マーケティング・オートメーション

戦略と戦術に関するWebによる業績UP方法

戦略と戦術に関するWeb

ホームページを含んだWebを活用して、業績UPを目的にした戦略では、出来るだけ敵のいないゾーンで戦わないで勝つ方法を見出す必要があります。しかし、戦略自体が社長室や会議テーブルの上で作られたものであると、戦略自体に欠陥がるケースが多いのも事実です。「戦略」と「戦いを略す」と書くように、どうしたら戦いを略せるのかというと、現場での顧客の変化を見つけ、イノベーションするのが、一番の解決策になるのですが、現実の戦術が方法がホームページ制作ぐらいしか、見つからない長野県下企業様には、多いようです。

戦略 ホームページ制作松本市

戦術に関するWeb

例えば、戦略から導かれる戦術には、ただホームページを制作するのではなく、営業マンや社内システムで人材が不足している点や手間のかかる作業をホームページを活用したり、いわゆるリード(見込み客)を獲得するためにホームページと他のWebツールを活用する方法があります。実際、戦略立案と同様に戦術を立案するのはとても重要で難しい仕事なのです。

人とデジタルを使い分けるWeb戦略

マーケティング・オートメーション(MA)の活用や簡易的なMAの活用が可能であれば、「人」が行う営業と「デジタル」が行う作業をはっきりと区別する必要があります。これにより生産効率も高まります。ただ闇雲にSNSを活用しても業績UPにはつながりません。ブランディングとは、業績UPを行いながら実施するもので、ブランディングを高めると業績UPが行えるというものでもありません。SNSの手間と時間が掛かる点もデジタルであるAIに任せることも小額予算で可能です。

「人的資産の活用」のためにデジタルとWeb戦略

弊社が松本市周辺・長野市周辺の企業様からのご相談の中に県内TOP企業、もしくはそれを追随する企業様はもちろん、小規模な事業所様まで、「人的資産の活用」のためにデジタルを書くようする戦術面の強化のお手伝いをしております。ただ、ホームページを作っても業績UPに繋がりません。戦略を立案されたら、また、戦略を立案しようとお考えになったら、専門のコンサルティングにご相談ください。
ATF長野経緯コンサルティング事業部

自社の顧客を知るためのウェブとは?「顧客と同じメガネを掛ける」必要性

ウェブサイトのアクセス解析で自社のユーザーの同行を知る

営業マンや経営者の勘に頼らず、自社の潜在顧客は、どのようなコンテンツに興味を示しているのかをGoogle アナリティクスのアクセス解析を分析することができます。更にマーケティングツールなどや分析しやすいページコンテンツを用意してウェブサイト制作・ホームページ制作・SNSコンテンツ更新を行うことで、更に制度の高い顧客情報を得ることができます。また、その情報に基づき、マーケティング・オートメーションのようにユーザーに好みの情報を提供してアプローチすることができます。

ホームページ制作 松本市 顧客を見る

顧客を知るには、顧客と同じメガネを掛ける必要があります。そのメガネは、アクセス解析TOOLを可視化することことから始まります。

ウェブをデジタルマーケティングの視点で捉える

データドリブンの概念を利用して、ビッグデータに利用しなくても、データの収集・データの可視化・アクションプランの検討・アクションプランの実行からPDCAとマーケティングの幅でて、営業をするときの良きデータにもなります。ウェブサイトやSNS活用する目的を業績拡大だと設定するのであれば、ウェブサイトを見込み客を競合他社より早く見つけるというツール考えることと同様に「顧客を知る」というツールとして活用できるのではないでしょうか。そして、顧客と同じ眼鏡をかけて、自社の販売方法や商品・サービスを考えて見る必要性があります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは