問題解決

ウェブ制作で考えるユーザーの意識とは?

ウェブ制作において、ウェブデザインを行うときのユーザーの意識を考える

「ユーザというものはとにかく気が短い。このことはウェブデザインにあたって、肝に銘じておかなければならない」ヤコブ・ニールセン博士はつぶやいています。つまり、ユーザーの意識を考えたウェブデザインをしないと、クライアント(お客様)の業績アップをホームページで行えないということになります。ここで言う、ユーザーとは、ホームページを利用する人のことです。

ホームページ制作 松本

ユーザーが求めるもの

ネット上で標準化している商品を販売する場合には、他社の差別化は、デザインや親切感などをアピールする必要があります。そして、上記にあったようにスピーディにユーザーの求める商品やそのスペックを表示させる必要があります。ですからLP(ランディングページ)を作成するのはは効果的です。

その逆に複雑で、非標準化しているオーダーネイドやユーザーの知識があまりない商品を販売している場合は、商品の特色より、その商品でユーザーに提供できる他社との強みとなるユーザの問題解決策やユーザーが求める自己の変化にたいするコミットが必要です。

ユーザーの問題解決にコミットしたアプローチとは?

ライザップを例にすると、ダイエットは、太った人にとっても問題の可決策です。しかし、ダイエットで痩せるには、様々な方法、つまり手段があります。お金をかけなくてもできます。サプリでもできます。器具を買ってもできます。しかし、多くの方が継続できずに問題解決を断念しています。そこで、ライザップは、ある程度高額な料金を支払える何度もダイエットに挫折している人に向けて、「これなら成功する」と強にメッセージを画像やコピーライティングで訴えています。

このユーザーの問題解決にコミットすることが必要です。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ