リスティング広告

ランディングページとリスティング広告は、スピード感が重要

スピード感が重要なランディングページの理由

ランディングページ(LP)では、SEO対策に依存するのではなく、リスティング広告に集客を依存します。リスティング広告をクリックする人の特性を考えるとLPに於いても重要なのがスピードです。まず、リスティング広告を利用するユーザーの傾向を考えてみましょう。そして、費用は掛かりますが、この仕組のコンバージョン率(成果率)は高く、即効性のあるマーケティングの一つです。

ランディングページ

リスティング広告を利用するユーザーの傾向

ユーザーは何かを求めて、WEB検索サイトを利用します。ある程度、求めている商品や情報の知識がある人は、通常のウェブ検索にインデックスされているウェブサイトを選びクリックします。もしくは、上位ページの情報を探索します。ですが、ウェブ検索サイトページのTOPにあるリスティング広告を選択する人は、以下の2つの理由があります。

1.求めている情報を早く探したい(急いでいる・時間がない・せっかち)
2.求めているは情報ではなく、商品・サービスの購入

ランディングページの作り方

上記のようにリスティング広告を選択した人は、急いで商品を探しています。そのクリック先が通常のウェブサイトののページでは意味がありません。1ページで商品購入までの情報が順番に解説される必要があります。要するにスピード感のあるページを作らなければ、リスティング広告を利用した人は、次のリスティング広告を選んでしまいます。

プロダクトローンチに誘い込む

ユーザーがすぐに判断できない商品やサービスのケースでは、資料のダウンロードやお試しなどの企画をランディングページに設置します。プロダクトローンチに誘い込みます。プロダクトローンチとは、1日目・3日目・5日目とステップメールで、商品購入のための教育をユーザーにして、7日目に販売を締結させるマーケティングです。

ここまでが、ランディングページとリスティング広告で成果を得るための簡単仕組みです。

売れるECショップサイト・ネット通販ショップサイトを作るなら

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトを運営するなら
投資対効果(WEB ROI)を考える

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトなどのショッピングサイトでのターゲット設定・扱う商品の原価から配送・リスティング広告・ホームページ制作費・運営費を全て考慮してどれだけ投資すれば利益が出るのか?投資対応可WEB ROIを考えて制作を始めてください。

ショッピングサイト

ターゲットを絞り込んだECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作

ECショップサイト・通販ショップサイト制作のターゲットを絞り込んことにより、ユーザーは分かりやすいショッピングサイトとなるだけではなく。リスティング広告・EO対策の面からも費用が抑えられる。よって販売成績も販売利益も高くなります。

リスティング広告とSEO対策ではECショップサイト・ネット通販ショップサイトのコンバージョン果てた違いに変わる

見込み客をリスティング広告からのユーザーとSEO対策でオーガニック検索からのユーザーでは購入結果に至るコンバージョン率は桁違いに違う。リスティング広告からのコンバージョン率は上手にECショップサイト・ネット通販サイト制作すれば30%以上獲得できる。この場合商品の原価率にも関係するがリスティング広告を出せば出すほど売れる結果になる。ちなみにSEO対策の結果オーガニック検索からのユーザーの購入率は0.3%程度になる。

リスティング広告からのユーザーは「早く買いたい!」という思いが強いようでスピーディに求める商品を購入できるようなユーザービリティの確保が必要です。

ECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営に力を入れる

一度購入したユーザーに対してのリピートを即するメールマガジンやセールスメールの活用・販売キャンペーン等の企画・送料の無料化など様々な作業がECショップサイト・ネット通販ショップサイトの運営には必要です。そのための人件費も投資対効果でシュミレーションしてからECショップサイト・ネット通販ショップサイト制作依頼をはじめて欲しい。

長野県松本市ホームページ制作会社ATFではECショップサイト・ネット通販ショップサイトを始めようとするお客様向けに投資対効果が分かる税理士の作成したシュミレーションサービスを行っております。

ホームページで成果を得るための最短の近道とは?

ホームページで成果を得る為の最良の方法はSEO対策ではない

いま、ある会社の社名で検索するとGoogle AdWordsは、その会社の上に競合の広告が表示される。ようするに競合に自己のSEO対策の成果を横取りされる可能性がある。そこで、Google AdWordとSEOの比較をまとめてみた。

  1. 1、キャンペーンやタイムリーなキーワードには、SEO対策では対応出来ない。
  2. 2、SEO対策のキーワード設定から外れたキーワードでも対応出来る。
  3. 3、無料ブログなどやアドセンスをしているサイトでも表示される。
  4. 4、Google AdWords広告費の方が経費的に明確で効果がSEO対策より得やすい。



3の部分では、Yahooのリスティング広告とGoogle AdWordsの大きな違いだ。

How To Advertise your Business google adword

Google AdWordsの最大の欠点

多機能なGoogle AdWordsは、多機能な上に利用が面倒になる。細かな設定をしっかりやっていれば、その効果があるのだが、間違った設定をしてしまうことがある。Googleは5,000円程度のクーポンを配布しているがm一般の企業が効果的ななGoogle AdWordを利用するには、少しハードが高いようだ。当然ATFでもクライアント様のベネフィットを得る為の戦略の一つとして、Google AdWordsを提案している。もちろん、Google Analyticsと併用した活用をWEBマーケティング戦略と同時に提供している。

Google AdWordsについて、お気軽にお問い合わせください»

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ