レスポンシブWEBデザイン

経営者・ウェブ担当に最適知っておいて欲しい最近のウェブ制作。

モバイルファースト・スマホファーストのウェブサイトとは?

ホームページのリニューアル、もしくは新規にホームページを作りたいなんて企業の経営者・ウェブ担当様にまず、知っておいて欲しいのはモバイルファースト・スマホファーストのウェブサイトの考え方です。多くのユーザーのウェブサイトへのリーチがスマホからという時代になっております。そこで、レスポンシブWEBデザインを基本にして、各スマホデバイス・モバイルデバイスに調整さくれたフラットデザインの縦長ウェブデザインが主流になっております。それは、制作費も従来の制作費の2倍以上掛かります。それは、レスポンシブWEBデザインとは、スマホ・タブレット等に最適はされるのですが、スマホのブラウザやサイズに合わせて、調整(個別に異なる設定)が必要になるからです。

モバイルファースト

スマートフォン対応ウェブサイト一言に言っても

従来は、PCサイトとスマホサイトの両方を制作していました。また、簡易的にスマホ対応していた時代があります。しかし、現在は、ウェブサイトの同じプログラムをスマホ向けに変動させたりするレスポンシブWEBデザインの時代です。PCでブログを更新すると同時にブログも更新されます。また、Googleでは、モバイル対応したウェブサイトの検索順位を評価する基準のともなっております。言い換えれば、このレスポンシブWEBデザインを利用すのとスマホ検索のSEO対策にもなっているということです。

モバイルファースト・スマホファーストの考え方

ウェブサイトのスマートフォン表示時に見やすいサイトデザインや動きのあるデザインを行います。それが、PCなどの表示でも見やすくい縦長ウェブデザインになります。そして、この時のデザイン条件がフラットデザインとなります。例えば、ナビゲーションボタンなどにも凹凸のないデザインで、これは画像などを多様化させず、CSSという言語でサイトを軽量化し、各ディバイスに応じて変動(形を変える)させるために利用されます。

つまり、このフラットデザインは、ウェブのデザインだけをするデザインナーでは、書くことができない面倒なものになります。それは、各デバイスにより変動するデザインのことを理解しなければなりません。そのためウェブ制作時ににはウェブ制作会社の技術力を探る必要があります。自社で開発できないシステムなら外注に発注するケースもあります。ますます、ウェブサイト制作経費は高騰します。

モバイルファースト・スマホファーストのサイト出来るウェブ制作会社

経営者・ウェブ担当様がウェブサイトのリニューアル・新規サイト制作を考えている時には、このモバイルファースト・スマホファーストのサイトを作っているウェブサイト制作会社の制作実績やその制作会社のホームページを確認することです。そして、PCではなく、スマホなどで、そのサイトを確認してください。ウェブサイト制作は、以前より費用が掛かる時代になっております。慎重にご確認んください。

茅野市工務店ホームページリニューアル

茅野市の工務店ホームページ

今回は、茅野市の工務店の縦長WEBデザイン & レスポンシブWEBデザイン(スマホ対応のマルチディバイスサイト)をリニューアルしました。現在、工務店と言ってもヘルメットを被った社員たちがいるわけではありません。インテリアコーディネータとか女性スタッフと専門スタッフがショールームでお客を迎えます。このサイトのコンセプトは「コンパクトだけで多いがいっぱい詰まった住宅」です。お客様の笑顔いっぱいの画像をメインに4つのカテゴリーの商品が紹介されます。

スマホでサクサク快適ウェブサイト

スマホでは、縦長WEBデザイン特有の快適にサクサク動き、サイトの呼びこみを一度ではなく、スクロールごとに読み込ませています。これによってユーザーが外出時に4G回線でウェブに接続しても快適にウェブサイトを閲覧できます。

NEW_bliss

株式会社 ブリスライフ様ホームページ

工務店の輸入住宅紹介ホームページ制作

工務店のカナダからの輸入住宅を紹介するホームページを制作しました

北米テイストのハリウッド映画に出てくるような本格的な輸入住宅を作る松本市住宅会社のウェブサイトです。こだわりのある住宅なので、写真を十分見てらうことでイメージを伝えられるようにしました。スマホ表示がとても見やすいサイトになっております。8パターンのスマホブラウザーの調整済みのサイトです。
もちろん、WordPressレスポンシブWEBデザインです。

カナダからの輸入住宅

株式会社スペースウェアハウス様ホームページカナダからの輸入住宅紹介サイト

松本市レストランウエディング・スマホ化ホームページ制作

松本市レストランウェディングホームページのスマホ化とTOPデザインの変更

レスポンシブWEBデザインによるサイトのイメージチェンジを行いました。TOPデザインをランディングページ型のマルチディバイス対応のホームページに変更しました。レストランウェディングだけでなく、カフェやパーティ予約などの要素を取り入れた通常の結婚式場とは異なるイメージを訴求しています。他社との差別化のスタートはウェブサイト(ホームページ)から行われます。

今のウェブサイトにご不満のある方は、お気軽にご相談ください。ちょっとしたテンプレートなどの変更で予算を抑えたウェブサイトのイメージチェンジが行えます。

mamma-mia

マンマミーア様ホームページはこちら

新しい時代のウェブデザイン思考

ウェブデザインも大きく変わっていく

2015年を振り返ると殆どのサイトが異常なほどのスマートフォンからのアクセスが増えた。ある業態など70%近くがスマホサイトからWEbサイトを見る時代となってます。

業種別ホームページ制作

ユーザーは企業のサイトを検索する時も複数のキーワードを挿入して、あまりTOPページを見ることは少なくなった。要するに、ホームページであってもTOPページの意味があまりなくなったようです。そんな時代を迎えてウェブデザインも以前のスタイルと大きく変わってきた。

スマホを意識したウェブデザイン

TOPページのアクセス率は20%程度なっている今、ブラウザーのサイズ以下を見る人は10%以下となっています。つまり、TOPのビジュアルと探している情報を得るためのメニューからユーザーは自己の求めるページを探しています。そのような状況からスマホ対応の意味も含めて従来のTOPページのように、あまりコンテンツを掲載するよりスマホでユーザーがホームページにアクセスするのために軽くわかりやすくするべき時代に入りました・

アメックスホーム様ホームページリニューアル

スマホを意識したからこのようなウェブデザインになる

弊社の長野県松本市ホームページホームページ制作ウェブサイト制作長野・松本・東京ATFなスマホ重視型のスタイルになっていきます。簡単に解説するとスマホで見た時の動きを重視したホームページ制作になります。
スマホ時に動きのあるレスポンシブWEBデザインを採用するのが常識の時代になりませした。

オールディバイス対応のデジタルデザインの時代

全てのディバイスに最適化したデザインとウェブシステムを活用した時代となりませした。もちろん、Wordpressを駆使して制作する時代になると今までのような技術力では、これらのウェブサイトを制作することができなくなりました。つまり、多くのウェブ制作会社が新しい時代に対応できるのかという問題が発生します。

時代が変化すると失われるものもあります。しかし新し時代のオールディバイス対応のデジタルデザインの時代が始まったようです。

庭づくりデザイナーのウェブサイト制作

ガーデニング空間設計SOBO様ホームページ公開

長野県松本市のガーデンニング設計・施工会社空間設計SOBO様ホームページが完成いたしました。もちろん、スマホ対応のレスポンシブWEBデザインによりGoogleモバイルフレンドリー対応になっています。

>Googleモバイルフレンドリーでホームページ公開

最近制作するホームページの多くはモバイル対応の意識が高く、特に庭に関心を持つ女性はウェブをスマートフォンで利用するのが一般的になりました。つまり、スマホ対応がユーザーの心を掴むのには前提となります。そこで今回のホームページはPVCでもスマホでも最適化されたホームページ制作を行いました。

空間設計SOBO様ホームページ

Googleモバイルフレンドリーについて

Googleモバイルフレンドリーとは、Googleがスマホ対応されたホームページをモバイル検索で上位表示を優先する仕組みです。より最適なサイトを検索表示させることがGoogle検索の目的です。あなたのホームページがGoogleモバイルフレンドリーに認定されているかについては、以下のサイトで確認できます。
モバイル フレンドリー テスト

空間設計SOBO様ホームページ

今のホームページをそのままでスマートフォンサイトへ

今のホームページをそのままスマホサイトを作る!

弊社では、現在のあなたのホームページをそのままスマートフォンにすることをオススメしています。Googleもスマホ検索では、スマホ対応サイトもしくは、スマホ専用サイト以外を除外されるような発表がありました。Facebookなどは60%以上がスマホ利用者であることから、リンク先がスマホ対応サイトになっていないとビジネスでの活用が望めなくなります。

レスポンシブWEBデザイン

そこで、弊社は、WordPress化と同時にレスポンシブWEBデザイン化したスマホ対応サイト化へのサービスを行っております。今のホームペーをリニューアルしないで検索サイトに強いホームページをスマホ対応に修正いたします。

モバイルfリfendlyスマホ対応

Googleスマホ検索では、上記の画像のようにスマホ対応サイトイの検索結果にはスマホ対応というモバイルフレンドリー表示されます。

ホームページを更新すればスマフォサイトも更新されます!

レスポンシブWEBデザインでは、モバイルディバイス(タブレット・スマホ)に最適化されたデザインに変更するシステムです。よって、ホームページでのブログ更新などは、そのままスマホサイトに反映されます。よってスマホ専用サイトを制作する無駄な経費も必要ありません。

長野県下では少ないWorpressの使い手のいるATFの技術が光ります!

»Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法

ウェブマスター向け公式ブログ Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報には以下の様な記述があります。

Googlebot によってクロールされ、以下の条件を満たしたページは、[スマホ対応] ラベルが適用される可能性があります。
携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること
ページがモバイル フレンドリーの条件を満たしているかどうかを確認するには:
モバイル フレンドリー テストでページを確認します。
Google のウェブマスター向けモバイル ガイドの最新のドキュメントで、モバイル サイトの作成方法と改善方法を確認します。
Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートを確認します。このレポートには、1 つのページだけでなくサイト全体における主要なモバイル ユーザビリティの問題が表示されます。
CMS (コンテンツ マネジメント システム)でホストされているウェブサイトを、モバイル フレンドリー テンプレートに移行する場合は、WordPress や Joomla などのサードパーティ ソフトウェア向け手順ガイドを確認します。

»検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ