モバイルファースト

スマホファースト、本当の意味と必要性。

スマホ対応ではなく、スマホファーストの違いとは?

スマートフォンでのアクセスが60%を超えたら、スマホファースト(モバイルファーストとも呼ぶ)にウェブサイト(ホームページ)を変更する必要があります。スマホファーストとは、ただのレスポンシブレスポンシブデザインにして、スマホでも見やすくするという概念ではあります。より、スマホに適した、フラットデザインやマテリアルデザインを利用して、見やすく操作しやすいスマートフォン優先したウェブデザインを活用したサイトにする必要があります。

atfiphone

どこがどう違うスマホファーストとスマホ対応ウェブサイト

一言で言ってしまえば、テキスト数が遥かに少なくなります。画像でユーザーのこころを惹き付ける必要があります。スマホで読みやすいテキストするため、殆どテキストを利用せず、アイコンなどで操作が出来るようにボタンの解説などはありません。また、最下部には、そのまま電話で問合せをしてもうためのコールアクションを設けます。また、テキスト数が少ないので、アニメーションを活用します。
ブログのテキストの改行を気をつける必要があります。長文でも読みやすくする必要があります。
弊社弊社ページ

SNSはスマホで見るからそこからのリンクを大切にする

FACEBOOKやInstagramを利用する人はスマホが殆どです。そこからのリンクをもらいサイトにユーザーを呼び込んでもスマホファーストのサイトでなければ、ユーザーに不快感を与えます。一度与えた不快感は、早々に拭えません。時代に対応したウェブサイト作りが収益拡大に役立ちます。

モバイルファースの概念

モバイルファース・スマートフォンファーストの概念

モバイルファースト・スマートフォンファーストという概念が今のウェブ制作が行われています。
しかし、弊社はデスクトップからレスポンシブで制作を始めます。そして、スマホでの出来ることは、やはりデスクトップより少ないのも事実です。それは当然、デスクトップよりキャンパス自体が遥かにスマホの方が小さいからです。そこで、モバイルファースト・スマートフォンファーストは現実的にどのように考えて制作すればよいのかを私が行っている項目を一部紹介します。

ATFウェブTOP 

モバイルファースト・メールでのお問合せについて

メールでのお問合せ激減しているのもスマホユーザーが多くなったからでしょう。その代わりに、お問合せなどが電話に変わりました。電話しやすい仕組みを考える必要があります。

モバイルファースト・テキストコンテンツ

ウェブは、「サラッと見る」というテキストコンテンツも更にサラッと見ることになるスマホです。
適切なイメージ画像を使用して、コンテンツを短くする必要があります。その分コピーライトが更に重要になります。

モバイルファースト・マテリアルデザイン

フラットデザイン・マテリアルデザインでは、解説なしにランディングページにユーザーを引き込む必要があります。
一つ一つのボタンをどの位置に設置するのかを考える必要があります。まず、Googleのガイダンスを理解する必要があります。
Googleマテリアル デザインのガイドライン(日本語版)

弊社のこのTOPページでは、ファーストビューでランディングページに湯初するボタンだけを設置しています。つまりユーザーを誘導する必要があるからです。

まだまだ、あるスマホファースのユーザビリティ

まだまだ、あるスマホファースのユーザビリティの向上方法あります。大切なのは、ランディングページでユーザーの「これ欲しい!」「これ購入するとこんなことが出来る」などのユーザーの心を熱くさせる仕掛けです。

何故、ウェブ制作でWordPressを使うのか?

何故、ウェブ制作にWordPressを利用しているのか?

弊社は98%程度以上のウェブ制作はWordpressを利用しております。その理由を説明しましょう。まず、Wordpressとは?CMSとは?どんなものなのでしょうか?そのへんから解説したいと思います。
wordpressは、オープンソースで、世界中の献身的、優秀な開発者によって、開発され日々バーションアップを重ねている優秀なシステムです。
CNSとは、コンテンツマネージングングシステムの略でHTMLなどの言語を知らなくてもウェブサイトが更新できるシステムのことです。

みんなは知ってる?WordPressの特徴と人気の理由を分析してみた

世界のトップ1000万ウェブサイトのうち、37%がCMSを使っているが、WordPressはその60%のシェア率と圧倒的な人気を博しています。(2014/5/25現在)

Web制作、今なぜWordPressを使うのか

FREE & PREMIUM WORDPRESS THEMES

MovableTypeは特定の企業によって開発、販売されているのに対し、WordPressはオープンソースです。オープンソースのWordPressは、世界中の献身的な開発者によって、猛烈な開発スピードで、より優れたCMSへと成長しています。MovableTypeに限らず、それだけのコミュニティを持った製品が登場してくれば、話は違いますが、今、一番活発なコミュニティを持っていることが、WordPressを使う理由と言えます。

WordPressのプラグイン(拡張機能)にあります

最大の利点は、Wordpressのプラグイン拡張機能と考えています。豊富なプラグインは、TOPスライダーのjQueryやSEO対策、サムネイル表示やデーターベースの管理などウェブサイトを制作する上でのすべてと言って良いくらいの機能が付加できます。弊社のウェブデザインは、このプラグインの機能を鑑みてデザインされます。よって、制作物のコストを下げることができます。同様のクオリティのウェブサイトを開発するとすぐに〇〇万円掛かってしまします。これらのプラグイン機能を使うと簡単にSEO対策やこのサイトのようなTOPスライドを設置できます。

Coolなウェブデザインを活用したカスタマイズ

海外の優秀なウェブデザインのテンプレートからカスタマイズスので、斬新なデザインのウェブサイトが制作出来ます。また、動作などのトレンドも簡単に流用できます。現在はモバイルファーストの縦長ウェブデザインを多く活用しています。そして、それらを簡単に制作することができます。

wordpress活用の多くの問題点

英語の不得な制作者には面倒なシステムで、また、PHPの理解が必要です。この点、多くのウェブ制作会社が未だにMovableTypeを利用している点にあります。また、虚弱性もあり、悪質な第三者から攻撃を受けやういのも事実です。しかし、弊社はバックアップシステムの構築により、この問題を回避しています。

ローカルSEO対策のジレンマ

WEB制作会社の脱皮を狙う自社WEBSEO対策のジレンマ

ATFでは、本社所在地、長野県松本市でのウェブサイトがこのサイトになります。そして、長野市をカバーするために作られたのが、NGANO ATFです。ここにローカルSEO対策のジレンマがあります。目論見に反して、松本市による検索も後発のNGANO後発のに1位の座を奪われてしました。そして、今、東京事務所用のサイトを制作しています。全国の企業向けのウェブサイトになります。

ウェブ制作会社ATF

ウェブ制作料金のジレンマ

ATFでは、最低、45万円程度のウェブ制作費を必要とします。例えば。30万円程度でウェブ制作を行なって、SEO効果もなく、価値のないウェブサイトになってしまったら、30万円はドブに捨てた経費となります。そこで、弊社では。45万円が最低のウェブ制作料になります。それでもモバイルファーストなウェブサイトでは、75万円程度のウェブ制作費が掛かります。もちろん、SEO対策・サイト運営サーポートサービスがセットされます。

このように制作費用を限定するのは、弊社として責任のあるウェブ制作をする必要があるからです。あなたの思いを載せたウェブ制作をいたします。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ