費用対効果

売れるウェブサイトの作り方

売れるウェブサイトの作り方

ウェブサイト・ホームページなど公開しただけでは何も効果が得られないことを認識してください。ウェブサイト・ホームページは育てていくものです。ですから弊社は運営サポートを充実させています。2年間でまず、費用対効果を出すことをクライアントと約束をしてサポートを行います。このサポートなしには、売れるウェブサイトの作れないと弊社は考えております。

web PDCA

ウェブサイトの良し悪しは、ユーザーが答えを出します

ウェブサイト・ホームページの良し悪しは、ユーザーがその答えを出します。ですからサイトを公開してから、アクセスの解析による対応が必要になります。PDCAサイクルを行うことが重要になります。

1.アクセス解析による仮説プランの設定 Plan:計画を立てる
2. サイトの修正やコンテンツの修正追加など Do:実行する
3. 修正結果をアクセス解析で確認する Check:評価する
3. アクセス結果により改善を行う Action:改善する

上記のPDCSサイクルを行うことで、ウェブサイト・ホームページは生き物として主張する。

ウェブサイトで売るために何をするのか?

ウェブサイト・ホームページで商品やサービスを売るには、それらの商品を求めているターゲットに、その商品やサービスがどう映るかを知る必要があります。ユーザーが喉を乾いているようだったら、冷たいドリンクを提供しなければなりません。ラーメンが嫌いなユーザーにどんな美味しいラーメン屋を紹介しても、ユーザーは喜びません。要するにユーザーが喜ぶものは何かをコンテンツにしなければなりません。

WEBクリエイター名利の言葉を頂いて、、

先日、運転免許の書き換えの帰りに1年ぶりにご無沙汰をしているクライントにあいさつに行ってきた。そして、「ホームページの方は如何ですか?」という私の問いにクラントは「前年度対比3倍の売上げ・・・」となによりもクリエイター名利の感謝の言葉を頂いた。サイトのリニューアル当時のクラインとは、問い合わせの数等で少し不安を持っていたようだった。とにかく嬉しい限りだ。

ローカルでも全国をマーケットにしている事業所でもそうでない事業所でもON LINEが機能していない事業所をON LINEを機能させると簡単に売上げが上がるケースは多い。そして、正しく更新などをマメにして頂ければ、必ずと言っていいくらい成果はある。私たちは、クライントに確かな利益を与えるために真剣に制作する。しかし、クライアントのなかには、忙しい毎日の仕事のなか手の回らないケースの事業所も多い。
そして、ホームページの効果がないと嘆く。経営者が私たちが真剣に作り上げる恐るべきホームページのビジネス効果を想像出来ないのだろう?

ATFは、マーケィングのツールの一つとしてホームページを制作します。そして、それは、費用対効果のある制作物でないとサービスとしての商品でないと考えます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ