ページランク

売れるECサイトのSEOは、コンバージョン率を考慮する。

Mochi Cream shop [Shibuya]

ECサイト(ショッピングサイト)では特に最終目的であるコンバージョン率をセッテする必要がある。私の仕事は、サイトが公開されてからSEO対策にも必要になる。

キーワード設定とは?

販売者側の考えるキーワードと現実にユーザーが検索するキーワードは異なる場合が多い。SEO対策の目的は、検索サイトのページランクを上げることではなく、売れるキーワードで上位表示されることだ。特別ビックキーワードで上位表示させる必要はない。その上でユーザビリティの考慮が必要にはなるが、コンバージョン率からキーワード設定の要因を検索する必要がある。
同じようなことをビジネスブログのSEOと作り方!でも記載している。

ECサイトのSEOは、コンバージョン率を

ECサイトの最大の目的は、売上拡大である。SEO対策で売れるキーワードを見つける必要がある。それが、コンバージョン率を高めるということだ。いくら上位表示をしてもコンバージョンが低ければ、ECサイトの構築は成功したとは言えない。もちろん、商品やサービスの問題もある。しかし、SEO対策をするとキーワードの商品を最上部に設定することになる。それが、売れる商品とは限らない。また、売れない商品は、売れる商品を支援するケースもある。1ページの商品は、20アイテムが理想である。もちろん、ブラウザでコンバージョンを考える必要もある。
Google Chrome ブラウザはコンバージョン トラッキングと Google Analytics データにどのように影響しますか?を参照してください。

僕のFacebookファンページをご覧ください!

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ