製造業

製造業のウェブサイト制作成功法

製造業のウェブサイト成功法とは?

新規顧客獲得・人材確保などを目的とした製造業のウェブサイト制作では、社員教育・研究開発などをアピールする他に扱う製品やマテリアルの詳し素材などキーワードとして、発注者の思いを組み入れたサービスが必要になります。このサービスが製造業のウェブサイトの成功のキーポイントとなります。

生産工場ウェブサイト

製造業のウェブサイトで表現するサービスとは?

専門的なキーワードで、ユーザーを呼びよせ、例えば、「小ロット・短納期」など、ユーザーが求めるサービスを提供することによって、小さなオーダーで今まで取引できないような全国の大手メーカーなどの取引ができます。もちろん、そこから新しい固定客にしていく必要があります。

製造業のウェブサイトで表現するサービスとは?

「どんな小さなことでも、まずす相談して欲しい」という姿勢が必要です。そして、サービス業の概念を持った製造業であることをアピールします。その製造物に関しての専門家であることをアピールするのです。よって、専門的なマテリアルを示す必要があります。どんな素材の加工が得意なのかをアピールする必要があります。盛りだくさんではなく1点に絞ることをおすすめします。

研究開発と社員教員の姿勢を表す

どんな研究開発をしているのか?または、どんな社員今日インクをしているのか?リクルートにも効果のある10年先を見据えたページをご用意することをお薦めします。

そこで働く人の顔が見えるサイト

責任感と信頼感を表す上でも、作業を行う人々の顔写真やメッセージがとても効果的です。無機質なサイトにならないように人間が視点であることを忘れないでください。

製造業一歩リードしたWEB制作

製造業ウェブ制作・ホームページ制作の目的の変化

ちょっと前は、集客を求めた製造業のウェブ制作が多かった。長野県内では、岡谷・諏訪・松本市にある大手製造会社から従業員20名程度の製造業者まで、集客のためのコンサルテイングやウェブサイト制作が重要視されていました。また、それらのオーダーが集中しました。しかし、現在は、リクルート目的のウェブサイト制作の重要性をおくの製造業の経営者や総務担当者が増えています。

製造業

製造業リクルート目的のWEB制作に集客要素を兼ね備える。

製造業一歩リードしたWEB制作とは、明るく活性化された人財にフォーカスしたウェブサイトになります。その魅力から集客という、産物を得ることが出来ます。企業理念にそった研究開発やチャレンジ精神を表す人財を紹介することで、企業のブランディングと同時に製品発注の依頼が拡大しています。

これも、売りにフォーカスしたウェブ制作ではない点から、ユーザーに好まれる製造業ウェブになるではないでしょうか?そして、他社より、製造業一歩リードしたWEB制作が可能になります。

人財確保のためのウェブ制作

ウェブ制作の用途が大きく変わってきた

その昔は、企業案内のようなウェブサイト(ホームページ)だったが、やがて集客を目的とされた。最近は、より優れた人財を確保するためのモノになりつつあります。特に医療関連・製造業・建築土木業などのリクルート用のウェブサイト制作の要望が高いのが現状です。

リクールト用ウェブサイト

リクルートサイトから必ず見る企業サイト

リクルートサイトから企業のホームページを確認する学生はおよそ100%の近いと言われています。そして、彼らが使うデバイス(装置)は、スマートフォンです。まず、スマートフォンに対応する必要は当然あります。これは学生をターゲットにするのではなく、多くの人のウェブサイトのファーストビューはスマートフォンからとなるからです。

明るいサイトが人気です

リクルートサイトなら当然ですが、そこで働く人の顔が表示される必要があります。思っきりの笑顔で人間関係がスームズな職場をウェヴで表現させます。もちろん、企業のビジョンや将来像も必要です。幸せを提供する企業のスタッフは当然ながら幸せであることが最低の条件です。

製造業者ウェブサイト制作の二つの目的

製造業のウェブ制作で考えなければならない点は?

製造業ウェブサイトでは、その目的によって制作内容も変わる。大きくわけて受注拡大と人材確保(リクルート)目的の2にワケられますね。また、このどちらの目的も果たせるウェブサイト制作方法もあります。今回は、この3つのパータンで行うなければならない項目を解説したいと思います。

製造業のウェブサイト制作

1. 受注拡大のためのウェブ制作

受注拡大を目的にしたウェブ制作では、あまりスマホ対応を意識しないでも良いでしょう。大切なのが、どんなマテリアルをどんな加工をするのか?納期は?その辺のキワード戦略(発注者が利用する専門的キーワードとなります。が必要になる)。この場合はできるだけターゲットを絞り込むべきです。戦略となる主の製品加工などを中心に訴求する必要があります。

2. 人材確保(リクルート)目的のウェブ制作

リクルート目的のウェブ制作では、マルチデバイス対応となり、スマホ対応を意識したウェブ制作になります。ターゲットの学生の90%以上がスマホでウェブサイトを見ることになるでしょう。また、教育システムや多くの社内情報を掲載する必要があります。学生にとっては人生の大きなイベントであることを忘れないようにしてください。

3.受注拡大と人材確保を目的にしたウェブ制作

1と2の要素を兼ね備えて、リクルートのページには、大学生・高校生・中途採用の個別のページを制作しましょう。もちろん、上記の人材確保(リクルート)目的のウェブ制作でも同様の事になります。また、二つの目的があるのでそれぞれのテンプレートを変えるもの一つの手です。受注拡大に於いても製造業者の「人」がサイトに表示されていて、教育システムなどを示す必要があります。

どちらの目的であっても、目的のキーワードをしっかり利用したウェブサイト制作が必要になります。

二つの目的を持った製造業のウェブサイト

製造業の抱える問題点をウェブで解消する

製造業では2つの大きな問題を抱えています。日本のものづくりを支える中小企業の製造業、特に地方の社員数も比較的少ない企業では、売上・人材確保の問題を抱えている企業が多くあります。二つの問題を同時に解決できるのが、ウェブでありホームページ運営ではないでしょうか?

製造業のホームページ

新規顧客を獲得するために製造業者が行うべきこと

弊社では短納期・小ロットで専門的受注をウェブで呼びかけるようなホームページ制作を提案しております。短納期・小ロットと言うこの二つの要素は利益を生みません。ですが、これを営業活動と考えた時に新規取引先を得る最大のチャンスと捉えて欲しいのです。そして、製造業もサービス業のような概念を持って、発注先のかゆうところに届くようなサービスをホームページでアピールしてください。

人材の確保にウェブ活用する

ウェブばかり頼っていけないが、学生が使用するスマに対応したホームページぐらい用意していないと新卒者などを確保することは難しいのが現状です。高校生には高校生のページ・大学生に大学生用のページを用意することをオススメします。学生たちは、就職という人生の大きなイベントに真剣に取り組んでいます。人材確保には十分な情報を提供してください。

製造業の問題解決するために

ホームページ制作で上記の二つの問題が解決するわけではありません。ホームページ運営とそれぞれの活動にあった行動が必要になります。これからの製造業も情報化の時代に対応する必要があります。

求人難に対応したリクルート目的のホームページの必要性

人財はホームページで確保する時代

人材(人財)はホームページで確保する時代とは?外食産業では人材難で倒産の危機や実際倒産している企業もあります。そして、これからの時代製造業や建築土木業などの人材難は避ける事が出来ません。良い学生を採用したいなら計画的な採用計画とホームページでの情報提供が必要になります。

松本市村瀬組リクルートホームページ

人材確保はホームページから

先日、松本市内の工業高校の教頭とお話する機会があったので、地元企業と高校生の就職についての話を聞きました。その教頭からのアドバイスは、高校生・大学生ごとのリクルート専用ページを作る企業に就職願書が集中する。そんな話を聞きました。また、学生たちが必死にホームページを見る時期やその内容についても目から鱗が落ちるような話をたくさん聞くことが出来ました。

どんなホームページが人材確保に有効なの?

学生からしてみれば、ホームページのデザインよりも、多くの情報を知りたいようです。また、研究開発や社風の楽しそうな夢のある企業が人気のようです。それをホームページで訴求する必要があります。先輩たちのコメントや楽しそうな和気藹々とした研究開発やチームプロジェクト参加の様子などが学生たちに良いイメージを与えるようです。

製造業土木建築業・私たちのような業種も同様です。
明るくて楽しそうなスマートフォン対応のホームページを制作する必要があります。

長野県中小企業のホームページ制作を考える

長野県下中小企業のホームページ制作において、レポートを書いてみることにした。中小企業と行ってもその業態・企業のサイズによっても大きく異なる。そのなかで私たちが多く関わる20名程度、もしくはそれ以下の中小企業のホームページ制作につてい書いてみる。他のローカルでも同様の傾向があるのではないだろうか?

長野県下のホームページ制作は

全国をマーケットしている企業のホームページ

ATFとしては、一番効果を得やすいタイプとなる。ネット通販製造業他のサービス業などが、それに当たる。つまり全国という大きなマーケットをターゲットしているので、ホームページ制作のWEB ROI(投資対効果)が得られやすい。適切なSEO対策とその企業のコア・コンペテンツなり、ニッチなターゲットを設定したマーケティングコンサルティングを交えて行うホームページ制作です・このタイプはターゲットさえ絞り込めれば成果は約束されたようなものだ。

地域をマーケットしている企業のホームページ

ATFでは工務店専用ホームページ制作サイトを用意して全国の小さな住宅工務店のホームページとセールスプロモーションをサポートするサービスを行っている。しかし、これ自体が20万都市程度の地域をマーケットした事業所のホームページ制作となる。これらの地域では、完全にホームページ制作・WEBサービスだけで、ユーザーにベネフィットを与えるのは難しい。よって工務店へのサービスなどは、セールスポロモーションまでサポートしている。

企業のWEB担当として

ローカルではWEB担当などを配置している企業は少ない。であるから、ATFとしては、ホームページ公開時から小さな変更や成果を得るための運営サポートが不可欠になる。特にSEO対策などはサイト公開後かなり時間がかかる。それでも長野県下でも長野市ぐらいの人口(38.15万)くらいあるとWEBサービスだけで、かなりのベネフィットを与えることが出来る。いわゆるホームページだけで成果を得られる。

それでは、地域をマーケットとしている業態のWEB対策とは?

「松本市程度(24.3万 )の人口では、ホームページ制作は無意味なのか?」という問題だが、もちろん、工務店やリフォームサービスのような一案件の金額が大きな業態には必要なホームページである。また昔ならタウンページで探される業態でもホームページは重要なビジネスツールとなる。その場合は、名刺やチラシなどの紙媒体の広告に検索を促すキーワードを載せる必要がある。これは、ローカルSEO対策が重要にとなる。企業を名を検索しなくても分かりやすい単語で検索できるようにしなくてはならない。

ソーシャルメディア・ソーシャルネッチワークの活用

ビジネスエリアが特定されている業態・業種では、TWitterやFacebookなどのエリアを限定して利用できるサービスを併用してホームページにユーザーを誘導する方法もある。とくにFacebookから地域のユーザーを限定する方法が最も有効である。そのためにFacebookを上手に運用する必要がある。

ネット広告アドワーズの活用

ロカールSEO対策とはとても難しく、Google自体もあまりケアをしていない。そこで、特定の地域から検索するユーザーをターゲットにする必要がある。専用のランディングページを作っておくととても有効な戦略となる。

スマートフォンサイトは最重要

ソーシャルネットワークなどは、スマホを利用するユーザーは長野県のようなローカルでもとても重要になる。特にGPSを使った位置情報から、近くのお店やサービスを表示してくれるグーグルのサービスに対応する必要がある。その場合、GoogleプレスやGoogleプラスなどのサービスをしっかりと利用して欲しい。これらのサービスを侮っては行けない。弊社で制作しているサイトの殆どがレスポンシブルデザインで制作されているので、スマホ・タブレットにも対応している。

地域をターゲットにするビジネスであればレスポンシブルデザインでサイトコを構築する必要は大である。レスポンシブルデザインはグーグルも推奨している。かといって、それだけで検索順位が上がるわけではない。

長野県でのWEB制作の最大の問題点

ローカルでのWEB制作・ホームページ制作成功への最大の問題点は、経営者のWEBへの理解度である。発注すれば効果の得られるホームページが出来ると考えている場合とホームページは何も効果が無いと考えている場合である。よくあるホームページ制作の失敗例をこのサイトで公開しているのでそれを参考にして欲しい。

つまり、ホームページは制作しても完成などなのです。常に変化するユーザーの価値観やアクセス解析などの文政期や変更・ブログ更新・Facebookなどやらなければいけないことは沢山あります。そして競合他社との差別さをして、地域一番のビジネスができるのでhないでしょうか?

成功したサイト・失敗したサイト2014

今年も早いものでもう12月です。前期の弊社のクライントのWEB ROIを調べていると「78%以上のクライントが120%以上のWEB ROIを感じている」そんな集計を行ってみた。このデーターは。弊社のWEB制作公開後6ヶ月以上経過したクライアントから聞き取りによるもので、現実の売上差まで調査できない。しかし、弊社制作以前のアクセスと現在のアクセスを見比べれば評価は出来るます。そして、22%のクライントからの嬉しくない結果に対しても原因と対策を図っています。

WEB ROI

ホームページ・WEBサイト制作で効果を得られなかった例

ホームページなどを制作して、目に見えた効果が得られなかった事業所のホームページの管理やブログの更新頻度・方法などを調査してみた。

 1.ブログの更新度が全くない。
 2.WEB管理に人材を投入できない。
 3.マーケティングの方向性を間違えた。

ホームページ・WEBサイト制作で効果を得らた成功した例

上記の反対で、成功した例を上げると上記の3項目の全く反対となる。そのなかで目立った例を上げました。

 1.製造事業者・・・直接メーカーからのオーダーを得ることが出来た。
       ・・・ブログの更新で成果を得た
 2.製造事業者・・・新規顧客からのオーダーが続いている。
       ・・・ブログの更新ターゲットの絞り込みが成功した。
 3.体験型農業・・・来客が殺到した。・・・素朴なイメージ訴求が成功した。

上記は、長野県内の工務店を除いた成功が目立った弊社の顧客から調査した成功例です。

意外とブログ更新によりマーケティングの成功が鍵なのか?

ブログの更新度が、成功の一番の鍵と感じていたが、もちろん、ブログの更新頻度とWEB ROIとの関わりは大きい。しかし、ネット上で売れる商品への弊社からのアドバイス・コンサルティングに成功したクライントは大きな成果を得ている。100%の成功率は望めないが、現在、弊社では22%のまだ成果を得られないサイトについては、再構築の検討や対策作業を行っている。

長野県岡谷市の製造業のホームページ戦略成功例

今回紹介するのは、長野県岡谷市という諏訪市・岡谷市の精密機器製造業の多い地帯で、自動車などのハーネス部品を扱っている製造業のホームページの戦略と成功要因のご紹介です。
ホームページ制作をする上で、まず、多くの経営者が落ち入りやすい罠があります。まずその点からご説明します。

製造業

自社の強みと市場性の検証をする

このケースでは、まずターゲットを絞り込んで、目標を売上125%UPに設定をした。つまり、今までアピールしていない製本製造サービスに集中したアピールを行いました。そして、徹底したキーワード戦略によるSEO対策も行いました。短納期・小ロットで、国内でないと対応できないサービスをアピールしました。その結果数々のお問合せ・受注を得ることが出来ました。

ホームページ制作をする上で、落ち入りやすい罠

陥りやすい罠とは、製造業のホームページ制作上の問題だけではなく、すべての業体に通じるものです。

        1,自社の強み弱みの理解・市場環境理解に基づく戦略。
        2,ターゲットの絞り込みができない。
        3,なんでも扱っている商品のすべてをアピールしてしまう。
        4,運営体制の確保
        5,目的・目標の設定

長野県岡谷市製造業小野リード

1,自社の強み弱みの理解・市場環境理解に基づく戦略

扱っていする商品・製品・サービスの強み。市場環境などをしっかりと把握する。攻撃するべき商品・製品・サービス。守っていくべき商品・製品・サービスを明確にする。つまり、営業戦略を作成する必要があります。言い換えれば、「誰に・何を・どの様に・どんなメリットを与えられるのか?」を明確にしないと受注を呼び込む製造業のホームページの制作はできません。また、逆にこれらが明確になっているとホームページの訪問者に業務内容を分かりやすく訴求できます。

2,ターゲットの絞り込みができない

これも営業戦略上の問題ですが、自社のターゲット、または、ホームページを利用してアピールしたいターゲツトを絞り込むことが必要です。もちろん、多くの層で利用してもいいのでしょうが、現状の売上を140%拡大するのは、ネット上で求められる自社の強みのある商品・製品・サービスに集中するか?それともこれから受注拡大が見込まれる商品・製品・サービスに集中したアピールをする!といったことがホームページで必要です。

3,なんでも扱っている商品のすべてをアピールしてしまう。

上記の”2,ターゲットの絞り込みができない”失敗例と同じく、ホームページ訪問者には、わかりにくくなってしまい、大事な潜在顧客を逃がす結果となります。

4,運営体制の確保

ホームページでは、併設したブログなどの更新作業がとても需要な役割を果たします。弊社では、サポート体制の充実により、変更や修正などにスピーディに対応できますが、やはりキーワード戦略を理解した自社でのブログ更新などが必要です。これを行わなければ十分な成果は期待できません。

5,目的・目標の設定

今回紹介した小野リード様の目的は、短納期・小ロッドのリードカットという一部品の提供です。固定顧客をいきなりホームページで獲得することは出来ません。またそんな目標を立てては成果が得られません。まず、自社のサービスを必要とするユーザーとの関わりを持つことを目的にしました。そこで、多くの問合せから受注が得られました。問題は、それらを固定客にするアプローチが、ネット上ではなく、メールなどで行うという事です。弊社ではそれらのコンサルティングもホームページ制作サービスとともに行っております。

今回、ご紹介した小野リード株式会社の他にも下請け専門の製造業が直接大手企業からの受注を量産しているなど、多くの製造業ホームページの成功があります。受注を量産する全国の製造業のホームページ制作をいたしますので、お気軽ご相談ください。

まさか?と思った業種でも効果があるWEBです!

農業のホームページ

創業支援セミナーに参加して・・・

先日、理由あって、創業支援セミナーに参加しました。そこで、WEBサイト(ホームページ)についての議論を聴いていました。これから事業を起こそうと考えている人たちのWEBについての認識が、地方都市のせいか?かなり低いことを感じました。弊社のクライアントには、勉強熱心な経営者が多くいます。そして多くの実績をWEBから得てます。その為、こういった方々にももう少しWEBについて勉強していただければと、残念な思いをしました。

農業・製造業・ソフトウエア会社・ギター製造・工務店・不動産会社などなどですが、それでも私が参加した創業支援セミナーの参加者には、ほんの僅かな人しか、WEBを活用して起業を成功させようとする人はいませんでした。

体験型農場ささえんホームページ 長野市の不動産屋ホームページLife stage

WEBで農業・・・?

弊社がお付き合いしている地方新聞の広告を見て一人の年配者が弊社へ相談に来たのが2年前です。JAとの関係を絶ち、独自で果樹園にホームページで集客をしたいという方でした。弊社としては、米販売以外初めての農業関連のWEB制作でした。私はディレクターとして、その果樹園を経営する老夫婦の画像をメインに扱いました。そして、2年、久々にお会いした奥様には、バスや乗用車でお客が毎日来て忙しい!という喜びの声を聞いて驚きました。正直自信のない仕事でしたが、素朴で素敵なご夫婦の印象の果樹園には多くのお客様が来園されているようで安心しました。

どんな業種でも効果はあるWEB

弊社のクライアントは地方の中小企業です。そして、多くの成功例はあるのですが、正直失敗例もあります。その失敗例は、ブログの更新の必要性をもっとクライアントに理解してもらう必要があるという事を伝え、それに対するモチベーションを高められなかったことです。

弊社のクライアントは、ブログの更新頻度が高い業者は、ほとんど成功しています。例えば、不動産業者など、様々なWEBサービスがあるから、あまり自社ホームページを制作しても効果が無いと感じてました。しかし、弊社のクライアントである不動産業者は、WEBから、わずか数ヶ月で販売に成功しているようです。

どんな業態でも、クライント側も、弊社も真剣に考え構築したWEBのビジネス成功率は高いということを最近改めて知りました。そして、そんなクライアントの喜びと感謝の声がとても嬉しいのです。

ホームページでの製造業の受注の取り方

製造業のホームページ

製造業の受注の取り方とは?

多くの発注者が、新たな下請け製造業を常に探しています。それは、専門サイトであったり、グーグル検索であったりします。大事なのは、新規に下請け外注を探している発注者は、どんな状況なのかを考える必要があります。
1,急ぎの受注のため部品外注先の納入が間に合わない
2,新規プロジェクトで試作品が欲しい
3,機械のトラブルで外注に発注したい
4,クオリティを高めたい

などになります。

要するに、これらの発注者が求める要求にどう応えることが出来るかが問題となります。そして、更に発注者が何の作業の外注先を探しているのかと言う問題も生じます。
例えば、どんなな素材のどんな加工をどのくらいの数量・どのくらいの納期で・・・となります。

それに応えるには、ホームページに備えついたブログで、1つづつ丁寧なキーワードを設定したブログ更新が必要になります。ニッチなタイトルで、具体的なテーマと自社が発注者に与えられるメリットを記載する必要があります。

更に見込み客を引き込むには?

売り込みのブログではなく、短納期小ロットでの製作をブログでレポート的に書くことが有効です。自社がどんな仕事をしているのか?を更新頻度を高めてブログを更新する必要があります。私は、この短納期小ロット作業を営業活動の一貫と考えて頂くようにしております。新規固定客を構築するには、新しい試みが必要だと考えるからです。経費を掛けた営業より費用対効果が高いのです。このブログ更新の最大の問題は、継続です。常に持ちバーションを高めて、目的を持った作業が必要です。

信州長野県の製造業を支援するランディングページ型ホームページ

モノづくり日本の製造業を支援するためにランディングページが、そのままホームページになったWordpressを利用したサイトを構築しました。長野県のモノづくりの製造業社は、いい製品は作りますが、新規顧客の獲得に繋がえるWEBサイト利用が遅れているように思われます。私たちも地域貢献の意味も含めて、私たちのノウハウを注ぎ込んだコストパフィーマンスのランディングページ型ホームページの制作サービスをはじめました。

製造業

ワイヤーカットフィルター放電加工機ISフィルター耐久性と価格の違い!

一般的な製図業者向けホームページも制作しております。

ホソダクリエイティブ

省力化機械各種設計製作・プレス機・多段プレス・サーボプレス・加工機・組立 機・給材機・搬送機・検査治具  ホソダクリエイティブ

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ