Facebook

ウェブで売りやすい商品とそうでない商品

ウェブサイトがなくても小さなビジネスではSNSだけで十分ビジネス効果は得られる

弊社が受注をお断りするケースがあります。そのケースでは、オーダーをされるビジネスに問題があるからです。つまり、弊社では成功要因の感じられないケースでは、受注を引き受けない場合があります。

わかりやすくお伝えすると他店舗展開していない規模の個人営業の飲食店・美容サロン・その他の個人の事業となります。何故ならば、ウェブサイト制作では、ウェブ制作の費用対効果が得られずビジネス効果を得られない点にあります。弊社では、都内・大阪に数店ある大型美容院などの仕事はしていますが、個人の美容院では、ベネフィットを与えられないと判断しています。それらのビジネスでは、LINEやFACEBOOKなどのSNSの方が効果的だからです。

ブログを書く

ECサイトは標準化した商品を扱う

逆に売りやすい商品とは、住宅・リフォーム・その他のサービス業・B TO Bのビジネスとなります。商品・サービス・製品が標準化していない複雑な商品です。ECサイト(ネット通販サイト)ではその反対に標準化した商品でユーザーが、その商品の見分けがある程度できるような商品となります。簡単に言ってしまえば、アマゾンで売っているような商品です。

何か矛盾しているように感じるかもしれませんが、通常のウェブサイトでは、複雑な標準化されていない商品。その逆にECサイトなら、標準化した商品になるのです。複雑で標準化されていない商品は、ウェブサイトでの説明や資料請求などを必要とします。ユーザーは、標準化されていない商品を販売している企業や商品などの情報を多く必要とするからです。ですから、それらの商品・サービス・製品を扱う企業では、当然のように充実したコンテンツのウェブサイトが必要になります。

ビジネスブログが問題を解決してくれる

また、標準化・非標準化した商品を扱っていても、ウェブサイト・SNSの他の選択もあります。それはビジネスブログを書くということです。仕事への情熱やユーザーへの思いを書くことは、どちらの形態のビジネスでも有効なマーケティング作業となります、

あなたのFacebookページ認証されていますか?

今更だけどFacebookページに認証機能があったのですね

Facebookページを設定を久々に見ていたら、ページ未認証となっておりましたので、早速、認証をしました。会社の電話にFacebookから認証番号の電話が掛かってきました。それを入力するとすぐにページが認証されました。認証されるとどう違うかというとことは、以下にFacebookの記述を引用します。でも認証されていないよりされていた方が良いと思って、私は早速認証を行いました。

Faceboookページの認証

一部のFacebookページやプロフィールは、Facebookで認証され、利用者にはそれが本物であることが知らされます。Facebookページまたはプロフィールにブルーバッチ が表示される場合は、その著名人や媒体提供者、ブランドに対して、そのページまたはプロフィールがFacebookで認証済みであることを示します。Facebookページにグレーバッチ が表示される場合は、その事業や団体に対してそのページがFacebookで認証済みであることを示します。

以下が認証を取る手順です。

カテゴリがローカルビジネス、会社、団体のページは、グレーの認証バッジを受けられる場合があります。認証を受けることができるページの管理者であり、プロフィール写真とカバー写真がある場合、ページの[設定]にこのオプションが表示されます。ページの認証には、公開されている事業の電話番号や事業に関する書類(電話料金の領収書など)を使用できます。ページの認証には、この情報だけが使用されます。
ページを認証するには:
ページ上部の[設定]をクリックします。
[一般]で、[ページの認証]をクリックします。
[このFacebookページを認証] > [スタート]の順にクリックします。
公開されている事業の電話番号、国、言語を入力します。
[今すぐ電話を受け取る]をクリックして、Facebookから電話で認証コードを受け取れるようにします。
4桁の認証コードを入力して、[次へ]をクリックします。
事業に関する書類を使ってページを認証する場合、上記の手順に従い、表示されるウィンドウの左下にある[書類の提出でこのページを認証する]をクリックします。次に、事業の名前と住所が記載された公的文書の画像をアップロードします。
Facebookに認証コードまたは事業に関する書類が届いたら、あなたの情報が公開されている記録と一致するか審査され、数日以内にお知らせまたはメールで認証ステータスが送付されます。Facebookページは認証されていなくてもかまいません。
注: 現時点では、お住まいの地域ではブルーバッジの認証リクエストを受け付けていません。

https://www.facebook.com/help/100168986860974?helpref=faq_content

経産省が企業のソーシャルメディア活用 B TO C

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書を読んで

ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する取組の普及にあたっての課題とその解決策の検討内容を取りまとめるとともに、企業の先進的な取組の事例集を取りまとめました。
とあったが、まとめているが具体性のない内容ではないだろうか? B to CにおいてソーシャルメディアからのWEB ROIを獲得するのが難しいのではなく、他のウェブとの関連によるWEB ROIを獲得する必要があるのではないでしょうか? しかし、ソーシャルメディア自体は、企業のブランディングに大きく役立っていることには議論の余地はないように思える。

ソーシャルメディア

また、ここではFacebook・Twitterを例にあげているが、世界で一番利用されているソーシャルメディアはYouTubeであることを忘れてはいけない。

(1)ソーシャルメディアがもたらしている事業活動への影響
ソーシャルメディアを通じた消費者に対する働きかけ及びそれに対する消費者の反応は、販売、商品開発、海外展開など、事業活動の様々なフェーズにおいて影響をもたらしつつある。
ソーシャルメディアを有効に活用することで、より迅速に、より正確なニーズを知り、より広範に事業展開を行うことが可能となっている。
(2)国内外の先進的なソーシャルメディアの活用事例
ソーシャルメディアを積極的に活用している企業においては、顧客のタイプや製品・サービスの特性などに応じて、多様なソーシャルメディアが利用されている。
(3)効果向上に向けた先進的な取り組み
ソーシャルメディアの利用に関する効果測定の方法としては、例えば、ECサイトへの流入数、シェア数、投稿を見たユーザーの反応を測るエンゲージメント率と呼ばれる指標などを、目的に応じて活用している例が見られる。
(4)「ソーシャルメディア活用先進事例報告会」のアンケート分析
ソーシャルメディアを活用して事業活動を高度化する方策の一環として、平成28年3月3日に、先進的な企業の事例に関する報告会を開催。
その際に実施したアンケートから、「人材」、「知見」、「効果的な活用方法」等への課題を感じている企業が多いことが読み取れる。
(5)ソーシャルメディア活用の課題と活用促進の方策
ソーシャルメディアの活用を展開していくために、ノウハウの普及、専門人材の育成アドバイスや、評価のための基準の整備等が重要と考えられる。

経済産業省が企業のソーシャルメディア活用に関する調査報告書と先進事例集を公表

ソーシャルメディアを利用して、ビジネスに効果をもたらすという考え方より、ソーシャルメディアも行っていない企業のユーザーへの考え方が疑われる時代になっているのではないだろうか?企業サイトを見るより、Facebookページを見た方が、その企業のサービス精神のようなものが伺える時代になっているのではないでしょうか? もっとわかりやすくいえば、ソーシャルメディアも活用していない企業は信頼も信用も受けにくいのでは・・・?ということになります。

岡谷市外構工事屋店ホームページリニューアル

岡谷市の庭工事・外構工事屋さんのホームページをリニューアルしました

この外構工事・庭工事の専門店のウェブサイトには、スマートフォンからのアクセス(60%強)がPCからのアクセス(30%強)となっていました。また、Facebookなどの利用からもスマホ対応の重要性がありました。正月などのアクセスの多いい時期を見計らい、今までのコンテンツを残したままスマホ対応のマルチディバスウェブサイトにリニューアルしました。変更したのは、TOPと各ページのスマートホン対応のレスポンシブWEBデザイン可です。

ouchimawari

現在のコンテンツを残したままスマホ対応のマルチディバスウェブサイトにする賢いリニューアル。

お家まわりのリフォーム屋さんのホームページはこちら

お客様からの感謝の声が更なる顧客主義の徹底に

顧客主義の徹底したウェブ制作会社に

昨日、クライアントの工務店の社長からFacebookメッセンジャーで次のようなメッセージをいただきました。多くの工務店の顧客との最初の接点は住宅完成見学会です。まず、建築が完了した住宅に来てもらい契約へ導きます。そして、その見学会への導引がホームページであったり、チラシなどの広告です。弊社では。このような住宅見学会の告知をホームページのTOPスライダーに告知して、見学会専用ページを制作して、更に予約が必要なケースでは予約システムを準備します。その作業には一棟でも成約に繋がって欲しいと願いを込めた作業になります。

お世話になります。
見学会、ホームページからのお客様が増えました。
いつも、気にかけて頂き、感謝しております。
今後共、よろしくお願いします^_^

お客様主義ウェブ性制作会社

私は返信と共に弊社スタッフにこのメッセージのキャプチャーを送りました。それはこの小さな感動をスタッフと共有したいからです。
私たちはお客様を感謝されることがとても嬉しいのです。お客様に利益を与えることが少しでも出来たことがとても嬉しいのです。それは自分たちのやってきたことに間違いがなかったことの証明にもつながります。しかし、もっともっと徹底した顧客主義サービスの追求ができるウェブ制作会社でありたいと改めて誓ったのです。

Facebook・ブログ・ウェブサイトの役割を明確にする

Facebookの役割とウェブサイト・ブログの役割を決めよう!

ただ、ビジネス活用にFacebookを使っても成果は期待できません。SNS・ウェブサイト(ホームページ)・ブログ・メールマガジンとしっかり役割を確認しましょう。そして、それらを使い分けることによって多くのビジネス効果が得られます。

facebookの活用

AIDMAを理解して各役割が果たせるウェブマーケティングを
Facebookからブログ・ウェブサイトまでの流れ

AIDMA(アイドマ)の法則にそってウェブマーケティングを考えてみましょう。そこで、簡単にAIDMAの法則を説明しながらウェブマーケティングのツールを解説しましょう。

A.知らないユーザーに呼びかけ注意(Attention)を引き知ってもらいましょう
Facebook・TWitter・PPC広告
I.商品・サービスに興味をもてもらい感心(Interest)を持ってもおらいましょう
Facebook・TWitter・SEO対策・PPC広告
D.使ってみたいなと思ってもらい欲求(Desire)を持ってもらいます
ブログ
M.上記の欲求が強ければ強い程に記憶(Memory)
メールマガジン・ブログ・ウェブサイト
A.最後に行動(Action)を起こしやすく、つまり買いやすく、お問い合わせしやすく
ウェブサイト(コンバージョン率を高める作業)

上記のようにFacebookではまず、ブランディングなどという言葉で一括しないで、まず、多くの人に自己のビジネスを知ってもらうと言う視点で活用してみては如何でしょうか?
AIDMA(アイドマ)の法のを解説しているサイト
AIDMAの法則

Facebook・ブログはユーザーに好かれるためのツール

Facebookやブログはユーザーに好かれるための利用するツールなのです。このツールで買ってもらう・使ってもらうなど考えない方が結果的に成果が得やすくなります。つまり、まず、自社を好きになってもらうというインバウンドマーケティングになります。ユーザーに有益な鮮度の高い情報を提供してください。

ホームページにユーザーを呼び込むためのSNS

ホームページに呼び込むためのSNSの利用法

Facebook・Twitter・LINEと人気のSNSだが、最近Facebookもマンネリ化している感じがしているユーザーも少なくない。そこで「あの清水寺も一種のビジネス向けに活用しているInstagram(インスタグラム)に通目が温まっている。Instagramはモバイル専用のアプリだが、スマホでなくてもパソコンでも見ることは出来ます。そんなInstagramでビジネス活用法を探ってみた。

instagram

FacebookもInstagramもやることは一緒

Facebookで自分のビジネスに関する画像を投稿してブランディングをするのと全く同じですね。殆ど文章を不要とするInstagramの方が簡単に利用できます。またハッシュタグで拡散も出来ます。

例えばケーキ店なら、Instagramに商品のケーキやケーキを作っている画像を投稿するだけで、見た人はケーキを食べたくなる。そこで、ホームページに呼び込み地図やケーキ作りの思いを知ってもらうことができます。

SEO対策ができない分SNSでホームページを活用する

SEO対策はとても大切です。しかし、お金や時間の掛かるSEO対策を業者に頼むよりもSNSの更新を頻繁にして見込み客を呼び込むことは出来ます。しかし、Facebookだけでは・・・アクセス料にが不足します。もちろん、SEO対策は重要ですが、今ある条件でホームページ運営をして、ホームページを活用してください。

ビジネス向けにInstagram(インスタグラム)を活用している企業事例20選

Facebookビジネス活用カリキュラム長野県下で実施!

Facebookをビジネス戦略的カリキュラムは、ATFが4年以上活用しているノウハウをや情報を元に様々なオーソリティの活用方法をなどもまとめ、それを実際に訪問して行うレクチャーです。
特にこれからfacebookをビジネス活用に始める方にお勧めいたします。

スモールビジネスに特化したローカルでのFacebook活用レクチャー

https://nnn-seo.com/smartphone-contact/

Facebookをただ利用するのは簡単なことです、ですが、ビジネスで確実に利益の得られるノウハウを伝授いたします。1カリキュラム1名〜10名まで、52,500円2時間の3回のカリキュラムです。実施地域は長野県下とさせて頂きます。

料金:10名まで52,500円
実施:訪問もしくは来社
プログラム:Facebookの概念、友だちの申請方法・FB活用成功例・ビジネスにリアルな成果を得るまでのノウハウとなります。
また、はじめて利用する人には、操作方法から期間中3000名の友達確保までをサポートします。

お問合せ:こちらから»
     

「100歳からのFacebook」なんて人もいるのです。

無事に盛況のFacebookセミナーが終わった。FacebookでのパーソナルブランディングとFacebookページのブランディングについての解説を行った。また、SNSをビジネスに用いるとき、「無料サービスだ」と思って安易に扱うと効果のみならず、多くのリスクがあることを解説した。そして、パーソナルブランディングは、「人間力」により構築できることも伝えた。

2

そして、未だにFacebookのビジネス威力を軽視して、導入できない経営者も少なくない。100歳からのFacebook日野原重明を学んでほしい!

「今更、Facebookなんて」なんて意見もある。私自身もFacebookでビジネスをそれほど熱心に今はやろうと思っていない。それは、現在のFacebookフレンドに満足している点もある。しかし、Facebookをビジネスに活用してリアルに成果を得ている例は沢山あるし、現在もFacebook経由で仕事の依頼や相談もある。

また、弊社では、企業ごとのFacebookセミナーやサポートも行っています。
FacebookもInstagramもやらない!とSNSの行方を探ってみる!»

地方だから出来るFacebookでリアルな効果を得るセミナーについて

3月10日松本ソフト開発センターの主催で、私が講師を務める「地方だから出来るFacebookでリアルな効果を得るセミナー」を行う。30名の定員オーバーしたので、隣接している建物松本市情報館の80名のホールに変更された。参加者は50名程度らしいが、まだ席はある。久々の50名オーバーのセミナーとなるとシナリオ作りも大変である。無料だが、せっかく来てくれた人には、ネット上にも書籍にもないノウハウを持って帰って欲しい。

faceboookセミナー

また、シナリオは半分くらいしか出来ていないが、4月には都内でも50名のセミナーが予定されている。

このセミナーでは、パーソナルブランディンから企業のブランディングにつなげる方法や実際の成功例も紹介するつもりだ。しかし、参加者がどこまでこの戦略的なFacebook利用法を理解してくれるのか?ちょっぴり心配です。

詳しくはこちらから 30名の定員オーバーのfacebookセミナー80名収容施設に変更»

Facebookでリアルなビジネス効果を得るためには?

Facebookに時間を費やすとビジネスブログが疎かになる傾向がある。しかし、Facebookでリアルなビジネス効果を得るためには、Facebookの友達やFacebookページにLIKE(いいね)をしてくれたユーザーを自社サイトに呼び込まなければならない。

facebook

そのためには、ビジネスブログを更新して、それをFacebookに反映するのが最も効果的なFacebookの利用方法である。
重要なのはLIKEの数ではなく、Facebookからブログに呼び込んだ数となる。Facebookは、あくまでもパーソナルブランディングと企業ブランディングの構築だと割りきって利用するか?徹底したリアルな効果を得るためのビジネスFacebookの活用方法を学ぶしかない。

Facebookを無料のサービスだと侮ってはいけない

  • ・以下にまず最低充実させておくべき項目を記載してみた。
  • ・プロフィールの充実
  • ・プロフィールの写真の最適化
  • ・サイト・ブログにFacebokボタンの設置
  • ・サイト・ブログにFacebokページの誘導ボタンの設置

Facebookからリアルな成果をGETする!»
facebookのシェアボタンをブログに設置する方法(読み込み速度改善版)»

長野県中小企業のホームページ制作を考える

長野県下中小企業のホームページ制作において、レポートを書いてみることにした。中小企業と行ってもその業態・企業のサイズによっても大きく異なる。そのなかで私たちが多く関わる20名程度、もしくはそれ以下の中小企業のホームページ制作につてい書いてみる。他のローカルでも同様の傾向があるのではないだろうか?

長野県下のホームページ制作は

全国をマーケットしている企業のホームページ

ATFとしては、一番効果を得やすいタイプとなる。ネット通販製造業他のサービス業などが、それに当たる。つまり全国という大きなマーケットをターゲットしているので、ホームページ制作のWEB ROI(投資対効果)が得られやすい。適切なSEO対策とその企業のコア・コンペテンツなり、ニッチなターゲットを設定したマーケティングコンサルティングを交えて行うホームページ制作です・このタイプはターゲットさえ絞り込めれば成果は約束されたようなものだ。

地域をマーケットしている企業のホームページ

ATFでは工務店専用ホームページ制作サイトを用意して全国の小さな住宅工務店のホームページとセールスプロモーションをサポートするサービスを行っている。しかし、これ自体が20万都市程度の地域をマーケットした事業所のホームページ制作となる。これらの地域では、完全にホームページ制作・WEBサービスだけで、ユーザーにベネフィットを与えるのは難しい。よって工務店へのサービスなどは、セールスポロモーションまでサポートしている。

企業のWEB担当として

ローカルではWEB担当などを配置している企業は少ない。であるから、ATFとしては、ホームページ公開時から小さな変更や成果を得るための運営サポートが不可欠になる。特にSEO対策などはサイト公開後かなり時間がかかる。それでも長野県下でも長野市ぐらいの人口(38.15万)くらいあるとWEBサービスだけで、かなりのベネフィットを与えることが出来る。いわゆるホームページだけで成果を得られる。

それでは、地域をマーケットとしている業態のWEB対策とは?

「松本市程度(24.3万 )の人口では、ホームページ制作は無意味なのか?」という問題だが、もちろん、工務店やリフォームサービスのような一案件の金額が大きな業態には必要なホームページである。また昔ならタウンページで探される業態でもホームページは重要なビジネスツールとなる。その場合は、名刺やチラシなどの紙媒体の広告に検索を促すキーワードを載せる必要がある。これは、ローカルSEO対策が重要にとなる。企業を名を検索しなくても分かりやすい単語で検索できるようにしなくてはならない。

ソーシャルメディア・ソーシャルネッチワークの活用

ビジネスエリアが特定されている業態・業種では、TWitterやFacebookなどのエリアを限定して利用できるサービスを併用してホームページにユーザーを誘導する方法もある。とくにFacebookから地域のユーザーを限定する方法が最も有効である。そのためにFacebookを上手に運用する必要がある。

ネット広告アドワーズの活用

ロカールSEO対策とはとても難しく、Google自体もあまりケアをしていない。そこで、特定の地域から検索するユーザーをターゲットにする必要がある。専用のランディングページを作っておくととても有効な戦略となる。

スマートフォンサイトは最重要

ソーシャルネットワークなどは、スマホを利用するユーザーは長野県のようなローカルでもとても重要になる。特にGPSを使った位置情報から、近くのお店やサービスを表示してくれるグーグルのサービスに対応する必要がある。その場合、GoogleプレスやGoogleプラスなどのサービスをしっかりと利用して欲しい。これらのサービスを侮っては行けない。弊社で制作しているサイトの殆どがレスポンシブルデザインで制作されているので、スマホ・タブレットにも対応している。

地域をターゲットにするビジネスであればレスポンシブルデザインでサイトコを構築する必要は大である。レスポンシブルデザインはグーグルも推奨している。かといって、それだけで検索順位が上がるわけではない。

長野県でのWEB制作の最大の問題点

ローカルでのWEB制作・ホームページ制作成功への最大の問題点は、経営者のWEBへの理解度である。発注すれば効果の得られるホームページが出来ると考えている場合とホームページは何も効果が無いと考えている場合である。よくあるホームページ制作の失敗例をこのサイトで公開しているのでそれを参考にして欲しい。

つまり、ホームページは制作しても完成などなのです。常に変化するユーザーの価値観やアクセス解析などの文政期や変更・ブログ更新・Facebookなどやらなければいけないことは沢山あります。そして競合他社との差別さをして、地域一番のビジネスができるのでhないでしょうか?

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ