fbpx

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金でHPを作るには?

補助金をもらってホームページを制作する

平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金がスタートしました。詳しい内容は、PDF平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金をご覧ください。基本的には、50万円までの補助金がもらえますが、ただのホームページ制作では、受託が難しいようです。たとえば、MA(マーケティングオートメーション)などを利用して、目的を明確にして、ホームページ制作の成果が出せる見込みを説明する必要があります。もちろん申請書の書き方が一番重要になります。企画自体が小規模事業者持続化に役立つかが審査のポイントになるでしょう。毎回、難しくなっていくのも事実です。

補助金

60歳以上経営者の会社の申請がお得

事業承継で加点ポイントがもらえるようです。また、過疎地なども加点ポイントの対象です。弊社は認定経営革新支援機関で、ものづくり補助金・IT導入補助金などの申請代行も行っていますが、この小規模事業者持続化補助金では、受託後自社でホームページ制作を行っていただける企業様に限定して申請書作成支援を行っております。是非お気軽にお問合せください。

小規模事業者持続化補助金の支援

小規模事業者持続化補助金とは?

商工会・商工会議所が窓口になって、小規模事業者にホームページ制作や広告制作のための補助金を最高75万円まで補助してくれる国の補助金です。毎年、数回実施されます。年明けにも実施されるかもしれません。毎年、小規模事業者持続化補助金を受託されたホームページ制作を行っております。また、小規模事業者持続化補助金ともども、ものづくり(サービス含む)中小企業支援・技術革新・ IT 化支援・省エネ対策・知的財産支援・経営支援体制・経営強化法による支援やIT 導入補助金が開催されるようです。これらの補助金の資料作成などは、認定経営革新等支援機関である弊社も当然ながら支援を行います。とくに経営強化法に基づく経営向上計画・早期経営計画などの作成も有料となりますが支援させていただきます。
補助金については、こちらから

補助金 ホームページ制作 松本市

補助金の欠点

補助金を得るためには沢山の書類作成や時間を有します。そこで、ビジネスチャンスを逃してしまいます。また、国の策どうりに現実の市場が求めているものと異なるケースもあります。また、補助金ありきの計画では、経営計画に支障が発生します。

しかし、それでも補助金

補助金を上手に使用することは、経営のプラスになるケースも多々あります。また、ホームページ制作の予算を捻出できない企業様なら補助金活用も必要でしょう。そんな企業様(個人事業主は除く)を弊社としては、支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは