モバイル

スマホ対応3つの方法

ホームページをスマートフォン対応にするには?

現在、弊社の長野県松本市のサイトでも50%近くのユーザーがスマートフォンで見ています。Facebookなどをスマホで利用しているユーザーも60%を越したようです。ホームページもスマホ対応の時代になりました。それでは、現在のホームページをスマホ対応にするにはどのような方法があるのでしょうか?3つの方法をお伝えします。

スマホ対応ホームページ

3つの選択肢があるスマホ対応ホームページ制作
1,簡易的に現在のホームページをスマートフォンサイトにする。
2,スマホ専用サイトを施策する(ホームページと別に)。
3,レスポンシブWEBデザインでホームページをそのままスマホサイトに対応させる。

1.簡易的にスマートフォンサイトにする

JavaScriptなどで簡単に今のホームページをスマホ対応にすることは可能です。このタイプのメリットは費用が余りかからない点であるが、デメリットは基本のホームページのデザインによっては上手く表示できないケースが多々がある。Googleがモバイルフレンドリーから警告を受ける可能性もあります。

2.スマホ専用サイトを施策する(ホームページと別に)

ホームページと別にスマートフォン専用サイトを作るのが、ベストの選択かも知れないが、デメリットとして、費用が掛かり、ホームページと別の運営をしなければならない。モバイルユーザーを取り込みたい時は、このタイプをおすすめする。

3.レスポンシブWEBデザインでホームページをそのままスマホサイトに対応させる。

最も人気のシステムがこのレスポンシブWEBデザインです。ホームページがそのままスマホやタブレットに最適化されます。ホームページの更新をすれば、スマホサイトのも反映されます。このタイプはリニューアルするか?サイトのシステムの変更が必要になります。スマホ専用サイトを別に作るより合理的です。

Googleがモバイルフレンドリーを実施しました。これによりモバイル検索では、スマホ対応されていないサイトやスマホで見えにくいサイトは検索表示が下がります。よって、スマホ対応が求められる時代になったことは言うまでもありません。

更に高度なモバイル対応

「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」
とダーウィンの進化論は、この経済環境でも企業の行き残りに策に通じるように私には思えます。

モバイルアプリ開発

インターネットの世界では、多くのサイトのアクセスを見ても、モバイルの方が、PCを上まってきました。WEBサイト制作は、レスポンシブWEBデザインという、PCでもスマフォでも通用するシステムに通用させる必要があります。更に新しいWEBテクノロージーやFacebookなどのサードパーティの対応も必要です。

2015年は、更に高度なモバイル対応が弊社に課せられた地方から発信するWEB制作会社の役割だと考えております。よって、モバイルアプリの開発も同様に行って参ります。

ATF制作担当責任者

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ