B TO B

製造業のホームページのリニューアル

製造業ホームページリニュアルでやって起きたこと

Web運営に慣れていない製造業者様でも、まず、人材確保のためにリクルート専用ページを制作する必要があります。そのリクルートウェブサイトとはコーポレートウェブサイトとは切り離すことを勧めします。それは、コーポレートウェブサイトと採用サイトは見る人が異なるからです。また、自社の製作するマテリアル名や得意な加工についてのキーワードを掲載する必要があります。できれば、小ロット短納期などの記載があれば更に効果的です。また、ウェブサイトに訪れた企業名やその企業が見ているコンテンツを知る必要があります。それが行えるのがMA(マーケティングオートメーション)となります。B TO Bの業態では、このMAの活用が売上に大きな影響を果たします。

長野県製造業ホームページ

長野県製造業リクルートホームページ

あくまでも、新規取引先を獲得するための製造業のホームページとなりますが、そこで働く人の顔が表現させる必要もあります。なかなか、ホームページに社員が参加してくれにくいかもしれませんが、できるだけ協力していただけるようにしてください。

営業部門のあなる製造業のホームページは?

新規取引先を獲得するための営業で名刺効果などをした発注側の担当は、必ず相手のホームページを見ます。実績・社長の挨拶・会社概要・周遊している設備など、質の高いコンテンツで作り上げる必要があります。
企業に訪問する→相手担当がホームページを見る→訪問の御礼のメール→資料の送付などを行う必要があります。そして、それらのメールには、顧客の問題を解決策を提示して、自社の製造についてのコンテンツページのリンクを張り込むなど、ホームページが営業活動をフォロー出来るようようにホームページを制作する必要があります。これらを自動に行ってくれるのがMAです。

ターゲットを絞り込んだ訴求をする

自社の一番得意な製造過程を前面に出す必要があります。これも・あれもと訴求すると相手には何も伝わらなくなります。大切なのは、専門性をアピールする必要があります。これは他の業態でも同様で、最も重要なことです。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ