fbpx

ランディングページ

ランディングページこそが売上UPに直結したホームページ制作です。

専門サイトこそが売上UPに直結したホームページ制作

ランディングページでも専門の商品・専門のアイテムに特化したホームページを作る必要があります。弊社では、Webコンサルティングにより、予算の掛かるホームページリニューアル希望のお客様でも十分に予算をかけられなおケースでは、現状のホームページをそのままにして、商品やサービスの専門ホームページ制作をご提案します。多くの商品を掲載するカタログをカタログをに貼り付けたようなホームページでは、顧客に「買う気」を起こさせることはできません。ですが、多くのお客様はきれいなきれいなページを望みます。売れないきれいなホームページが必要な方には、弊社は合いません。弊社は、あくまでも業績を拡大することを目的としたホームページを制作します。これは、創業以来のホームページ制作のコンセプトです。

アートプランニング様アイアン看板専門サイト
アイアン看板専門サイト

専門サイトこそが売上UPに直結したホームページ制作

ランディングページでも専門の商品・専門のアイテムに特化したホームページは売りが下を量産できます。これがインターネット・Webの力です。多くの企業が多くの企業がページに様々な自社の紹介を載せて、「何を売りたいのか?」わかりにくいホームページを望みます。しかし、多くのユーザーが検索して訪れるのは、ランディングページなので。実績・お客様の声・Q&Aなどにアクセスは集中します。ですから、TOPページより重要なのはランディングページなのです。1ページで商品のことが完結できるページを制作することもオススメします。

コンサルテイング型戦略的Web制作制作とは?

ATFの主力商品で、成果を提供することを目的にした全国の中小企業向けホームページ制作です。このプランでも多くの専門ページを制作します。専門ページは、お店で言えば専門店です。多くのユーザーは付加価値の高い専門店の商品を好みます。

リクルートに強力な武器!ランディング型ウェブサイト

ランディング型ホームページとは?

ホームページは、 訪問者が欲しい情報を分かりやすく提供して、お問合せや資料請求、また、来店来社を即する複数の目的で制作されます。それに対して、ランディングページの目的は、 訪問者に特定の(1つの)アクション(行動)を起こさせることが目的となります。したがって、通常のホームページより目的達成率が高くなります。そして、営業目的ではなく、リクルート目的に制作されるランディング型ホームページですから、多くの資料請求の応募や会社説明会への導引が可能になります。

ランディング リクルートホームページ松本

社員を大切にする企業の姿勢を表現するリクルート用ランディングページ

上記のように1pで目的を完結できるウェブデザインになります。特に学生をターゲットにしたケースでは、スマホの動作を重要視します。重要なのは、企業の向かい入れる姿勢を表現することです。
そして、競合他社だけではなく、
例えば、製造業であれば、地域の製造業がすべて、リクルートに関しては、競合になるということです。社員を大切にする企業の姿勢を表現できるランディング型ホームページを活用してください。また、学生にも分かりやすい10年ビジョンを表現する必要もあります。

 リクルート専用ホームページについて

2階調の画像でTOPページの訴求力を高めるホームページリニューアル

自社ホームページリニューアルの2つの目的

今回、2018年版のATF Webサイトの一部リニューアルを行いました。これには二つの目的があります。その一つは、B TO B ビジネスを行っている企業様向けの2ランディングページと2階調の画像処理でテキストの訴求力を高め、これからのB To B 向けのホームページの方向性を示すためです。そして、もう一つは、自社の業績UPのためになります。弊社は、長野県でもマーケティング力とWordPressの開発当初からの経験などの豊富な会社ですのでホームページからホームページ制作のための相談を受け付け、実績を出すことにより受注を拡大しています。言い換えれば、ホームページからの受注が売上構成の新規顧客率が60%近くあります。その為、松本・長野・東京ともマーケティングやSEOに強いのが特徴になります。ですから、その他社にはない強みをアピールしています。

ATF-TOP ホームページ制作 松本

ランディングページの訴求力

B TO Bでは、基本的にそのまま営業プレゼンができるようにグラフなどを活用したランディングページを制作しました。また、もう一つは、企業考え方を知ってもらえるランディングページです。そして、このランディングページにTOPスライダーから直接アクセスできるスピード感のあるTOPページにしてみました。

ATFホームページ制作こんな企業様に1

縦型Webデザインとランディングページ こちらもご参考ください>>

Webサイトの傾向2018「今年ホームページを作るなら」

2018年のWebサイトはどんな感じでしょうか?

昨年、スマホファーストの時代が到来して、ほぼ、業態やターゲット別に見て、スマホでのWebサイトへのアクセス状況とデータは確保できています。最近の変化としては、リスティング広告を利用して、ランディングページを活用するケースとオウンドメディアマーケティングを活用した企業の運営するWebマガジンの、二つのWeb手法の傾向を多く見受けられます。また、弊社は、コーポレートサイト・ランディングページ・オウンドメディアのスマホファーストが昨年の実績となります。

松本ホームページ制作 ウェブトレンド

ランディングページとは?

わかりやすく言うと縦長のWebページです。これには、SEO対策ができないため、リスティング広告(PPC広告)を利用して、スピーディなリアルな成果が得られます。また、プロダクトローンチという手法で、メールで売り込みすることにより、商品活用情報や動画を使い商品教育を1週間程行って顧客化します。直接的な販売効果は高いのですが、利益率の高い商品やビジネスでないと広告費やプロダクトローンチ作成費で、費用対効果を得られないケースも発生します。

オウンドメディアマーケティングとは?

このマーケティング手法だと、広告費よりSEO対策に時間が掛かります。また、SNSの活用も出来ます。メリットは、ブランディングや長期顧客の駆け込みが可能になります。また、MA(マーケティングオートメーション)などの最新のマーケティングツールを用いて、インバウンドマーケティング・コンテンツマーケティングが可能になります。また、リアル店舗への導入も促進できます。

Webが中途半端では、効果が得られない時代

ユーザビリティやコンテンツの質が高くなければ、Webからリアルな効果が得られない時代になりました。また、その逆にしっかりとコンテンツを作り込み運営にPDCAサイクルで改善をおこなっていくホームページが信じられないほどの収益を生む時代です。

ランディングページとリスティング広告は、スピード感が重要

スピード感が重要なランディングページの理由

ランディングページ(LP)では、SEO対策に依存するのではなく、リスティング広告に集客を依存します。リスティング広告をクリックする人の特性を考えるとLPに於いても重要なのがスピードです。まず、リスティング広告を利用するユーザーの傾向を考えてみましょう。そして、費用は掛かりますが、この仕組のコンバージョン率(成果率)は高く、即効性のあるマーケティングの一つです。

ランディングページ

リスティング広告を利用するユーザーの傾向

ユーザーは何かを求めて、WEB検索サイトを利用します。ある程度、求めている商品や情報の知識がある人は、通常のウェブ検索にインデックスされているウェブサイトを選びクリックします。もしくは、上位ページの情報を探索します。ですが、ウェブ検索サイトページのTOPにあるリスティング広告を選択する人は、以下の2つの理由があります。

1.求めている情報を早く探したい(急いでいる・時間がない・せっかち)
2.求めているは情報ではなく、商品・サービスの購入

ランディングページの作り方

上記のようにリスティング広告を選択した人は、急いで商品を探しています。そのクリック先が通常のウェブサイトののページでは意味がありません。1ページで商品購入までの情報が順番に解説される必要があります。要するにスピード感のあるページを作らなければ、リスティング広告を利用した人は、次のリスティング広告を選んでしまいます。

プロダクトローンチに誘い込む

ユーザーがすぐに判断できない商品やサービスのケースでは、資料のダウンロードやお試しなどの企画をランディングページに設置します。プロダクトローンチに誘い込みます。プロダクトローンチとは、1日目・3日目・5日目とステップメールで、商品購入のための教育をユーザーにして、7日目に販売を締結させるマーケティングです。

ここまでが、ランディングページとリスティング広告で成果を得るための簡単仕組みです。

ウェブ制作で考えるユーザーの意識とは?

ウェブ制作において、ウェブデザインを行うときのユーザーの意識を考える

「ユーザというものはとにかく気が短い。このことはウェブデザインにあたって、肝に銘じておかなければならない」ヤコブ・ニールセン博士はつぶやいています。つまり、ユーザーの意識を考えたウェブデザインをしないと、クライアント(お客様)の業績アップをホームページで行えないということになります。ここで言う、ユーザーとは、ホームページを利用する人のことです。

ホームページ制作 松本

ユーザーが求めるもの

ネット上で標準化している商品を販売する場合には、他社の差別化は、デザインや親切感などをアピールする必要があります。そして、上記にあったようにスピーディにユーザーの求める商品やそのスペックを表示させる必要があります。ですからLP(ランディングページ)を作成するのはは効果的です。

その逆に複雑で、非標準化しているオーダーネイドやユーザーの知識があまりない商品を販売している場合は、商品の特色より、その商品でユーザーに提供できる他社との強みとなるユーザの問題解決策やユーザーが求める自己の変化にたいするコミットが必要です。

ユーザーの問題解決にコミットしたアプローチとは?

ライザップを例にすると、ダイエットは、太った人にとっても問題の可決策です。しかし、ダイエットで痩せるには、様々な方法、つまり手段があります。お金をかけなくてもできます。サプリでもできます。器具を買ってもできます。しかし、多くの方が継続できずに問題解決を断念しています。そこで、ライザップは、ある程度高額な料金を支払える何度もダイエットに挫折している人に向けて、「これなら成功する」と強にメッセージを画像やコピーライティングで訴えています。

このユーザーの問題解決にコミットすることが必要です。

ランディングページで思いを伝える

工務店ワークショップのランディングホームページ

縦にスライドするスマホでもPCでも最適化されているランディングページ。ホームページは画像の力で言葉は必要としない。「木のぬくもりに触れて欲しい!」という工務店の想いをWEBで表現してみました。

木族の家ランディングページ

松本市工務店ワークショップホームページ

画像さえ変更するればイメージが変わるランディングホームページ

このタイプのランディングページは画像を変えたりコピーライトを簡単に変えることが出来る。問題は十分なSEO対策が出来ないという点です。自社のサイトや検索広告などでアクセスを補う必要があります。

今回の場合は、本サイトのメニューに、このランディングページを設置しました。

本格日本瓦のホームページ@松本市

日本の伝統を守り続けて百余年の松本市和瓦専門ホームページ

松本市和瓦専門工事会社の加藤製瓦株式会社のホームページが完成しました。ランディングページのスライド付のサイトです。画像は高所作業車で電信柱ぐらいのところから撮影を行いました。信州の日本住宅の本悪的瓦や松本城・深志神社名などの作品を見ることができます。古き好き日本の伝統を守り続ける松本市の企業のプライドと思いのこもったサイトです。大きなモニターのPCで見ていただけると制作者のしあわせです。

和瓦

加藤製瓦株式会社のホームページ

ランディングページで見込み客を呼び込め!

ランディングページは、事業内容や製品内容が一目でユーザーに理解してもらえる。しかし、その最大の欠点はSEO対策にある。その対策としては、アドワーズ広告でターゲットを呼び寄せる必要がある。ランディングページ+アドワーズは最強のセールスツールとなる!また、コーポレートサイトと併用して利用すると更に効果的だ。

ATFでは、wordpress+スマフォサイト+ランディングページ=最強のWEBツールとして制作サービスを行っています。

コンデンス除湿機AZ 空気清浄機 修理代行サービス 便利屋

信州長野県の製造業を支援するランディングページ型ホームページ

モノづくり日本の製造業を支援するためにランディングページが、そのままホームページになったWordpressを利用したサイトを構築しました。長野県のモノづくりの製造業社は、いい製品は作りますが、新規顧客の獲得に繋がえるWEBサイト利用が遅れているように思われます。私たちも地域貢献の意味も含めて、私たちのノウハウを注ぎ込んだコストパフィーマンスのランディングページ型ホームページの制作サービスをはじめました。

製造業

ワイヤーカットフィルター放電加工機ISフィルター耐久性と価格の違い!

一般的な製図業者向けホームページも制作しております。

ホソダクリエイティブ

省力化機械各種設計製作・プレス機・多段プレス・サーボプレス・加工機・組立 機・給材機・搬送機・検査治具  ホソダクリエイティブ

SEO対策を棄て、稼ぐホームページを作るには?

SEO対策を棄てて、稼げるホームページを作るには?・・・ランディングページを制作して、Googleアドワーズから見込み客を呼びこむ!

ランディングページ集めました
ランディングページ集めました

目的を持ったユーザーを呼びこむ!

ランディングページで、商品やサービスを分かりやすく説明して、販売や契約に結びつける手っ取り早いWEBマーケティングです。もちろん、お問合せや商品申込みへコンバージョンされるのだが、お問合せと商品購入では、その方法は異なります。

1,お問合せに結びつけるには?
問い合わせフォームまで、導くユーザビリティが必要になりますね。そこには、「お問合せはこちら・・・」などでは誘導が出来ません。たとえば、「まずは、専門家に聞いてみる」などの誘いの言葉が必要です。そして、何よりもフリーダイヤルを目立たせる必要があります。

2,商品やサービス購入に結びつけるには?
この場合では、購入ページまでの導きや、このページにはグローバルメニューは不要です。つまり、購入を再考する機会を与えないことです。ユーザーには、スピーディに購入ボタンを押していたいただくことです。

SEO対策を棄てて、成果はアドワーズで決まる!

SEO対策に時間やお金を掛けるよりも、アドワーズで見込み客を呼び込むのが、費用対効果を考えても最良の選択だと考えます。もちろん、商品やサービスの特質によります。ビジネスでは、時間は資産です。その資産をムダにしないためにも、私はランディングページとアドワーズの組み合わせをオススメします。また、逆にどんな優れたランディングページを制作しても、そこに導く策がなければ、意味がありません。

キャドライズのランディングページ»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは