fbpx

ラディングページ

見込み客の関心度に合わせたWebコンテンツの制作

見込み客の関心度に合わせたWeb戦略

製造業や高額商品を販売する業態では、Webで販売は完結しません。これを私は、標準化されていない商品と言っています。つまり、アマゾンなどでユーザーが簡単に購入できない商品のことで非標準化されていない、顧客と対面をして、顧客にあったカスタマイズや顧客のオーダーによって作られる工務店や製造業・不動産などなどがあります。これらのケースでは、まずWebで見込み客を取り込むことを優先に作業を粉います。
そして、その顧客はウェブ上で標準化された商品のように購入を即決するわけでありません。ですから、その商品への興味・関心度の度合いが様々です。ですから、その見込み客の関心度に沿ったWebでのアプローチが必要です。

WEB制作 製造業

直ぐに結論を求める見込み客にはLP(ラディングページ)で訴求する

LP(ラディングページ)とは、一つの目的達成のために制作される縦長のWebページです。このLPを好むユーザーは、自分の求めている情報をまとめて、手っ取り早く求めている見込み客になります。ですからリスティング広告などを利用して、資料請求や相談・お問合せに誘導することによって、見込み客の「直ぐに知りたい!」「直ぐに欲しい!」という目的に応えることが出来ます。

商品情報をWebで吟味したい!企業を2〜3社に選択したい

Webで2〜3社に企業を選択するために、情報を収集する近い将来の購入予定者には、コンテンツ(内容)の充実が必要になります。まず、自社を好きになってもらうことが必要です。そのために見込み客が求める情報を丁寧に提供する必要があります。「こんなこと知っているよね!」と売り手は当然もコトと理解していても買い手が知らないことは沢山あります。ですから、「そもそも」的な基本的な情報から専門的情報まで、自社の商品・サービス・製品などを詳しく説明する必要があります。これには、ブログやメールマガジンがとても有効です。

見込み役への育成をWebで

Webとセールスメールやメルマガジンで見込み客への育成をする必要があります。展示会やイベント・見学会などに参加していただいた見込み客を自社のファンにするために、メールや電話なので、見込み客を育成するためのWebページを見てもらうことやPDFファイルなどを提供することで、MA(マーケティングオートメーションやCRM・SFAなどとの連携により、見込み客を育成して、取引先顧客に導くことが出来ます。

Web制作には、一つ一つの目的にあったページが必要

Webサイト・ホームページを感覚で作るのではなく、また、適当な同業者のWebサイトを真似するのではなく、自社の目的に合わせたWebサイトを制作する必要があります。「いい会社に!」という思いを載せたお客様に好きになってもらうWebサイト制作を行いましょう。
1.どんな目的をもってWebサイトを制作するのか?
2.そのためにどんなページが必要があるのか?
3.そして、どんな営業方法をするのか?

ホームページリニューアルの5つのポイント

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは