営業

戦略と戦術で営業力を強化するWeb制作

戦略と戦術の違いを理解したWeb制作

戦略とはなんなのか?戦術とはなんなのか?しっかりと考え営業力を強化したWeb制作を考えてみましょう。そして、どのくらい売上を上げればいいのか?そのために必要なツールは?そもそも今の商品にユーザーは、飽きないのか?更にユーザーが求めるものは何なのか? これらを考えて、営業力を強化しなければなりません。その営業プロセスで、どの部分が強化する必要があるのか?そこまで探って業績UPに繋がる戦術を考えてみませんか?

ホームページ制作 松本市 会議

戦略と戦術の違い

戦略とは、戦いをしない方法を考えるということです。いかに敵のいない、自社に有利な戦略を打ち出すかということです。例えば、同じ商品で競合していても市場が若干異なるケースもあります。市場を細分化して戦略を考えることが必要になります。そして、戦略を考えるより現実的に難しいのが戦術です。意外とプランが固定化されます。例えば、Webを強化するという戦術では、不足です。Webでどの営業プロセスを強化するのか?どの段階のユーザーを取り込むのかを意識する必要があります。

見込み客に商品関心度の段階がある

「今すぐ購入したい」「商品の検討段階」「いずれ購入したい」と購入者には段階があります。そのどの部分に集中するのか?もしくは、すべての段階に対応するのか?(目的がボケる) また、自社の営業部分でどの項目が弱いのか?集客なのか?クロージングなのか?リピーター対策なのか?この辺も具体的に決める必要があります。もし、すべてを対応するなら、ひとつずつをしっかりと見つめてコンテンツを制作する必要があります。

絶対に成果を出す!

絶対に成果を出すとプロジェクトチームが心を一つにする必要があります。戦略より戦術の方が多くの人を巻き込むことになります。また、そもそも戦略自体が間違っているのではないかと思われるケースもあります。その辺は、常にPDCAサイクルで修正する必要があります。一番問題なのは、「決まったことだから」といい加減な進行をしてしまうことです。常に目標と目的ありきのプロジェクトを進めましょう。

ウェブサイト活用と営業組織の役割分担

ホームページと営業組織の役割分担

ただ、営業成績向上・売上アップを目的にホームページを作るのではなく、営業組織の具体的な課題を抽出して、ホームページでの役割分担をする必要があります。ホームページを活用して、営業に役立てるという方法の方が結果的にリアルな成果をホームページから得やすい業態があります。特に B TO B 関連の業態で、更にホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明を必要とする商品・サービス・製品を販売する企業には、この考え方が重要になります。

ホームページ制作 松本 営業

ホームページでは購入行動に至らない複雑な商品説明が必要

オーダーメイド商品や製造業や工務店など、Webで簡単にユーザーがその商品を判断できるようなものでない場合は、ホームページで即販売に結びつけるのではなく、営業のための情報を得る目的や営業後、ホームページやWebツールを活用して、営業成果に役立てる方法があります。ですから、営業のプロセスで、ホームページやWebツールをどのプロセスで活用するのかを決める必要があります。

営業成績を向上させるための問題点とは?

営業のプロセスで、どの部分が成果を得るためのイメージができない部分なのかを検討する必要があります。例えば、実績の紹介などをホームページで行うとか?資料より分かりやすいデモ動画で確認してもらうとか? 様々なホームページの活用方法があります。また、ウェブマーケティングを活用しやすい部分などは、ホームページに任せて、他の営業活動を集中して行う方法もあります。つまり、人的に顧客と触れ合う部分と、ブログなどを見てもらい営業成果に結びつける方法があります。

領域を区別して、役割分担を行う

例えば、これから攻めるべき商品を人的営業に委ね、育てるべき商品のみをホームページで特化して訴求する方法もあります。新規顧客を獲得するには、「選択と集中」の考え方で、ホームページとリアル営業をはっきりと区別して、トータルで売上実績を上げることもできます。または、オンラインセミナーやビデオチャットなどの利便性と生産性を高める作業をWebに依存する事もできます。

目的を持ってホームページを作る

目的をしっかりと定めたホームページ制作が必要です。もちろん、業績アップを実現するホームページ制作であっても、Webの特性と現状の問題点をしっかりと捉えた目的設定が、最終的な業績アップに繋がるホームページ制作となります。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ