ホームページ制作見積り

ホームページ制作見積りをする前に知っておくこと、聞いておくこと

ホームページ制作見積り前に最低限の知識

ホームページの見積り依頼をする時に年間に掛かる維持費や運営費を自社の予算で考えるのか?ホームページで得られる成果で考えるのか?によって、金額の算出は異なります。もし、あなたがホームページ制作だけが目的なら、できるだけ多くのウェブ制作会社から見積りを取れば良いので、至って簡単です。しかし、もちろん事業ですから予算は決まっているでしょう。しかし、それが適切な予算の設定でなければ、予算自体を再検討する必要もあります。まずは見積り依頼する間に以下の内容をご確認いただくとをお薦めします。

ホームページ見積り

通常、ホームページ制作が費用対効果を得るまでには、

ホームページは制作・公開しだけでは、何の成果を得られません。

ホームページ制作料+ホームページ運営費用+PPC広告+SEO対策+SNS

上記のすべてを行わないにしてもホームページ制作料+ホームページ運営費用は、最低限必要になります。つまり、ホームページ制作後の修正や追加などをどのように対処するのかをウェブ制作会社に確認する必要があります。

ホームページ制作では見積合せだけをしてはいけない

図面や仕様書がない建築物の施工見積は制作できません。この場合と同じく、ホームページの仕様により金額が異なります。以下の内容をご確認ください。

・スマートフォンファーストで制作されるのか?
・コールアクションは、どのように設置されるのか?
・コンテンツ(文章)は作成してくれるのか?
・ブログ更新のカテゴリーの数は?
・常時SSLは設置されるのか?
・スライダーの変更の料金は掛かるのか?
・アクセス解析のアドバイスはあるのか?
・同業のノウハウはあるのか?
・ウェブフォントは使用されるのか?
なおなど

上記を行う、行わないでは、制作料金も大きく変ります。専門用語ばかりですが、ウェブ制作会社の営業でしたり理解できると思います。そして、それを行うと費用が倍以上変わる場合もありですがまた、弊社のように標準で見積もりするウェブ制作会社もあります。ですが、現在のホームページ制作では、効果を得るために必要な項目です。

ホームページ運営のサポートは?

ホームページの制作後の運営のサポートが必要になります。日々のブログ更新名もプロのアドバイスを受けてブログなどの更新をしたり、修正・追加などの変更作業は、その都度料金が発生するのか?弊社のように一定の修正・追加などの作業は、運営サポート料金(サーバー管理など)に含まれているのか?その辺によって、制作予算は低額だが、年間コストが掛かる場合もあります。

まずは自社の予算をぶつけてみる

自社の年間予算を提示して、ホームページ制作で期待している効果目標を伝えることで、見積りを依頼すると意外とリーズナブルな見積金額以上のホームページ制作が行える¥ケースもあります。また、弊社のようなウェブ制作会社は、見積りだけのサービスは行っていません。忙しいウェブ制作会社は、それだけの実力がありますので、自社の見積りとホームページ制作の思いを伝える方が良いのかも知れません。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ