ブランディング

目的も具体化したホームページ制作とは?

ホームページ制作の目的とは?

殆どの企業のホームページ制作の目的は、業績アップではないでしょうか? そこで、具体的には、どのような具体策があり具体的な戦略・戦術を立案しているのでしょうか? まず、B TO B と B TO C によりそれらの目的設定は異なります。そして、教諭にもよります。集客なのか? 知名度を上げるのか? リアルな効果なのか?・・・様々です。そして、あまり直接的な効果を求めても「売り込み」の香りがプンプンすると見込み客は、去っていきます。本日、「圧倒的なブランディングと実益がついてくるオウンドメディア」という記事を長野市の企業様向けにNAGANO WEBATFで記事を書きました。売り込みのない自社が作るウェブマガジンでの効果です。

松本 ホームページ制作 デジタルマーケティング

このように直接的に着込み客を高元気するのではなく、見込み客からロイヤリティを獲得する方法もあります。また、ランディングページでの直接的な売り込みでスピーディに業績UPに繋げる方法もあります。更に、リクルートのために制作されるホームページもあります。

それぞれに作り方と狙う効果が異なるホームページ制作

これは、ウェブマーケティングの要素になりますが、「目標達成のためのプロセスのどの段階をホームページが担うのか?」、その辺を具体的に極めておく必要があります。お問合せなのか?資料請求なのか?電話やメールでの相談なのか? もしくは、ユーザーに馴染みのない商品やサービスを提供している場合のユーザー教育なのか?インフォメーションツールとして利用するのか?

このうように最終目的自体は、ホームページで業績UPを実現させるのですが、そのプロセスにおいてホームページ自体がどんな役割をはたすのか?その辺を極めて、ホームページ制作を行う必要があります。

デジタルマーケティングの時代のホームページ制作

データ・ドリブン・マーケティングの採用のためのホームページ制作も可能です。このデータ・ドリブン・マーケティングとは、ユーザーの思考や変化するユーザーの思考から、イノベーションや次の新し顧客創造のためのデータ取得と分析です。これらのをビックデーター化することによりAIに対応できるようになります、また勘に頼ることのないデーター分析による次の一手が打てます。

ウェブマーケティングを駆使した売上拡大のための支援 ウェブコンサルタントを使うか? マーケティングコンサルタントを使うのか?  業績アップの2つの方法

ユーザーの問題解決を行うためのウェブ制作

ユーザーの問題解決にコミットするウェブ制作

「B TO B」・「B TO C」とも、人や企業が購買行動を起こすには、購入者の問題があり、その解決のためにアクションを起こします。例えば、痩せたいと願っている人は、スマートになることが問題となります。太っていることが問題ではありません。ですが、ダイエットは継続的にモチベーションを維持できれば、無料で出来ます。禁煙や英会話に似ています。しかし、多くの人がダイエットの継続はできません。結果、痩せたいと思っている人に継続してダイエットが出来る方法を提示すれば、その商品は売れます。このようにマーケティングは学ぶことやマーケティングの専門家にアドバイスされて、ウェブ制作を行うと業績が向上します。

ホームページ制作 松本

ウェブ制作を依頼する人の問題は?

「ホームページが欲しい!」と弊社に制作を依頼する人は、業績向上という問題・目的を抱えている企業がほとんどです。もちろん、その問題には、「よりもっと」という問題もあリます。ですから、ウェブ制作は、業績向上の手段、もしくは道具に過ぎません。他の方法で業績向上ができたり、人材の確保ができれば、「ホームページ制作依頼」を行う必要もありません。

問題は、ユーザーの抱えた問題は何か?

多くの経営者が、このユーザーの抱えている問題を知らない。これがわからないと、どんなにきれいなウェブサイトを制作しても、業績向上に積んばがらない。「ブランディングに役立つ」なんて、経営やマーケティングそのものを知らないウェブ制作会社の言い訳に過ぎません。ですから、まず、顧客分析・競合他社分析を行う必要があるのです。そこからウェブ制作は始まります。ユーザーの抱える問題解決策を提示することで、業績向上に繋がるウェブ制作が行えるのです。

業績アップの一つのTOOLがウェブサイト制作です。(宣伝)

ウェブサイト制作で業績アップを実現させる

すべての業績アップのためにウェブサイト制作・ホームページ制作だけで行えあるわけではありません。あくまでもウェブサイトを中心としたマーケティングにより業績アップを行います。ウェブだけを強化するれば業績アップを実現できるケースとビジネスモデル(売り方)の変更や伝え方の変恋雨などマーケティングから広告やロゴツールまで開発する必要がある企業様のケースもあります。

ウェブ制作

ユーザー視点のウェブサイト制作を

ユーザーが求めるものにコミットしたユーザー視点で制作されたウェブサイトは、ブランディングを行いながら収益を拡大することができます。自社の強みを明確にした差別化をアピールすることができます。この差別化には、商品プロダクトによる差別化策と売り方によるサービスの差別化策があります。担当経営コンサルテイングを交えた差別化・ビジネスモデルの件も行いましょう。
ウェブサイ作をする前のマーケティングをご覧ください

自社分析・競合他社分析・顧客分析などをウェブサイに反映させる

ウェブサイト(ホームページ)で業績アップを実現させるのは、とても難しい時代になっております。そこで自社分析・競合他社分析・顧客分析をしっかりと行い、稼げるウェブサイトの制作をATFは行っております。

他社ウェブ制作会社と比較 >

信頼を得るためのウェブでつくるブランディング

ブランディングをウェブで構築するには?

どんなブランディングを構築するかにもよりますが、一番必要なのは、まず、信頼・期待という2つのファクターをブランディングを構築する前に企業としては必要になると私は考えます。そして、ユーザーに信頼を与えるウェブサイトを構築して、その次の段階で、ユーザーに期待を与える。「あの企業なら新しい自分の生活に変化を与えてくれる」などとユーザー感じてもらう必要があります。これらをウェブサイト・ブログ・SNS・メールマガジンなどで表現する必要があります。

ブランディング

また、アナログなニュースレターなども必要になります。経営者のTV.ラジオ質園なども可能であれば必要です。

信頼をウェブでユーザーからあ獲得するには?

あなたの企業がユーザーから信頼を得るには、あなたのビジネスに対する情熱・専門性を高めるための行動をユーザーにアピールする必要があります。それには、ウェブサイトでの企業理念・ミッションなどのページの設置・ブログなどの更新頻度・SNSなどのパーソナルブランディングの構築からの延長線。それらに日々の努力が必要になります。
努力なしに、ただウェブサイトやホームページを新しくしても効果は得られません。

期待を感じさせるブランディングのためのウェブでできること

「期待をさせる」とは、アップル社のiPhonoなどの新商品の発売開始には、多くの人が期待を寄せます。それは、アップル社のミッションや徹底したマーケティングによるものです。新商品を手で確認する前から購入者は殺到します。もしくは、新商品の発表前から、次の商品を購入する予定を立てています。

例えば、アップルストアー表参道がアップル表参道と名前を変えたように、今までのコンピュタ関連の販売店やショールームでは、あり得なかったデザイン性があるショールムになっています。また、アップル社は、機能とDESIGNに妥協しないという企業ミッションを製品・ウェブ・店舗・パッケージなどで表現しています。このように自社はどんなことにこだわり、どんあことをユーザーにアピールして、どんな社会貢献するのか?多くを語らずにDESIGNで表現する必要があります。それらを企業ミッションや企業ビジョンを文字ではなくウェブデザインで表現する必要があります。もちろん、ブログやブログやでも同様です。

そして、結果的にユーザーに「あの企業の商品・サービスなら私の生活が変わる・自分のビジネスが変わる」という期待感を与えるブランディングが構築できます。

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。

ブランディングとは?

ウェブで年末前にやっておくこと

正月明けはアクセスが集中します!

ブログの正月の予約投稿などの準備やウェブサイト(ホームページ)TOPのビジュアルに年初の挨拶などを仕込んでおくことをおすすめします。弊社のクライアント向けには。無料でスライドなどを正月用に変更する無料サービスも行っています。このように深淵を祝う姿勢といつもユーザーにポジティブなメッセージを送ることを心掛けましょう。

お正月スライド

ATFサポートには6種類の正月用スライドがあります。お気軽にダウンロードして乙お使いください・

常にユーザー視点で

ウェブサイト運営は、ユーザー視点で運営する必要があります。そして、ウェブサイトまで徹底したサービス精神を伝える必要もあります。正月のブログには、新しい年の豊富なども記載しておくとユーザーの心を引きつけられます。顧客でなくても線在顧客を固化y駆動用のサービスを提供する姿勢を見せることがポイントです。

火は熱いうちに打つ

多くの人がウェブサイトを見るときでもあります。また、ユーザーも新しいい年に何かの動きを決める人も少なくありません。実家に帰り新しい生活の変化を決める人も少なくないと思います。例えば、「今年こそ結婚」「今年こそ家を建てる」「今年こそ___」と考える人の背中を押して上げる必要があります。火は熱いうちに打つ必要があるからです。

一年の終了のご挨拶

年末・年始のお休みの告知や、一年のお礼のブログなどの更新も忘れないようにしてください。決めの細かい投稿があなたのビジネスの質やサービスの質をユーザーに感じてもらうことができます。そんな小さなことが最終的にユーザーとの信頼関係を気づきブランディングに成功するのではないでしょうか?

ロゴとブランディングについて、

ATFを立ち上げて、初めての投稿になります。実際、私が行ったロゴやブランディングについて、お話しします。a Teamとは、映画特攻Aチームをイメージしました。各、スペシャリスリトのチームを意識しました。「チーム」を英語の発音に似せ「ティーム」と表現しました。「ファクトリー」は工房をイメージしてます。そして、その頭文字を利用してロゴを制作しました。

新会社を立ち上げのプロセス中にあなたのロゴやブランディングのアイデアは、おそらく最も重要な概念です。
ウェブサイトのデザインやユーザーインターフェース、グラフィックス、印刷作業、マーケティング&コンバージョンと目標。多分、ランディングも自分勝手な考え方では、モバイルデバイス上を含む追加の要因が全体をスルーされることを考慮する必要があります。そこで、私たちのブランディングを構築するデザイン制作の人としては、ウェブサイトのデザインとグラフィックス、印刷作業は、全く異なった概念でデザイニングすることが必要だということです。もちろん、アイキャッチャーは、一つです。しかし、ウェブサイトのデザインには、ウェブテクノロジーが印刷物の紙質を考慮するより複雑なテクノロジーを理解する必要があるからです。グラフィックスとウェブデザインを異なる概念で制作しなければならないということです。

ブランディング

ブランディングには、あなたの目指す自分のビジネスのポジショニングが必要です。どこに行きたいのか?自分の会社の最終目的地をイメージさせるところから始まります。まず、自分のビジネスで、ユーザーにどうやったら喜んでもえるのか?とてもシンプルでベーシックなことですが、そこがスタートであって、いくら儲けるか?は、その目的を叶えるためのファクターであるべきです。これからのビジネスは、ソーシャルビジネスのイメージが大切になるのではないでしょうか?

株式会社エイ・ティームフ・ァクトリー

ロゴや名刺のデザインだけでなくWork環境である生産拠点であるオフィースのテーブルからすべてデザインすることにより、制作物のクオリティを高めます。それが、A Teamの仕事となります。

Facebookを何故ローカルビジネスに活用できるのか?松本市のホームページ制作屋

何故、Facebookビジネスがローカルビジネスで活用されるか?そして、多くの成功者が生まれているのか?

Facebook Office

中小企業のブランディングに容易にできる時代になった理由

企業は、直接のセールするより話題性あるコンテンツを提供するためにソーシャルメディアやFacebookページを使う。そして、ブランディングを構築する。今までなら、中小企業の広告費は、セールスか?リクルートに活用されるしかなかった。もしくは、イメージ広告などでは、新聞の名刺広告利用するぐらいだった。ところが、無料で使えるFacebookに多少の経費でページを作り、顧客満足度を高めるための仕掛けづくりが容易にできるのがFacebookなのです。

中小企業のカスタマーサービスをFacebookで行う!

Facebookページで、顧客満足度を高めるための作業を行う。それが、Facebookを上手に活用する方法である。どれだけ「いいね!」を獲得することで、顧客の求めるものも発見できる。また、口コミの効果はここから生まれる。

中小企業はFacebookで販売促進してはいけない!

ソーシャルメディアやFacebookでユーザーは広告を探すために利用するのではない。シェアしたりキュレーションするコンテンツを探している。であるならば、鮮度の高い良質なコンテンツを発信すればいい。つまり、「商売の裏話」「製品の裏話」などあなたのビジネスで知り得た情報がファン獲得の武器になる。利用法さえ間違えなければ、Facebookでローカルの中小企業やお店。飲食店のブランディングが行える。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ