ECサイト

ネットでモノを売る?ECショップは甘くない!

ネットショップ・ECショップで売るためには?

最近、「ネットショップ(ECショップ・ショピングサイト)を開設したい」・「ネットショップが売れない!」などのご相談を今更ながら受ける。そして、私は、「売れませんよ!」と簡単に答える。それには、売れるための条件を商品・サービスで考えてなければという条件付きの答えとなります。ネットショップ・通販ショップには特別な商品・サービス以外は標準化された条件を満たす必要があるからです。

ECショップ

ある相談者は、地方の酒店の店主ですが、多くの企業から「ネットショップ売れます!」と電話で導入のすすめの電話があるそうです。しかし、どこでもやっている酒屋の通販ショップなど売れるわけないと感じてはいるが「このままでは・・・?」と私に相談してきました。そして、業者のなかで私だけが「売れません!」と答えたそうです。私は、売れないけど、売れる方法や力を出す方法を見つければ「売れますよ!」と答えました。

問題は、どこでもECサイトなど構築できます。しかし、売り方の工夫がないサイトでは、何も売れないということです。

ネットでモノを売るための条件

ネットショップで商品やサービスを売るためには、以下の特別な条件が必要です。以下に特別な条件を記載してみました。

・どこでも売っている商品だが、明らかに低価格
・他と比べて優れている商品やサービス
・ここでしか売っていない商品
・ここでしか得られないサービス

上記の特別な条件がなければ売れません。

ネットでモノを売るための標準的な条件

ユーザーがネットショップで商品を購入する理由には、「便利」であることが必要条件になります。商品を探しまわることがない便利さ・いつでも24時間購入できる便利さ・購入に足を運ばなくてもいい便利さ、販売店を比較できる便利さなどなど、時間短縮が可能になります。しかし、当然デメリットもあります。商品を手にとって確認できないなどリアルショップと異なったリスクがユーザーに生じます。その為現在は、以下の項目が標準化されています。この標準化されたネットショップでなければ人は、商品やサービスを購入しません。

・送料無料
・即日配達
・返品・返金OK
・返品送料ショップ負担

などが条件となります。これによって、ユーザーはネットショップで安心して商品やサービスを購入出来るようになります。

最も需要な負荷価値を付けて販売する

ネット上で同様な商品が販売されているケースでは、ユーザーに価格をフォーカスさせず販売する方法を検討する必要があります。利益が出ない商品では、利益を求めず、ECサイトに登録してもらう目的で、利益の出る商品をメールマガジンなどで売っていくなどの戦略を考える必要があります。そして、便利さを演出する必要があります。ユーザーがベネフィットを得るために附属商品などをセットにして売るなど、売る側の様々な挑戦が必要になります。

通販サイト・ECサイト・ショッピングサイトを成功させる3つの掟。

ショッピングサイトを成功させるには、ただ商品を載せただけでは何も売れない。まず、大切なのは、便利さを追求することだ。あなたが検索サイトを利用するときの理由を考えてみよう。

shopping

検索サイトを使う時 検索サイトがなければ
1,調べものがある時 図書館や書店に行く
2,買う お店で探す
3,時間消費 街に出る・飲みに行く

以上の3つの要素のどれかではないか?3つとも別にインターネットを使わなくてもなんとか目的は果たせられる。しかし、時間や手間がかかる。つまり、インターネットを利用するには「便利)というkeywordが必要になる。
自分の住所やクレジットカードの登録の作業の面から、いつも同じアマゾンで僕は購入する。忙しい毎日の中では、自分の住所すら入力に面倒になる。送料も無料がいい。商品は多い方がいい。どんどん便利さを求める。

ショッピングサイトを成功させる3つの掟

そこで、ショッピングサイトを成功させる3つの掟を解説しよう。

1,SEO対策、もしくはアドワーズなど利用している。
2,商品カテゴリ・グループの区分けが分かりやすい。
3,アイテム数が他店より多くても、探しやすいシステム

以上の3つがあればショッピングサイトを成功させる掟を守れる。
もちろん、サイトのスピードや他のユーザビリティに配慮されていることが必要になる。価格などは二の次である。価格で勝負を始めたらキリが無くなる。ただ、以上に加えて、商品力はもちろん欠かせない要素です。

大人になれないWEB屋。頑固一徹のECサイトについて!

最近、ECサイト(ショッピングサイト・通販サイト)の制作が依頼が増えてくる。しかし、ホームページ制作同様、クライアントの制作への熱意や考え方が、その制作物の成功の鍵となる。・・・これじゃ、WEB屋(ホームページ制作会社)も無責任である。クライアントのハートを熱くさせ、クライアントの商品が沢山売れるようにクライントを誘導できないのもWEB屋の責任と力量ではないか?

web designing

売れないと思うECショップは作らない!

クリエータ歴の長い私は、自分の満足できない仕事からは逃げてきた。それが、私がこの仕事を長く続けてきた秘訣だと思っています。特に多くのクライントが、WEB広告(アドワーズなど)を使わない・大したキャンペーンをしないで、WEB屋に制作を委ねれば、そこそこネットショップで利益が出ると思っている。更に楽天やYahooショッピングに店を出すのも同様です。ECショップは、売れるショップと全く売れないショップになる二極化なのです。それは、ECショップ運営への企業の意識の差のようにも感じます。

商品力、サービス、顧客を獲得する仕組みなしに、ECショップを展開しても利益が出るわけなない、しかし、営業サイトからは、とにかく、見栄えがよく、機能が万全であれば、売り上げにつながるので受注をする、これが通常だ。クライントの先のない望みを叶えるのだからと大人的発送発想だ!

頑固一徹は、そんなECサイトは作らない!

売れないECショップを作るのは、もっとも自分が満足できない仕事となる。WEB屋は、ビジネスツールを作るのが私たちの仕事だと、頑固に「売れないECサイトは作っらない!」。そん好き嫌いが、WEB屋の生命を延ばす。売れないECショップをクライントの思うように制作すると「あの会社で作ったたけど売れない!」と他社にボヤくに決まっている。お客様はわがままである。だから私は、自分が最低成功するだと思う条件をクライントにぶつける。

売れるECサイトのSEOは、コンバージョン率を考慮する。

Mochi Cream shop [Shibuya]

ECサイト(ショッピングサイト)では特に最終目的であるコンバージョン率をセッテする必要がある。私の仕事は、サイトが公開されてからSEO対策にも必要になる。

キーワード設定とは?

販売者側の考えるキーワードと現実にユーザーが検索するキーワードは異なる場合が多い。SEO対策の目的は、検索サイトのページランクを上げることではなく、売れるキーワードで上位表示されることだ。特別ビックキーワードで上位表示させる必要はない。その上でユーザビリティの考慮が必要にはなるが、コンバージョン率からキーワード設定の要因を検索する必要がある。
同じようなことをビジネスブログのSEOと作り方!でも記載している。

ECサイトのSEOは、コンバージョン率を

ECサイトの最大の目的は、売上拡大である。SEO対策で売れるキーワードを見つける必要がある。それが、コンバージョン率を高めるということだ。いくら上位表示をしてもコンバージョンが低ければ、ECサイトの構築は成功したとは言えない。もちろん、商品やサービスの問題もある。しかし、SEO対策をするとキーワードの商品を最上部に設定することになる。それが、売れる商品とは限らない。また、売れない商品は、売れる商品を支援するケースもある。1ページの商品は、20アイテムが理想である。もちろん、ブラウザでコンバージョンを考える必要もある。
Google Chrome ブラウザはコンバージョン トラッキングと Google Analytics データにどのように影響しますか?を参照してください。

僕のFacebookファンページをご覧ください!

WEB ROIを追求したWEB制作とは?

WEB ATFは、WEB ROIを獲得するためのWEBサイト(ホームページ)を作成します。

企業案内パンフレットがそのままWEBページになるようなWEBの特性や目的を持たないWEB制作であれば、長野県松本市内のWEB制作会社でも優秀な会社はあります。もし、そのようなご希望の場合は、私は基本的に弊社での受注を避けます。私たちは、少ない受注であっても正しいビジネスでなければ継続はできないことをしています。以下の作業フローは、基本的なWEB ATFの作業の流れとなります。

ホームページ作成の手順

WEBマーケティングについて

WEBサイトの構築の目的が不明確であったり、目的が多数設定されているWEBサイト構築は、結果的に成果のないものになってしまいます。医療期間であれば、看護師募集に成果のあるWEBサイトを!建築会社であれば。資料請求等が沢山得られるサイト。ECサイトならば、当然売上の上がるECサイトを構築を目指します。そのためには、SEO対策だけではなく、市場を意識したWEBマーケティングを行ないます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ