Google Analytics

また、検索順位に大変動?長野県サイトはどうなっているのか?

新アップデートでGoogle検索順位が大変動は事実か?長野県のホームページは?

ATFでは、弊社クライアントの検索上位サイトの変動をチエックしております。ネット上では新アップデートでGoogle検索順位が大変動しているという噂に長野県の弊社クライントサイトを再調査してみました。

2015年5月2日以降から、Googleの検索順位が大幅に変動しており、いくつかのSEM・SEO系メディアではGoogleがアルゴリズムをアップデートしたのではないかという見解が出ています。
既に、Google日本でも通常では発生し得ない順位変動が発生しています。今発生している順位変動に関して変動値や実際に検索順位が動いたWebサイトを調べてみました。

【2015年5月】新アップデートでGoogle検索順位が大変動!?

大きな変動が見受けられないクライアントのホームページ

弊社では、Google Analyticsと解析とGoogle WEB マスターツール以外にもFerretのSEO対策ツールでも検索順位チェックを行っております。そして、以下のように5月に入っても一部サイト以外は変動している兆しも見えません。

長野県ホームページ制作検索順位

上記は、弊社の「ホームページ制作松本市」のキーワードに順位です。

業務用タオルホームページ順位

上記は、弊社の制作ホームページでアスクルを抑え全国で一位をキープしている「業務用タオル」のキーワードに順位です。

松本市工務店のホームページ検索順位

上記は、弊社の制作「松本市工務店」のキーワードに順位です。このサイトだけが、微妙に変化をしています。また、GoogleとYahooの評価が異なります。

大きな変動が見受けられない長野県ホームページ制作

ATFは、ローカルSEO対策のお勉強と言うブログでローカルSEO対策の調査結果や色々なテストを行っております。どんなに優れたホームページ制作をしても多くのユーザーに見てもらわなければ意味が無いのがホームページです。そのために日々、クライント様の検索順位を観察し、対応しております。

大切なのは、Googleガイダンスに従うこと

この10年ぐらいでも、私が担当していたサイトでの大きな順位変更の苦い思い出があります。そして、その経験から得たのは、Googleガイダンスに沿ったWEB制作がとても重要だということです。手間で面倒でも細かいところまで、ガイダンスに従ってホームページ制作することが重要だと考えています。

売れるECサイトのSEOは、コンバージョン率を考慮する。

Mochi Cream shop [Shibuya]

ECサイト(ショッピングサイト)では特に最終目的であるコンバージョン率をセッテする必要がある。私の仕事は、サイトが公開されてからSEO対策にも必要になる。

キーワード設定とは?

販売者側の考えるキーワードと現実にユーザーが検索するキーワードは異なる場合が多い。SEO対策の目的は、検索サイトのページランクを上げることではなく、売れるキーワードで上位表示されることだ。特別ビックキーワードで上位表示させる必要はない。その上でユーザビリティの考慮が必要にはなるが、コンバージョン率からキーワード設定の要因を検索する必要がある。
同じようなことをビジネスブログのSEOと作り方!でも記載している。

ECサイトのSEOは、コンバージョン率を

ECサイトの最大の目的は、売上拡大である。SEO対策で売れるキーワードを見つける必要がある。それが、コンバージョン率を高めるということだ。いくら上位表示をしてもコンバージョンが低ければ、ECサイトの構築は成功したとは言えない。もちろん、商品やサービスの問題もある。しかし、SEO対策をするとキーワードの商品を最上部に設定することになる。それが、売れる商品とは限らない。また、売れない商品は、売れる商品を支援するケースもある。1ページの商品は、20アイテムが理想である。もちろん、ブラウザでコンバージョンを考える必要もある。
Google Chrome ブラウザはコンバージョン トラッキングと Google Analytics データにどのように影響しますか?を参照してください。

僕のFacebookファンページをご覧ください!

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ