データ・ドリブン・マーケティング

目的も具体化したホームページ制作とは?

ホームページ制作の目的とは?

殆どの企業のホームページ制作の目的は、業績アップではないでしょうか? そこで、具体的には、どのような具体策があり具体的な戦略・戦術を立案しているのでしょうか? まず、B TO B と B TO C によりそれらの目的設定は異なります。そして、教諭にもよります。集客なのか? 知名度を上げるのか? リアルな効果なのか?・・・様々です。そして、あまり直接的な効果を求めても「売り込み」の香りがプンプンすると見込み客は、去っていきます。本日、「圧倒的なブランディングと実益がついてくるオウンドメディア」という記事を長野市の企業様向けにNAGANO WEBATFで記事を書きました。売り込みのない自社が作るウェブマガジンでの効果です。

松本 ホームページ制作 デジタルマーケティング

このように直接的に着込み客を高元気するのではなく、見込み客からロイヤリティを獲得する方法もあります。また、ランディングページでの直接的な売り込みでスピーディに業績UPに繋げる方法もあります。更に、リクルートのために制作されるホームページもあります。

それぞれに作り方と狙う効果が異なるホームページ制作

これは、ウェブマーケティングの要素になりますが、「目標達成のためのプロセスのどの段階をホームページが担うのか?」、その辺を具体的に極めておく必要があります。お問合せなのか?資料請求なのか?電話やメールでの相談なのか? もしくは、ユーザーに馴染みのない商品やサービスを提供している場合のユーザー教育なのか?インフォメーションツールとして利用するのか?

このうように最終目的自体は、ホームページで業績UPを実現させるのですが、そのプロセスにおいてホームページ自体がどんな役割をはたすのか?その辺を極めて、ホームページ制作を行う必要があります。

デジタルマーケティングの時代のホームページ制作

データ・ドリブン・マーケティングの採用のためのホームページ制作も可能です。このデータ・ドリブン・マーケティングとは、ユーザーの思考や変化するユーザーの思考から、イノベーションや次の新し顧客創造のためのデータ取得と分析です。これらのをビックデーター化することによりAIに対応できるようになります、また勘に頼ることのないデーター分析による次の一手が打てます。

ウェブマーケティングを駆使した売上拡大のための支援 ウェブコンサルタントを使うか? マーケティングコンサルタントを使うのか?  業績アップの2つの方法

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ