モバイルフレンドリー

スマホ対応3つの方法

ホームページをスマートフォン対応にするには?

現在、弊社の長野県松本市のサイトでも50%近くのユーザーがスマートフォンで見ています。Facebookなどをスマホで利用しているユーザーも60%を越したようです。ホームページもスマホ対応の時代になりました。それでは、現在のホームページをスマホ対応にするにはどのような方法があるのでしょうか?3つの方法をお伝えします。

スマホ対応ホームページ

3つの選択肢があるスマホ対応ホームページ制作
1,簡易的に現在のホームページをスマートフォンサイトにする。
2,スマホ専用サイトを施策する(ホームページと別に)。
3,レスポンシブWEBデザインでホームページをそのままスマホサイトに対応させる。

1.簡易的にスマートフォンサイトにする

JavaScriptなどで簡単に今のホームページをスマホ対応にすることは可能です。このタイプのメリットは費用が余りかからない点であるが、デメリットは基本のホームページのデザインによっては上手く表示できないケースが多々がある。Googleがモバイルフレンドリーから警告を受ける可能性もあります。

2.スマホ専用サイトを施策する(ホームページと別に)

ホームページと別にスマートフォン専用サイトを作るのが、ベストの選択かも知れないが、デメリットとして、費用が掛かり、ホームページと別の運営をしなければならない。モバイルユーザーを取り込みたい時は、このタイプをおすすめする。

3.レスポンシブWEBデザインでホームページをそのままスマホサイトに対応させる。

最も人気のシステムがこのレスポンシブWEBデザインです。ホームページがそのままスマホやタブレットに最適化されます。ホームページの更新をすれば、スマホサイトのも反映されます。このタイプはリニューアルするか?サイトのシステムの変更が必要になります。スマホ専用サイトを別に作るより合理的です。

Googleがモバイルフレンドリーを実施しました。これによりモバイル検索では、スマホ対応されていないサイトやスマホで見えにくいサイトは検索表示が下がります。よって、スマホ対応が求められる時代になったことは言うまでもありません。

女性ターゲットならスマホ対応ホームページがなければ意味が無い!

若年層のスマホ利用率は7割超と2014年の実績になる。そして、多くの女性はスマートフォンでLINEやFacebookを利用する。そして、インターネット接続はスマホとなっている。先ほどめったに乗ることない電車に乗ったら帰宅と通の女性の殆どがスマホを利用していた。ここ長野県松本市でもまるで、法律で決められたローカル電車の乗り方のようにスマホを見ていた。
宇宙人がこの光景を見たら、なんと地球人は規則正しいの?と感じるだろう。

Googleモバイル検索のモバイルフレンドリーについて

Android系のスマホ利用者には、Googleモバイル検索を使う例がたしかにおおいいだろう。しかし、iPhoneユーザーとなるとbingの検索を利用スリューザーが多いいだろう。だからGoogleモバイルフレンドリーだけに通目してはいけない。しっかりとbingに登録する必要がある。

あなたのホームページがモバイルフレンドリーに指定されているかテストできるサイトがあります。
モバイル フレンドリー テスト»

ホームページを作るならスマホ対応サイト

レスポンシブルWEBデザインは、現在のサイトのデザインがグリット系でデザインされていれば、そのまま変更ができる。そんなサービスも長野県下の事業所様には提供しています。以下のサイトは、通常のワードプレスのカスタムサイトをレスポンシブルWEBデザインに変更した例です。

松本市工務店-木造自由設計住宅 木族の家

松本市工務店-木造自由設計住宅 木族の家

PC版の松本市工務店のホームページ

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ