コンバージョン

SNSよりSEO対策・アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?SNSに力を入れるよりSEO対策、アクセス数よりコンバージョン

ホームページで見込客を獲得するには?レスポンスがあるFacebookなどのSNSに力を入れがちですが、目的を持った検索サイトからの方が見込客を遥かに獲得しやすい。つまりSEO対策は必要だということです。そして、ただのアクセス数よりコンバージョン率(目的達成率)が実勢の見込客獲得に率を高めます。

SEO対策よりSNS?

SNSよりSEO対策、その理由

FacebookなどのSNSは、レスポンスがありビジネスに期待できるように感じるが、Facebookなどのユーザーは、あなたのビジネスの商品やサービスを探しているのではなく、「人と繋がる」という目的の時間消費をしています。しかし、検索サイトを利用するユーザーの目的は、何かを探している・何かを調べていることです。つまり、目的を持った人を呼び込むのがSEO対策となります。あなたのビジネスのコンテツを求める人にアプローチをした方がビジネスには効果的です。もちろん、SNSが何の効果もないというわけではありません。

アクセス数よりコンバージョン達成率が見込客獲得に繋がる

どんなにアクセスを集めてもお問合せや見積依頼・資料請求にユーザーがたどり着ければ意味がありません。つまり、アクセスを増やすよりも見込客を獲得する為には、お問合せや見積依頼・資料請求にユーザーを呼び込む仕掛けが大切になります。そして、サイトに訪れるユーザーの傾向を知ることです。初めてサイトに訪問したユーザーとあなたのビジネスを検討して訪問したユーザーでは、見るページそのものも異なります。そのような状況から如何にお問合せや見積依頼・資料請求依頼を獲得するためには様々な仕掛けが必要だということです。

SEO対策とコンバージョン率向上のまとめ

SEO対策に力を入れるとコンバージョン率が下がります。コンバージョン率を高めようとするとSEO対策が疎かになります。つまり、この両者にはバランスが必要となります。それは経験値より割り出されます。SNSをやっていなくても十分見込客を獲得しているホームページは沢山あります。しかし、上記が疎かでSNSばっかりに力を入れてもホームページからなかなか見込客は獲得できません。もちろんサービスやビジネスによってその差はあります。

あなたのビジネスによるホームページ制作目的に沿ったウェブマーケティングが必要になります。

売れるECショップサイト・ネット通販ショップサイトを作るなら

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトを運営するなら
投資対効果(WEB ROI)を考える

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトなどのショッピングサイトでのターゲット設定・扱う商品の原価から配送・リスティング広告・ホームページ制作費・運営費を全て考慮してどれだけ投資すれば利益が出るのか?投資対応可WEB ROIを考えて制作を始めてください。

ショッピングサイト

ターゲットを絞り込んだECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作

ECショップサイト・通販ショップサイト制作のターゲットを絞り込んことにより、ユーザーは分かりやすいショッピングサイトとなるだけではなく。リスティング広告・EO対策の面からも費用が抑えられる。よって販売成績も販売利益も高くなります。

リスティング広告とSEO対策ではECショップサイト・ネット通販ショップサイトのコンバージョン果てた違いに変わる

見込み客をリスティング広告からのユーザーとSEO対策でオーガニック検索からのユーザーでは購入結果に至るコンバージョン率は桁違いに違う。リスティング広告からのコンバージョン率は上手にECショップサイト・ネット通販サイト制作すれば30%以上獲得できる。この場合商品の原価率にも関係するがリスティング広告を出せば出すほど売れる結果になる。ちなみにSEO対策の結果オーガニック検索からのユーザーの購入率は0.3%程度になる。

リスティング広告からのユーザーは「早く買いたい!」という思いが強いようでスピーディに求める商品を購入できるようなユーザービリティの確保が必要です。

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営に力を入れる

一度購入したユーザーに対してのリピートを即するメールマガジンやセールスメールの活用・販売キャンペーン等の企画・送料の無料化など様々な作業がECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営には必要です。そのための人件費も投資対効果でシュミレーションしてからECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作依頼をはじめて欲しい。

長野県松本市ホームページ制作会社ATFではECショップサイト・ネット通販ショップサイトを始めようとするお客様向けに投資対効果が分かる税理士の作成したシュミレーションサービスを行っております。

SEO対策を棄て、稼ぐホームページを作るには?

SEO対策を棄てて、稼げるホームページを作るには?・・・ランディングページを制作して、Googleアドワーズから見込み客を呼びこむ!

ランディングページ集めました
ランディングページ集めました

目的を持ったユーザーを呼びこむ!

ランディングページで、商品やサービスを分かりやすく説明して、販売や契約に結びつける手っ取り早いWEBマーケティングです。もちろん、お問合せや商品申込みへコンバージョンされるのだが、お問合せと商品購入では、その方法は異なります。

1,お問合せに結びつけるには?
問い合わせフォームまで、導くユーザビリティが必要になりますね。そこには、「お問合せはこちら・・・」などでは誘導が出来ません。たとえば、「まずは、専門家に聞いてみる」などの誘いの言葉が必要です。そして、何よりもフリーダイヤルを目立たせる必要があります。

2,商品やサービス購入に結びつけるには?
この場合では、購入ページまでの導きや、このページにはグローバルメニューは不要です。つまり、購入を再考する機会を与えないことです。ユーザーには、スピーディに購入ボタンを押していたいただくことです。

SEO対策を棄てて、成果はアドワーズで決まる!

SEO対策に時間やお金を掛けるよりも、アドワーズで見込み客を呼び込むのが、費用対効果を考えても最良の選択だと考えます。もちろん、商品やサービスの特質によります。ビジネスでは、時間は資産です。その資産をムダにしないためにも、私はランディングページとアドワーズの組み合わせをオススメします。また、逆にどんな優れたランディングページを制作しても、そこに導く策がなければ、意味がありません。

キャドライズのランディングページ»

ホームページがビジネスに効果がないと嘆く経営者のための3+1

よく、「ホームページでの効果がないよ!」と中小企業の経営者の嘆きを聞かさることがある。
残念なことに弊社の顧客でも同様のケースはあります。この場合、次の3つのケースが考えられます。

business talk

  1,併設しているブログの更新をされていない。
  2,お問い合せなどにSSLが、設置されていない。
  3,ビジネス形態が、このネット時代に即したビジネスではない。

おおまかにこの3つのタイプとページとコンバージョンを高めるため(成果を得るための仕組み)がなされていないと考える。特にコピーライト”力”によっても大きな成果の差が出てしまいます。ブログの仕組みや読み手への配慮を十分考慮して、ブログを定期的に更新すれば、ビジネス効果は確実に得られる。実際、100記事以上ブログを更新していれば、1記事に対して(業態によるが)3桁のページビューは稼げる。結果ホームページのアクセスも増え、成果にも繋がる。
弊社では、ビジネスブログの無料セミナーも実施しております»

3,ビジネス形態が、このネット時代に即したビジネスではない

問題は、「3,ビジネス形態が、このネット時代に即したビジネスではない」のケースである。「便利」「利用しやすい」「珍しい」このキーワードの1つでも該当しないビジネスは、インターネットでなくても、この世から消え去るビジネスであるという可能性も考えられる。まず、Google アナリティクスなどをの解析ツールを使って、よくユーザーの傾向を分析する必要がある。そして、イノベーションを考えなければならない。

正しく、制作されたホームページとブログの組み合わせで、その解析から新しいビジネスやイノベーションの可能性を探ることは出来る。ホームページのからの集客もさることながら、イノベーションやビジネスの方向性を知る上でも重要なビジネスツールであることは間違いない。正しく制作されたサイトとGoogle アナリスティツクスの設置とその解析ノウハウを持った制作会社のコンサルティングへの制作依頼が必要となります。

まずは専門家にご相談»

WEB制作屋のぼやき

WEBサイト制作・構築と言われてもクラアントの営業形態によって様々な配慮が必要になる。販売に即影響のあるサイトからイメージ訴求のサイトとの方が私は得意だ。しかし、反則的な項目に制約の多い医療機関の制作にも関わるが、ある意味でサイト構築の目的が不明確なサイトはつくりにくい。というより私が作らなくてもそれほど影響力のもてるサイトが構築できるとも思えない。こんなサイト作りが一番難しい。

ここで、あまりSEO対策を必要としない医療期間であれば、医療機関のイメージをどこまで多くの年代層に優しく届けられるかが、問題になる。しかし、多くの医療機関は、人材不足に悩んでおりWEBサイトの構築の目的がそこにある場合いが少なくない。リクルート関連も目的にしてサイトを構築するのはとても難しい。もちろん、コンバージョンの設定は、メールでお問い合わせページとなる。何かの商品を購入してもらうわけでもないので、アピールの仕方も難しくなる。

現在、私の関わっているWEBサイトは、ギター製作メーカー・医療機関・住宅メーカー・お茶のECサイトなどとなっている。業種の枠組みなど持たない。約1〜2ヶ月の間にこれらのサイトが新規、もしくはREニューアルとして、インターネットの世界にデビューする。

このそれぞれのサイトの共通点はそれほどないが、設定した目的を目指して、成果のあるWEBサイトを制作するだけである。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ