Google アナリティクス

Google アナリティクスの分析力こそが、ウェブサイトを成長させる

ウェブサイトの成長・成功はGoogle アナリティクスの分析力が鍵

コンテンツマーケティングからデジタルマーケティングの時代に突入している。SEO対策は、とても必要なファクターだが、新規に作成された販売・売上拡大を望んだサービスウェブサイト・販売ウェブサイトでは、まず、サイトの商品などの売り方やユーザーにとって正しいのか?修正の必要な点は、どこなのか?テストする必要があります。その場合、リステイング広告のGoogle AdWordsを使用して、その評価を確認し、次の一手を行う必要があります。つまり、PDCAサイクルを高速回転させ、収益の上がるウェブサイトに成長させる必要があるからです。そのためには、Google アナリティクスの分析力を高める必要があります。

phppak9v9a6869_tp_v-1

ウェブ担当に最も必要なGoogle アナリティクスの分析力

ウェブサイト制作会社にあまりないGoogle アナリティクスの分析力はありません。特に地方のウェブサイト制作会社では、自分たちが制作したウェブサイトの評価をされ、修正を行わなければならないので、ウェブサイト制作会社にとっては、あまり踏み出したくない領域なのかもしれません。しかし、私は、そうは考えません。新規ウェブサイト制作は、単なる仮説により実行されたプランに過ぎません。その成功率は極めて低いと考えてください。問題は、ユーザーの答えをGoogle アナリティクスの分析して、その結果を反映した対策を講じ続けることです。この作業によってウェブサイトは企業の収益率を高める収益の柱となるツールになります。

Google タグマネージャーを利用する

Google タグマネージャーを利用して、自己のターゲットをGoogle アナリティクスで分析することもできます。また、インバウンドマーケテインング窓のためのコンテンツ作りにも役立ちます。もちろん、SEO対策にも役立ちます。これらのノウハウを提供してくれるウェブ会社に「仕事を依頼するか?自社でこの能力を高め、修正依頼をウェブサイト制作会社にいらするのか?それともこれらのノウハウのあるマーケテインングコンサルタントに依頼し、Google アナリティクスの分析力を養っていく方法もあります。

ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。

このブログでも何度もお伝えしておりますが、ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。この概念だけは、頭に入れてください。そして、その結果、企業の収益柱に成長させる必要があります。そして、ローカルでもそんな時代になりました。ATFでは、当初からその重要性を伝え実行するために、すべてのウェブサイト制作には、サポート契約を伝いさせています。それが、私たちがクライアントに提供できる最高のサービスだと考えています。

ウェブサイトでリアルな効果を高めるための高速回転PDCA方法

ウェブサイトでリアルな効果を高めるためは?

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、制作公開後にウェブサイトを成長させなかればなりません。そのためPDCAサイクルを高速回転させる必要があります。この作業によって自社の商品分析や売り方の変更やウェブサイトの修正や追加が必要になります。そして、リアルな効果を得られるウェブサイトに成長していきます。

WEBサイトPDCA

仮説→追加・修正→測定→改善

PPC広告/リスティング広告で評価を見る

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、まずユーザーの評価を測定する必要があります。まず、1ヶ月でもいいのでPPC広告/リスティング広告で評価を見ることが、高速でPDCAを回せます。Google アナリティクスで解析したデーターを分析する作業がとても大切になります。そのための分析力をウェブ担当は身につけておく必要があります。

コンバージョンを高めるための作業

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、ユーザーが目標のランディングページや資料請求などのコンバージョン率を高めるためのボタンの位置やスマートフォンではコールアクションの見せ方や位置が重要になります。これらもPDCAサイクルにより、最良の位置や方法を見つける必要があります。

コンテンツについて

ウェブサイトでリアルな効果を得るためには、見やすく分かりやすいコンテンツになっているのか?ユーザーの求めるベネフィットをしっかりと訴求できているのか?この点にフォーカスしてコンテンツの修正や追加を行う必要があります。もちろん、PDCAを高速回転して、最良のコンテンツに仕上げる必要があります。

SEO対策が何故大事なのか?

SEO対策がウェブサイトで一番大切


都心のランドマークの近くにある看板と田舎道にある看板では、見る人が数が全然違いますね。よって、そこの看板の広告効果は歴然としています。しかし、その看板を見るの火と血がどんな人達であるかが問題になります。近所の人に向けた広告であれば、田舎道にある看板の方が効果的です。費用対効果も望めます。要するにSEO宅作は、マーケティングより、ターゲット設定を行いその上でSEO対策を行います。

SEO対策

どんな人に向けたSEO対策が必要なのか?

ターゲットも設定しないで、SEO対策はできません。ペルソナでしっかりターゲットを設定してください。その設定したターゲットが利用するキーワードが必要になります。例えば、ビックキーワードにエントリーされていても、リアルな効果に結びつきにくいものです。

例えば、住宅なら27坪家・相続 預金通帳・製造業 軽合金金型など
リアルな効果を結びつけるためにユーザーが求めるキーワードを探すのです。

適切なキーワードを探す方法

適切なキーワードを探す方法は、日々のアクセスを開設する必要があります。また、Google アナリティクス・Googleウェブマスターツール(Google Search Console)で、ユーザが求めるキーワードやリアルな効果のあるキーワードを探ることが出来ます。ただ、この二つにより解析するには、それなりの学が必要になります。

ホームページのコンテンツの質を上げるには?

私が企業ホームページを制作する時のポイントしてとても大事にするのが、そこで働く人の顔と企業ビジョンです。多くの企業ホームページを制作したなかで、ユーザーがどんなページーを求めているのか? Google アナリティクスでの解析を継続している結果の大まかなではなるが、ページビューの流れを確認しました。その結果は、以下のようになります。

hub-scan

企業ホームページ制作のページのポイント

多くの企業(中小企業)サイトのユーザーが次のようにページに訪問しています。商品により異なりますが。以下の5つの項目のコンテンツづくりが重要だということが分かります。あある意味で、商品(製品)がランディングページになるのですから重要なのは当然ですが、企業ビジョン・実績のページを充実させる必要があるでしょう。

  1. 商品(サービス・製品)
  2. 企業概要
  3. 企業ビジョン
  4. 実績
  5. スタッフブログ

働く人の顔を!

無機質になりやすい企業ホームページで重要なのは、そこで働く人の顔です。言葉で自社をアピールするより、画像でアピールする方がメッセージは届きやすいことは言うまでもありません。また、撮影方法や本人のコメントがユーザーの心を引き付ける場合もあります。モデルを利用するよりも自分の顔を出して、自分が責任を持つというスタッフの意思表示も必要になります。

コンテンツの質とは?

企業ホームページでは、専門家としてのユーザーへの情報提供が必要になります。ただ、商品を売ることだけにフォーカスするのではなくユーザーに鮮度の高い良質な情報を提供する必要があります。それは、アフターサービスではなく、ビフォアーのサービスの充実を示します。どこまでユーザーのために作られる企業ホームページであることを忘れないで、コンテンツの充実を図るべきです。それは、顧客満足度を高めることにも繋がるでしょう。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ