プロダクトアウト

「プロダクトアウト・マーケットイン・インバウンド」どんなマーケティングをすればいいの?

ユーザーにWEB関連お情報のみならずマーケティング全般情報も!

長野県の弊社のクライントも全国のユーザーをターゲットにしています。また、松本市内周辺などの狭いエリアをターゲットにしているクライントもいます。私たちは、WEBを通じて、どのようにクライントに利益を提供するか?また、WEBデザイン制作会社としてではなく、一企業のサービスとして、優良な情報をクライアントに提供するべきだと考えています。そんなことでマーケティングについて、ブログを書いてみることにしました。

マーケティング長野県WEBデザイン

プロダクトアウト・マーケットイン

フィエレットさんのブログに「プロダクトアウト・マーケットイン」についてが書いてあった。
プロダクトインについては、以下のように記載されていました。マーケティングの基本概念であり、誤解されがちな「プロダクトアウト・マーケットイン」を解説

マーケットインの一般的な定義は、*プロダクトアウトとは反対に顧客の意見・ニーズを汲みとって製品開発を行うことを指します。
モノを作れば売れる時代ではなくなり、競合と簡単に比較されてしまう今、「プロダクトアウト」は時代遅れな考え方であり、いかに「マーケットイン」の概念に基づき、顧客の満足度を高められるかどうかを重視するべきだという風潮が強まっています。

プロダクトアウトもマーケットインも、根底には「ユーザーニーズ」のですが、にAppleのiPhoneやSONYのウォークマンなどは、顧客のニーズや顧客の声を聴いて商品を開発したのではなく、iPhoneと言う「モノ」を開発したのではなく、ユーザーの新しい生活シーンを作ったのではないでしょうか?つまり「コト」となります。ということになると「プロダクトアウト・マーケットイン」も不要のように考えられるます。
»モノづくり日本では、世界から取り残される

プロダクトアウト・マーケットインどちらの視点も必要な気がします。

インバウンドマーケティングとはなんぞや?

Hivelocity山のブログからインバウンドマーケティングについて、抜粋させていただきました。このインバウンドマーケティングとは、まず、ユーザーに好まれるための情報提供から始まります。つまり、検索マーケティング・SNSマーケティング・メールマーケティングと広告費用は殆どかからないこれからの時代のマーケティングだと私は考えます。

インバウンドマーケティング。まだまだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、広告出稿などに頼るのではなく、興味のある消費者は自ら検索をしたりソーシャルメディアで聞いたりして調べてくれるということを信じて消費者自身に「見つけてもらう(Get Found)」ことを目的としたマーケティング施策。具体的には見込客に対して有益なコンテンツをネット上で提供し、検索結果およびソーシャルメディアにて「見つけられ」やすくし、自社のサイトに来てもらいやすくしていくものです。 近年においては自社サイトを訪れてくれた人々を顧客化するまでの育成プロセスも含め、「見つけられる」ことからはじまる一連のマーケティング活動を「インバウンドマーケティング」と呼ぶようになっています。

長野県松本市ホームページ制作会社のサービス

マーケティングとは?

マーケティングとは、如何に「ユーザーの心をつかむか?」ということになるのですが、これらの要素に抜けているのが、顧客の信頼をまず獲得することを優先することではないでしょうか?最後は人間力により、マーケティングの勝者となれるのではないでしょうか?WEBデザインもホームページもユーザーの信頼をどこまで勝ち取れるかが重大なキーワードになるのではないでしょうか?それを載せるのがWEBサイトということになるでしょう?

そんな意味で弊社としては、長野県松本市のホームページ制作会社としてでなくあ、一企業として長野県下のユーザーのみならず全国の中小企業に向けて、情報提供というWEB関連以外の情報もクライアント様に提供してまいります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ