リニューアル

ホームページリニューアルの5つのポイント

ホームページのリニューアルの必要性とその方法

ホームページのリニューアルでは、2つのケースがあります。全てを新規に制作する必要があるケースと、そうでないケースがあります。現在のサイトのコンテンツがある程度充実しているケースでは、それを見やすくしたり、スマホファーストすることにより経費も押さえながら、効果を得られるケースがあります。

また、ホームページをWordPressなどで構築されている場合は、ある程度容易にリニューアルができます。しかし、その反対に、ホームページがかなり前(5年以上前)に制作されたものや、内容が企業パンフレット的なものである場合は、新しく目的から設定をし直した方がいいケースになります。

ホームページリニューアル

ホームページリニューアルの考え方

ホームページリニューアルの5つのポイントを以下に説明します。
1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする
2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルリニューアルをする
3.他社分析をしてホームページリニューアルをする
4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる
5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

1.SEO対策を考えて、ホームページリニューアルをする

まず、自社のビジネスに対して、ユーザーが検索するであろうキーワードを調査する必要があります。様々なツールを利用するのもいいですが、実際にGoogle検索などで、予想されるキーワードで調査をする必要があります。ウェブ細作会社などに任せることなく、自分で調査してから、ウェブ制作会社に相談する方がいいかもしれません。
また、SEO対策に強いウェブ制作会社を選ぶ必要があります。

2.スマホファーストを考えて、ホームページリニューアルをする

スマートフォンでの表示を優先して考える必要があります。文字を大きく、文字数を制限する必要もあります。自社のセールスポイント・ストロングポイントなどをしっかりまとめて置く必要があります。

3.他社分析をしてホームページリニューアルをする

競合他社のサイトを充分に分析する必要があります。そして、他社のサイトより、「見やすい」「わかりやすい」「親切」「明るい」これらの点で、優れているホームページを作らなければなりません。

4.現在のホームページの問題点の解決策をホームページリニューアルに反映させる

当然のことですが、1ページずつ改善点を見つけて、その対応をリニューアルページに反映させます。もし、充分なコンテンツのページがあれば、そのまま流用して、ナビゲーションなどを充実させます。そこで経費を抑えることができます。

5.現在のビジネスのターゲットの思考を調査して、ホームページリニューアルをする

自社のターゲットを絞り込んでください。そのターゲットが商品やサービスを購入する時にどんなことにネックを感じるのか?それらを調査して、その対策を練る必要もあります。

サイトリニューアルゴミに関するお悩み解決

松本市のゴミに関するお悩み解決業ゴミ処理のサイトをリニューアルしました

長野県と近隣2県の産業廃棄物収集運搬をメインに、地域に寄り添う環境を美化を目指す、松本市のゴミに関するお悩み解決業者様です。
マルチディバイス対応のレスポンシブWEBデザインによるスマートフォンファーストの一般の方向けのウェブサイトです。
長野県松本市の産業廃棄物収集運搬業者様のリニューアルサイトとして公開いたしました。

松本市のゴミに関するお悩み解決業者様 有限会社ディブロップRe

松本市の産業廃棄物収集運搬業者有限会社ディブロップ

フラットデザイン・常時SSLでリニューアルしましたATFWEBサイト

2016年ありがとうございました

株式会社エイ・ティ・エフは、2016年12月28日より2017年1月4日まで、年末・年始の休業をいたします。本年は、16サイトのサイトを公開させて頂きました。クライアント様、またご支援いただいているみなさまには、心より感謝いたします。来年は更に出会った企業様をウェブとマーケティングの力で、大きな変化して頂ければ思っています。
そのための研究・開発や学びを一層高めてまいります。
また、ブログの購読者の皆様においては、更に皆様のウェブライフにお役に立てるよう多くの情報を提供してまいりますのでよろしくお願いいたします。
本年もありがとうございます。

フラットデザインリニューアル

フラットデザインでWEBATFトップデザインに変更しました

トレンドのフラットデザインのウェブサイトをお客様に薦める前にATFで実行してみました。「ウェブで楽しく!」「分かりやすく!」そんなテーマで、スマホファーストのウェデザインです。

常時SSL化を実行しました

Googleがセキュアの警告を出すと噂されている常時SSL化を実行しました。ATFで制作されるウェブサイトはこれから常時SSLが標準となります。

ウェブ制作リニューアル後のPDCA

ウェブ制作の成功への道

弊社では、ウェブ運営プランをウェブ制作時にご提案いたします。それは、ウェブを死なせないものではなく、ウェブ最高に導くためのものです。そこで活用されるのが、PDCAサポートです。

pdca

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

上記のサイクルで、制作されたウェブサイト(ホームページ)の評価をしながら、改善を行っていくものです。

ユーザーの評価を常に監視して対応する

ウェブ制作は、単なるスタートで、ユーザーの評価に対応して、ウェブの修正・変更・追加を行う必要があります。マーケティングとは、常にユーザーの評価を素直に受け止め対応することだと考えています。その弊社は、このPDCAサポートサービスをい充実させていきます。

岡谷市外構工事屋店ホームページリニューアル

岡谷市の庭工事・外構工事屋さんのホームページをリニューアルしました

この外構工事・庭工事の専門店のウェブサイトには、スマートフォンからのアクセス(60%強)がPCからのアクセス(30%強)となっていました。また、Facebookなどの利用からもスマホ対応の重要性がありました。正月などのアクセスの多いい時期を見計らい、今までのコンテンツを残したままスマホ対応のマルチディバスウェブサイトにリニューアルしました。変更したのは、TOPと各ページのスマートホン対応のレスポンシブWEBデザイン可です。

ouchimawari

現在のコンテンツを残したままスマホ対応のマルチディバスウェブサイトにする賢いリニューアル。

お家まわりのリフォーム屋さんのホームページはこちら

ホームページをリニューアルする時の注意

悪質クラッカーの攻撃ホームページリニューアル

最近、またこの松本市周辺でのサイトに悪質クラッカーの攻撃が目立ちます。通常のユーザーは、ウェブ制作会社の責任と感じているようですが、レンタルサーバーの管理は、業務のうちですが、その責任は通常ありません。つまり、ユーザーの自己責任になります。
もちろん、弊社では、サポート内で対応しております。

それでは、本題のホームページのリニューアルについて、注意点を解説しましょう。
せっかく、長年のホームページの運営で評価を得ているのに、リニューアル公開後その評価を下げないようにリニューアルしてください。

 1、Wordpressに変更時は、この悪質クラッカーの攻撃の対処ルールお決めておくことです。
 2、レスポンシブルデザインにして、スマートフォンに対応すること。
 3、リュールアル前のGoogleにインデックスされているURLをリニューアル時にも利用する。
 4、以前のサイトのページランクやアクセス解析を保存しておく。
 5、以前のサイトのバックアップを保存しておく。

くわえて、CMSで再構築する場合、無料ブログなどのコンテンツを新しいブログに移管することもくわえてお勧めします。

一般の方には、分かりづらいないようですが、ウェブ制作会社に事前に確認してください。もし、この対応が出来なようであれば、他のウェブ制作会社に依頼してください。

松本市:ホームページ制作を知っておきたいこと!

松本市周辺の多くのクライアントに接して、感じたことが、自分のビジネスに対してのメモリーが整理されていないということだ。まず、建設会社であれば施工例となる。店舗であれば、顧客の喜んだ顔写真やサイトを構築する時のためやリニューアルするときのために準備しておいて欲しい。そして、成功するホームペジの作成方法についても同様だ。

行列の出来るホームページとは?

まず、顧客の満足度を高める為のサイトであり、その顧客サービスを見て、ユーザーはそのサイトの企業や店舗を利用する。つまり、ホームページでアピールするものは、商品やサービスではなく、顧客を満足させるためのシステムを良し悪しがキーポイントとなる。簡単にいえば、どれだけ顧客が喜んでいる様子や情熱をもってビジネスを行っているかをアピールすることだ。「この商品いいですよ!」アピールするより「このお店いいよ!」とユーザーが伝えるほうがアピール度は高い。

ホームページの周辺はどうするの?

ホームページをリニューアルする時に過去の失敗例を見つけてみよう。SEO対策も専門の知識のある業者に依頼してサイトのマスタープランを作る必要がある。以下は、グーグルの検索エンジン最適化(SEO対策)の一文です。

SEO 業者に確認すべき質問には次が挙げられます

  • 過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
  • Google のウェブマスター向けガイドラインに従っているか。
  • 通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
  • 期待される結果とその日程、成果を測定する方法。
  • 同業種での実績。
  • 国内/地域での実績。
  • 外国語サイトの開発経験。
  • 最も重視している SEO 技術。
  • 創業年数。
  • 連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。

下記のようにホームページを取り巻く様々な要素まで、考慮してホームページ作りを行わなければならない。また、WEBマーケティングに十分な知識がある業者に尋ねる必要もある。WEBデザインができるからと言って、WEBマーケティングが理解出来るとは限らない。いや、ほとんどWEBデザイナーは理解していない。つまり、あなたのビジネスに適合したソーシャルメディアや広告などの利用やそのオペーレーションも必要になるということだ。

サイトをリニューアルする前に!

業者に確認しておくべきことがる。既存のサイトの欠点とその対策はもちろんであるが、クライアント(発注)側でも多少の勉強をしておきたい。そして、最低、以下の部分だけは尋ねるようにしてください。

システムの拡張性・・・現在は、CMSが主流で、そのシステムの拡張性を訪ねておこう!例えば、WordPressなどを利用するのでは拡張性の心配はない。
公開後の修正と変更・・・WEBサイトは公開してから変更が生じる場合は少なくない。その辺の対応と料金について
サーバーとドメインについて・・・サーバーの管理は、WEBデザイン会社で管理してもらっても契約は直接レンタルサーバ会社としておこう!ドメインは、WHOSの登録をしっかりしてもらう。この辺は、よく問題になる。ホームページ制作者と連絡が取れなくなり困っているクライアントを多く知っている。
SEO対策について・・・実績を示してもらうこをオススメする。
モバイルの対応・・・スマートフォンや携帯の対応を事前に決めておく
ショップサイトの構築・・・サイトの拡張によりショップサイト・ECサイトの構築が以後可能なのか?サイトの将来性についても訪ねておこう!

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ