスが少ないとお悩みの方に

SEO対策について、このブログでたくさん書いてきました。先日、長野市で大きな営業系の企業にホームページのアクセスの件で社内セミナーを行いました。社内からの多くの質問は、ネット上に多く記載されているような問題でした。そこで、ホームページのアクセスが思うように上がらない問題についての解決策をご説明します。

アクセスアップ

ユーザーは、あなたの良質なコンテンツのウェブサイトのブログ記事(お知らせなど)をネット上で探しています。

そもそも、ホームページのアクセスが少ないのが問題なのでしょうか?

ホームページのアクセスを問題視する前に、もう一度、ホームページの目的を明確しましょう。ホームページを依頼したウェブ制作会社がSEOについての知識・ノウハウを持っていたのでしょうか?あなたの会社のホームページで、どれだけの新規顧客開拓や売上アップの目標に対して、ウェブ制作会社は責任を持って制作してくれたのでしょうか?

ホーページの制作の目的はアクセスアップではなく、売上アップではないのでしょうか?
であるならば、少し考え方を変えてみませんか?

売上アップのためのホームページなら

ホームページのアクセスを問題視するよりも、そのホームページからのコンバージョン(結果)にフォーカスしましょう。そもそもそのホームページにユーザーが訪れると、どのくらいユーザーがお問合せ・資料請求・来店などの行動を起こしてくれるのでしょうか?アクセスの数よりお問合せの数に重視したウェブサイトを作りましょう。

他のウェブ制作会社との比較
評価表の例は、こちらから

コンテンツ(内容)がユーザーの求めるものでなければ、もし、アクセスが沢山あっても離脱率が増えるだけ、本来の目的にそぐわない結果になります。また、コンテンツが優良だとアクセスが増えるます。それをグーグル検索では、重要視して、アルゴリズムで検索順位を決めています。

つまり、ホームページ内のコンテンツをもう一度見直す必要があります。また、必要なキーワードがコンテンツ内にしっかりと記載されているのか?をお確かめください。私が多くのサイトを見る限り、コンテンツにキーワードもないのアクセスが上がらないのは当然だと思えるホームページがほとんどです。

これらを専門用語では、コンテンツマーケティング・コンテンツコンテンツSEO対策などといいます。
コンテンツマーケティングWORDPRESSの投稿方法

ユーザーの求める情報を定期的にコミュニケーションして、

ブログ更新(お知らせなど)が最大にアクセスアップ法なのですが、そこにユーザーの求める情報がなければなりません。しかもコミュニケーション(会話9する必要があります。例えば、「今回は、SEOによるコンテンツのお話でした。つぎは、SEO対策のタイトルの付け方について、お伝えしましょう」などの最後の記述は必要でしょう。

アクセスアップのテクニック

テクニック的なお話だけを望む方には、そのまとめ的にお伝えしましょう。まず、以下の項目が重要です。

1. ブログの更新頻度
2. タイトルにキーワードと呼び込める言葉
 (知らなければ損・知って欲しい3つのこと・今さら聞けない・失敗してしまいました・・・・)
3. キーワードは、前方から、重要なことははじめに
4. 2000文字くらい書いてみよう
5. サイト内リンクや外部リンクも混ぜて
6. 見出しにキーワード
7. ワードプレスを使う
8. はてなのソーシャルブックマークやSNSボタンを設置する
9. 記事はシリーズやカテゴリに分けタグを活用する

SEO対策のカテゴリをご覧ください。詳しく上記についても解説しております。

アクセスアップのまとめ、

細かなテクニックよりもコンテンツを重視してください。ユーザーが求める情報を会話的に説明しましょう。専門的なことはできるだけ、わかりやすい言葉で書くように努力しましょう。また、内容には、それを解説した親切なページを作りましょう。良いコンテンツの投稿を行っていれば、ページランクも上がります。今グーグル検索は、コンテンツに重要視しています。

言い換えれば、努力が必要です。また、忙しくてブログを書く時間がなければ、ブログ更新代行サービスを利用しましょう。
まず、弊社のウェブ制作についての相談ダイヤル0120-806-709 もしくは、メールでのお問合せに、今のウェブサイト上の問題点を記載して、お気軽にご質問ください

ローカル対策コンテンツ編

ローカルならキーワード検索1位に

ローカルSEOとは、ローカルつまり地方のエリアを限定した時のキーワード1位を取得するために行う作業になります。比較的、一般の方がウェブサイトを1位にするための作業はできます。逆に電話などで営業してくる業者に依頼する方がリスクは高いようです。ここで、企業のウェブ担当者様や経営者が簡単にできるローカル対策コンテンツについて解説します。

ローカルSEO対策

SEO対策コンテンツページの作成

WordPressなら固定ページの階層の一番下の部分、他のシステムなら、それなりにコンテンツページを制作します。一般の方は、テキストを作成し、ページを増設依頼をウェブ制作会社に依頼してください。テキストとリンク、画像程度なので費用はそれほど掛かりません。これらをスピーディに対応してくるウェブ制作会社を選ぶことも成功の鍵です、ちなみに弊社は運営サポート(契約内容によります)内で行い無料です。

作成するページ内容

自社のサイトのキーワードになるのですが、商品やサービスのキーワードの他に地域名などのページも作成します。そして必ず、それに該当する他のページのリンクを設置してください。これらを定期的に公開する必要があります。作成したすべてのページを一度にアップしないで、数日間に分けて公開する必要があります。
1, 商品・製品のスペックについてのコンテンツ
2. 自社のターゲットエリアについてのコンテンツ
3. よくある質問などの回答コンテンツ

1,商品・製品のスペックについてのコンテンツ

商品名・メーカー名など記載したテキストページの作成を行います。こちらは、メーカーについてのみの1ページの作成になります。簡単に言えば自サイト内にウィキペディアのようなページを作成するのです。これはその商品を扱う担当者様などの専門家でなければ作成できません。ワードなどで作成して、ウェブ制作会社に依頼してページを作ってください。
製造業ならマテリアル名や細かい作業名です。住宅会社なら工事名、部材名などになります。それぞれの業態にある専門用語を解説するページとなります。

2.自社のターゲットエリアについてのコンテンツ

自社のターゲットエリアについてのテキストページを作ります。弊社のケースですと本社のある長野県松本市でウェブ制作を行っていることや、観光地や立地についてのページを作ります。地域紹介や顧客紹介を行ってもよいのではないでしょうか?例えば弊社ならこんなページも作っています。ローカルローカル対策ならではのページと言えるでしょう。
ホームページ制作相場 長野県松本市とATF 

3.よくある質問などの回答コンテンツ

優れたウェブサイト・利益を挙げられるウェブサイトの基本は、ユーザーの知りたい情報を提供しているサイトになります。そこで、よくユーザーから質問のある項目とその回答を書き込んだページを作成する必要があります。他社との差別化もできますし、親切な企業イメージを構築することもできます。そしてこれらは、ローカル対策にもなります。

猿でもできる売れるホームページのコンテンツの作り方

売ろうとしてはダメ、大切なのはホームページコンテンツの質

ホームページで何かを売ろうと考えるなら、売り込みの言葉をできるだけ少なくしましょう。大切なのはホームページで何かを調べている人に分かりやすくコンテンツを整理することです。それはどんな商品でもサービスでも同じではないでしょうか?

猿でもできるホームページコンツンツの作り方

売り込みの匂いを消すホームページコンテンツ

実際に売り込みの匂いを消し、商品をアピールするには、その商品の使い方や便利さをアピールすることになります。よってレビューや利用者の声(お客様の声)が重要になり、その商品を選んで、どんなベネフィットを得たのかを説明する必要があるのです。その他には以下の方法がある。

  1. ユーザーが選ぶであろうカテゴリーをしっかり区別させる
  2. 自社商品・サービスなどの欠点も表示する
  3. 使い方・利用方法をまとめる
  4. 人気やおすすめ商品のランキング情報を載せる
  5. 商品づくり・モノづくりの物語をコンテンツにする

まだまだ、いろいろな手法でホームページコンテンツの作り方があります。そして、基本的には以下の概念でコンテンツ作りをします。

ホームページのコンテンツ

誰に何をどのような・・・と伝えるホームページコンテンツの作り方

このブログの上記のチャートのように3つのステップを明確化して伝えることが重要になります。つまり、あなたが売りたい商品は誰に向いていて、どんな効果が得られるか、ということを伝えるのであって、売り込むのではありません。つまり、「あなたが、これを使うと、こんなに・・・!」といえる情報を提供することです。この場合のターゲットの絞りこみがとても重要になります。

  1. 誰に・・・ターゲットを絞り込んで
  2. 何を・・・具体的な商品名を提示して
  3. どのような・・・こんな効果がある

この場合のデメリットは「こんな人には向かない商品です」と記載していること。しかしターゲットユーザーには「自分に最適!」と思ってもらえます。

自社のホーページ制作サービスの場合では以下のようになります。

女性層の顧客の売上を拡大したい経営者に→弊社のスマホ対応ホームページ制作プランで→女性に親しまれ、顧客層の拡大に繋がります!

Webでビジネスを展開するには?

Webサイトでビジネスを展開するには、Web用のコンテンツを制作しなければならない。

Tyler Willis @f8

仮説に対してWebサイトを展開する!

サイトのユーザーの訪問目的やユーザーのneed、wantsを仮説の立案をして制作することをお薦めする。1度の制作でWebからの成果を得られるものと期待しないで、立案した仮説に基づき制作された評価を観察することも必要な作業であると私は考える。サイト構築に明確な目的や狙いを明確にすることが大切なことで、その部分が不明確であると評価がとりにくい。出来れば1度の制作で完璧なものが出来れば問題はない。しかし、Webでビジネス展開をする上ではWebサイトの出来により企業の生命に関わる重大な問題にも発展する。より成果を得ることの出来るビジネスサイトを構築するのが私たちの仕事である。

Webサイト用のコンテンツとは?

Web上で有効なコンテンツはニッチなコンテンツかロングテールなコンテンツでいい。問題は競合他社と差別化がはっきりと打ち出されているかと言うことだ。私はこの部分を運営している経営者やスタップのパーソナリティにフォー化する場合いが多い。要するになかなか差別を図れるコンテンツが見いだせない場合が少なくない。つまり人間の視点としてのサイト構築をする。
SEO対策:キーワードに関する異なる考え方!
SEO対策の変革の時代に視点を変える必要性 2011。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ