fbpx

農業

2018年あなたの会社業績アップをWeb制作で実現させます。

2018年業績アップにコミットしたWeb制作を提供します

業績アップ・イノベーション・人材採用(リクルート)に特化した顧客獲得型ホームページ制作・コンサルティング型ホームページ制作で、2018年は、製造業・農業・医療関連・サービス業を中心としたWebを活用した目的別ホームページ制作や営業支援ツール開発・リクルート専用サイト・B to B専用ランディングページ制作・販売用ランディングページ制作に力を入れます。販売力強化・人材獲得にお悩みの企業様は、是非、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作 松本市 2018年

経産産業省認定の経営革新等支援機関ですので、補助金・助成金等によるサポートも行っております。そして、弊社は、Web制作会社から業績アップ支援のためのコンサルティング会社として、地域の企業の活性化のための支援を行って参ります。2018年も引き続きよろしくお願いいたします。
長野経営コンサルティング事業部 認定経営革新等支援機関 >>
長野市 WEBATFNAGANO デジタルデザイン部長野支社 >>
工務店専用ホームページ制作 >>
士業のウェブサポート >>

農業のホームページ制作

農業もホームページ制作が必要な時代へ

農業のスタイルも変化して参りました。カフェレストランを併設した農業経営者のホームページ制作実施例です。

群馬ティアツリー

農業というよりも観光業に近い

長野県では弊社が制作した山形村の体験農場のホームページが成果を上げております果実園 信州山形のささ園ですが、今回は群馬県の果樹園とカフェのティア・ツリーさんのホームページ制作を完了いたしました。

ティア・ツリーのホームページ

まさか?と思った業種でも効果があるWEBです!

農業のホームページ

創業支援セミナーに参加して・・・

先日、理由あって、創業支援セミナーに参加しました。そこで、WEBサイト(ホームページ)についての議論を聴いていました。これから事業を起こそうと考えている人たちのWEBについての認識が、地方都市のせいか?かなり低いことを感じました。弊社のクライアントには、勉強熱心な経営者が多くいます。そして多くの実績をWEBから得てます。その為、こういった方々にももう少しWEBについて勉強していただければと、残念な思いをしました。

農業・製造業・ソフトウエア会社・ギター製造・工務店・不動産会社などなどですが、それでも私が参加した創業支援セミナーの参加者には、ほんの僅かな人しか、WEBを活用して起業を成功させようとする人はいませんでした。

体験型農場ささえんホームページ 長野市の不動産屋ホームページLife stage

WEBで農業・・・?

弊社がお付き合いしている地方新聞の広告を見て一人の年配者が弊社へ相談に来たのが2年前です。JAとの関係を絶ち、独自で果樹園にホームページで集客をしたいという方でした。弊社としては、米販売以外初めての農業関連のWEB制作でした。私はディレクターとして、その果樹園を経営する老夫婦の画像をメインに扱いました。そして、2年、久々にお会いした奥様には、バスや乗用車でお客が毎日来て忙しい!という喜びの声を聞いて驚きました。正直自信のない仕事でしたが、素朴で素敵なご夫婦の印象の果樹園には多くのお客様が来園されているようで安心しました。

どんな業種でも効果はあるWEB

弊社のクライアントは地方の中小企業です。そして、多くの成功例はあるのですが、正直失敗例もあります。その失敗例は、ブログの更新の必要性をもっとクライアントに理解してもらう必要があるという事を伝え、それに対するモチベーションを高められなかったことです。

弊社のクライアントは、ブログの更新頻度が高い業者は、ほとんど成功しています。例えば、不動産業者など、様々なWEBサービスがあるから、あまり自社ホームページを制作しても効果が無いと感じてました。しかし、弊社のクライアントである不動産業者は、WEBから、わずか数ヶ月で販売に成功しているようです。

どんな業態でも、クライント側も、弊社も真剣に考え構築したWEBのビジネス成功率は高いということを最近改めて知りました。そして、そんなクライアントの喜びと感謝の声がとても嬉しいのです。

農業生産者のホームページ制作について

世の中、”いいモノ”が売れるわけではない。でも、私達の仕事は、クライアントの”いいモノ”を見つけ、それをアピールするのが最大の仕事です。
例えば、現在私の係る案件としては、TTPの影響をもろに受けるであろう農業生産者のホームページ制作がある。

Cows on Meadow

商品である産物は確かに”いいモノ”である。
それでも将来の不安から、JAなどから自立した経営方法を模索しなければならない農業生産者。
それを私たちは、ホームページ制作として、その農業者の将来に責任を追って仕事をしなければならない。

そんな悩みのなか、私が出来ることは、生産者の思いをユーザーに感じてもらうことだけにフォーカスをするしかない。
だからといって、それを表現するべき画像もない。生産物を分析した栄養分析などもあるわけだはない。

いつものような医療機関や建設会社のホームページであるならば、クライントへホームページからの成果を与えるのは、それほど難しくない。なのに今、模索しているユーザーに受け入れられる農業者のホームページで本当に生産者の思いをユーザーに伝えるだけでいいのか?まだ疑問は残る。でも自分たちが納得できる仕事をまずしなければならない。結果的には、ユーザーの分析からいつもの様に始めるしかない。

あなただったら?、どんなホームページだったら?なんてアドバイスがあったらコメントください!
»ATFのFacebooページから

»TYPE-B ビジネスHPスタンダードプランで、農業生産者のホームページ制作する。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは