マーケティングオートメーション

売上UPに走らずに、まずやっておいきたいWebサイトやブログでやっときたいこと

売上UPに走らないでWebサイトやブログでやっときたいこと

昨日、長野市ビックハットでビジネスフェアに参加してきました。ここで私のテーマは、Webとマーケティングオートメーション(MA)とCRMの融合したプランの紹介です。しかし、目的は、「紹介」と「見込客獲得」にあります。販売に結べつけることにフォーカスをしません。多くの見込客を獲得して、時間と手間を掛けて売上拡大に結びつけます。その手間をCRMで効率化させます。

長野しんきんビジネスフェアポスター_ol

何故、見込客を獲得にWebやブログでフォカースするのか?

展示会などのイベントもWebやブログでも同じです。まず、見込客からのロイヤリティの獲得にフォーカスします。それの成果が売上UPに繋がるからです。そのためのウェブ制作やブログは、インバウンドマーケティングコンテンツマーケティングなどを用いて、ユーザーの問題解決のアドバイスやユーザーの問題発見のアドバイスできるコンテンツを作成します。結果的にオウンドメディアをWebやブログで行うことになります。

売込みはユーザーを遠ざける!Webで常にユーザーのために

売込みは、リアルな営業の現場でも失敗すれば顧客を遠ざける結果になります。それよりもユーザーが見込客になり、ユーザーが「売ってください」「契約してください」といってぅるのも待つ営業の方がビジネスを有利に行なえます。売込みに注ぐエネルギーを見込客に獲得に変化してください。その見込客は、あなたのビジネスの近い将来の売上の源になります。

メルマガやSNSで見込み客を育てて、固定客に育てる

見込客とは、メルマガジン登録やSNSのフォロワーになってもらうことです。その数字が、近い将来の売上UPにつながります。つまり、見込客を増やすことで、ユーザーが集まるマーケティング仕組みづくりが構築されるのです。そのためのWebサイト制作やブログ更新を行ってください・

製造業者がWebで見込み客をつかむための5つの条件

Webサイト・ホームページでで見込み客をつかむための5つの条件とは?

現在、Webサイトを構築しただけでは、見込み客をなかなか取り込めない時代に入っています。しかし、現在もバンバン見込み客を獲得している弊社クライアントも存在しています。そこで、ウェブで高額商品やBtoBでの顧客獲得や製造業でOEM発注をしてくれる企業の見込み客を獲得するには、以下の5つの条件を満たす必要があります。

長野県の製造業を支援します

Webサイトで見込み客を獲得するには?

以下の5つの条件が満たされることが、Webサイトで見込み客を獲得する条件のようです。
1.コンテンツマーケティング
2.ターゲットを絞り込んでいる(ペルソナ)
3.資料ダウンロードが優れている
4.CRM SFAを活用した営業システムが構築されている
5.ブログの更新頻度が高い

Webサイト高架下だけでは意味がない時代

上記、1のコンテンツマーケティングと2のターゲットを絞り込むという点においては、とても重要な要素を含んでいます。つまり、製造業では、バイヤーなのか?設計者なのか?はっきりとしたターゲットを絞り込み、そのターゲットが求めている情報をWebサイトに記載する必要があります。また、動画で自社の作業風景などを観て貰う必要もあるのです。資料ダウンロードでは、CRM/SFAに取り込める見込み客情報となります。そのため顧客が求める「この情報欲しい」というコンテンツのダウンロード資料が必要になります。

ブログの更新頻度が高いブログの対策

ビックキーワードではなく、製造業のケースでは、マテリヤルや専門用語の作業名などのニッチなキーワードのタイトルのブログを更新することによって、見込み客を呼び込むことができます。

展示会などでの見込み客データーを活かす

名刺交換をした人は、100%と言っていいぐらいその会社のWebサイトを見ます。その見込み客の自社への関心度を知るためのMA(マーケティングオートメーション)を活用するとさらに極めの細かい営業活動が行なえます。また、営業部門が充実していない企業では、なおさらデジタルマーケテインングを活用するべきではないでしょうか?営業の生産効率が固まります。

営業のプロセスからWeb活用まで

ATFでは、松本市・長野市周辺の長野県のものづくりに未来を託す製造業様の営業担当の人数・企業規模にとらわれず、デジタルマーケティングの導入の支援やご相談を承ります。Webサイト構成は、既存のWebサイトでも多少の変更で多くの見込み客を獲得することができます。

製造業のホームページのリニューアル

製造業ホームページリニュアルでやって起きたこと

Web運営に慣れていない製造業者様でも、まず、人材確保のためにリクルート専用ページを制作する必要があります。そのリクルートウェブサイトとはコーポレートウェブサイトとは切り離すことを勧めします。それは、コーポレートウェブサイトと採用サイトは見る人が異なるからです。また、自社の製作するマテリアル名や得意な加工についてのキーワードを掲載する必要があります。できれば、小ロット短納期などの記載があれば更に効果的です。また、ウェブサイトに訪れた企業名やその企業が見ているコンテンツを知る必要があります。それが行えるのがMA(マーケティングオートメーション)となります。B TO Bの業態では、このMAの活用が売上に大きな影響を果たします。

長野県製造業ホームページ

長野県製造業リクルートホームページ

あくまでも、新規取引先を獲得するための製造業のホームページとなりますが、そこで働く人の顔が表現させる必要もあります。なかなか、ホームページに社員が参加してくれにくいかもしれませんが、できるだけ協力していただけるようにしてください。

営業部門のあなる製造業のホームページは?

新規取引先を獲得するための営業で名刺効果などをした発注側の担当は、必ず相手のホームページを見ます。実績・社長の挨拶・会社概要・周遊している設備など、質の高いコンテンツで作り上げる必要があります。
企業に訪問する→相手担当がホームページを見る→訪問の御礼のメール→資料の送付などを行う必要があります。そして、それらのメールには、顧客の問題を解決策を提示して、自社の製造についてのコンテンツページのリンクを張り込むなど、ホームページが営業活動をフォロー出来るようようにホームページを制作する必要があります。これらを自動に行ってくれるのがMAです。

ターゲットを絞り込んだ訴求をする

自社の一番得意な製造過程を前面に出す必要があります。これも・あれもと訴求すると相手には何も伝わらなくなります。大切なのは、専門性をアピールする必要があります。これは他の業態でも同様で、最も重要なことです。

マーケティングオートメーション Mautic を無料で導入

マーケティングオートメーションMauticを導入

国内でのマーケティングオートメーションの導入は、ある調査によると、(卸売業、小売業(30%)・製造業(29%))では、まだ20%にも満たないようです。しかし、B TO B の業態では、出来るだけ早い導入により営業活動の生産性の向上に役立てることができます。また、このマーケティングオートメーションの活用できるWeb制作が必要になります。弊社では、数社のマーケティングオートメーション販売会社の代理店となっておりますが、やはり導入コストや効果を得るためのWebコンテンツの作成に費用がかかる点から、長野県下の企業様では、検討段階を含め5社程度の状況です。そこで Mautic を導入したWeb制作プランで、無料の設置サービスを行います。

マーケティングオートメーション 松本市 ホームページ制作

マーケティングオートメーションを活用すれば、営業効率や最終的に業績UPが可能になる企業様に限りますが、AWSの活用されるサービスでに付加されます。

MA導入ありきでウェブ制作をする

もちろん、マーケティングオートメーション Mautic導入をサポート・設置するサービスも行っておりますが、これらの効果を提供するには、ウェブサイト自体の修正が必要になります。売上UPのためにマーケティングオートメーション Mauticを導入することを踏まえたWebコンテンツの作成をWeb Siteのリニューアルから行い、Web ROI(費用対効果)の高いウェブ制作サービスを行うことが目的です。

そもそもマーケティングオートメーションって

自社データーとWebサイトへの閲覧状況からお客様ごとに最適なカスタマージャーニーを実現することができます。例えば、イベントに来て頂いた見込み客が、どんな情報を必要としているのかをサイト訪問状況から特定し、それに関するメールやDMあるいは、電話でアプローチできるなどの営業ツールとして画期的なシステムとなります。そして、いち早くリードを獲得することができます。

長野県下でマーケティングオートメーション Mautiの導入希望をされる企業様は、お気軽にお問い合わせください。

BtoB企業のマーケティングオートメーションの活用 松本のホームページにMAを

松本市でホームページにMAを導入している企業は?

今年のホームページ制作に於けるB to B のトレンドは、MA(マーケティングオートメーション)となります。しかし、このシステムで重要なのは、アクセス数です。アクセス数がある程度ないと費用対効果が出ません。現在、弊社顧客でも2社ほど検討作業に入っています。現在、独自に導入している企業は弊社ホームページ運営管理のクライアント様には見当たりません。また、ECショップには、簡易的なマーケティングオートメーションであるカート落ち(カードに入れたが注文しない)や通常のホームページでも資料請求落ちなどに顧客にリマーケティング的な効果を提供するサービスもあります。AIを活用したインスタグラムのフォロワー拡大から、マーケティングにつなげる小規模予算で行えるシステムのあります。その辺も松本市内や中信のエリアの企業様では、工務店業や販売業でマーケティングオートメーションの導入検討がありますが、まだ、実施段階ではありません。

松本 ホームページ制作ATFでは、県内では殆どない大手マーケティングオートメーション提供サービスとの提供や費用な比較的かからないオープンソースのマーケティングオートメーション導入サービスを行っています。

他社よりもいち早く見込み客を見つけるために!

BTOB営業を支援するいま最強の武器マーケティングオートメーション/h3>
見込み客の興味を理解して、適切なコンテンツで、競合他社より早く見込み客を獲得する営業手法がマーケティングオートメーションです。現在、約4社に1社の企業(24%)がマーケティングオートメーションに関心を示していることがある調査機関の調査にもありました。すべてのB to B 企業がマーケティングオートメーションにより,営業力が強化されるわけではありません。また、その逆に一日早いマーケティングオートメーションの導入が必要な企業もあります。

2017年のウェブ界のトレンド、マーケティングオートメーション

2017年ウェブトレンドはマーケティングオートメーション(MA)だね

どこの展示会に行っても、毎日、送られてくるセールスメールでもマーケティングオートメーションのアピールです。実は、弊社のクライアントも2社ほど導入段階に入っています。また、検討段階の企業様もあります。今年は、セールスフォースさんの東京駅前にある本社ビルにもお伺いして、セールスフォースのマーケティングオートメーションの導入について検討してきました。現在様々なマーケティングオートメーションを提供している企業がありますが、業績アップに特化したマーケティングオートメーションは、セールスフォースかな?と思っています。
マーケティングオートメーション

しかし、企業規模やウェブサイト規模を考えると他メーカーの商品も検討する必要もあります。今年のIT導入補助金では、自社の提供するオープンソースのマーケティングオートメーションの提供も考えています。しかし、簡易的なマーケティングオートメーションもあり、ECショップのカート落ちなどの少ないデーターでも利用価値はあります。もちろん、大量のアクセスやイベント開催などを行っている企業は導入が必要になります。

ANAグループ企業OCSが目指す、AIを活用したマーケティングオートメーションの形
誰でも世の中を変えられる、セールスフォースが新サービス

マーケティングオートメーションの実装「長野県下の企業での話」

EC サイト売上を強化するマーケティングオートメーション (MA)


EC売上アップに直結するマーケティングオートメーション(MA)プラットフォームです。お客様の行動データを活用し、個別最適化したメッセージを自動で届ける、トリガーベースのメールマーケティングを実現しました。弊社では、本格的なマーケティングオートメーションを取扱のための代理店契約や利用のためのライセンス取得のためのレクチャーや学習をしてまいりました。ATFでは、長野県下では初の一般には、2018年当初より、長野県下の企業様のホームページ・ EC サイトにマーケティングオートメーションの設置サービスを行う予定です。

mautic 松本 ホームページ制作

マーケティングオートメーションが利用できるウェブサイト


ただ、このマーケティングオートメーションですが、ホームページ自体にかなりのアクセスが必要であること、毎月の経費を賄える販売利益があることが条件になります。そこで、EC サイトのカートまで行ったユーザーの対応やポイントを絞ってのマーケティングオートメーションの活用を行います。本格的なマーケティングオートメーションでは、機能が多く逆に効果的ではない点もあります。そこで、簡易的なAIを活用したり、オープンソースのマーケティングオートメーションの活用の促進を行います。

無料で使えるマーケティングオートメーション


初期費用が10万円程度で、毎月10万円掛かるマーケtィングオートメーションであると,費用対抗が得られないケースも予想されます。そこで、Mautic で無料のホスティングが可能です。まず、Mauticを使いこなして、国内サービスの有料版を使うこともできます。Mauticは、ソーシャルメディアに強いマーケティングオートメーションです。

Mauticによるマーケティングオートメーション


Mauticによるマーケティングオートメーションによるマーケティングオートメーションについての解説です。

Mautic をどのように利用できるのか見てみましょう。新しいビジターがあなたのウェブサイトに訪れたと想像してください。彼らはIPアドレスの見をまず獲得します。基礎的な地理データを含むかもしれません。ユーザーがウェブサイトのページをブラウジングし、やがてコール・トゥ・アクションフォーム(お問合せフォーム)のある特別なページに到達します。このフォームはいくつかの情報を取得します(例えば名前やメールアドレス)。その結果、このビジターは既知のビジターへと変わります。リードリストを使ってこれらのビジターを捕捉し、特定のキャンペーンに追加します。これらのキャンペーンは、特定の時間やユーザーのインタラクションに基づいて、メールを送信したり、ソーシャルメディアに投稿したりします。ディシジョン・ツリーのようなものだと考えてください。ユーザーがEメールを開封したらこうする、そうでなければああする。これらのキャンペーンは時間、日、週、または月単位でも可能です!

では、何が起こっているか見てみたいですか?
この既知のビジターは徐々に、リードに成長していきます。このリードが価値のあるアクションを完了した時、彼らにポイントを付与します。これらのポイントはリードを重み付けし、どのリードがホットなのかを教えてくれます。あるリードがポイントを一定量獲得したら、CRMかそれに類するシステムに自動的に移動します。以上で、あなたが自信を持って知っていると言える、直接コンタクトを取る準備のできたリードのリストを手に入れることができます。

Mautic

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは