業績向上

ユーザーの問題解決を行うためのウェブ制作

ユーザーの問題解決にコミットするウェブ制作

「B TO B」・「B TO C」とも、人や企業が購買行動を起こすには、購入者の問題があり、その解決のためにアクションを起こします。例えば、痩せたいと願っている人は、スマートになることが問題となります。太っていることが問題ではありません。ですが、ダイエットは継続的にモチベーションを維持できれば、無料で出来ます。禁煙や英会話に似ています。しかし、多くの人がダイエットの継続はできません。結果、痩せたいと思っている人に継続してダイエットが出来る方法を提示すれば、その商品は売れます。このようにマーケティングは学ぶことやマーケティングの専門家にアドバイスされて、ウェブ制作を行うと業績が向上します。

ホームページ制作 松本

ウェブ制作を依頼する人の問題は?

「ホームページが欲しい!」と弊社に制作を依頼する人は、業績向上という問題・目的を抱えている企業がほとんどです。もちろん、その問題には、「よりもっと」という問題もあリます。ですから、ウェブ制作は、業績向上の手段、もしくは道具に過ぎません。他の方法で業績向上ができたり、人材の確保ができれば、「ホームページ制作依頼」を行う必要もありません。

問題は、ユーザーの抱えた問題は何か?

多くの経営者が、このユーザーの抱えている問題を知らない。これがわからないと、どんなにきれいなウェブサイトを制作しても、業績向上に積んばがらない。「ブランディングに役立つ」なんて、経営やマーケティングそのものを知らないウェブ制作会社の言い訳に過ぎません。ですから、まず、顧客分析・競合他社分析を行う必要があるのです。そこからウェブ制作は始まります。ユーザーの抱える問題解決策を提示することで、業績向上に繋がるウェブ制作が行えるのです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ