Google

「より良質のコンテンツをユーザーに」googleが示したウェブサイトの方向性

Google検索のウェブコンテンツの評価への思い

Google は、世界中の情報を整理するという使命を公表しています。Google 検索品質評価ガイドラインも同様です。残念なことに英文なので、時間のある時に翻訳してみたいと思っています。Google は検索により質の高いコンテンツをユーザーに届けたいと考えた時に有効であるのが、Google AdWords(リスティング広告)というのも、Google の収益の97%以上を占めているからです。Google ウェブ検索してユーザーに役に立つ質の高いコンテンツのウェブサイトを検索上位に表示する必要性があるからです。これを使命と言ってもいいかもしれませんが、Googleのウェブ検索は、多くのユーザーに便利さを提供しています。

web検索

Googleが後押しするウェブコンテンツとは?

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツは、その大部分がプロとして情報提供するサイトによるコンテンツです。このようなサイト運営者様の成功を Google としても後押ししたいようです。つまり定期購読するコンテンツは無料コンテンツより、優良なコンテンツを提供しているが検索表示してもユーザーがコンテンツを確認することが出来ないので、無料コンテンツに流れるということです。

定期購読が必要なサイトを敬遠するユーザーが一定数いることが、Google が行った調査の結果からわかっています。したがって、定期購読コンテンツが有益であることをユーザーに知ってもらうために、コンテンツの一部を無料サンプルとして提供することが不可欠なのです。

Google ウェブ検索の使命とは

「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです」。しかし、Google ウェブ検索は、未だ完璧ではありません。良質なコンテンツを本当の意味で見分ける力はありません。要するに、真の意味でコンテンツを理解するとできるアルゴリズムは開発されていということです。 ですが、それほどいい加減ではありません。SEO対策とは、「Google ウェブ検索がなにを望むのか?」を知ることが重要なのです。

その意味で、週末は、Google 検索品質評価ガイドラインを読んでみましょう。

PS. Google ウェブ検索は外国のウェブサイトのリンクを評価しないようです。しかし、私は、このGoogle 検索品質評価ガイドラインを翻訳してみようとチャレンジする方のためにリンクを張り込んでみました。

Google検索モバイルファーストの考え方-SEO対策知っておくべきコトウェブ担当様

GoogleのモバイルファーストへのSEO対策の概念

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて(2016年11月5日土曜日)に公開した記事によると、未だGoogleはスマホサイトでの評価を文字サイズや>レスポンシブデザインのみのモバイルファーストのみの評価をしているようです。現在は、Pc版のみの評価が検索結果に反映されるようです。

https://material.uplabs.com/posts/google-pixel-psd-mockup-2

スマホファーストでのウェブデザイン

上記を理解するとレスポンシブデザインでもスマホ表示にする時にスマホでもっと見やすくするためにテキスト数を削除する方法が考えられる。また、その先にPC版(デスクトップ版)では、TOPページもテキストを増やすという手法も考えられる。言い換えれば、PC版の構成が良ければ、検索表示反映されるが、現在では、スマホサイトは評価していない事になります。

スマホサイトはできるだけテクストを少なくする方が見やすいわけで、そのためフラットデザインなどで、PC版も作り、そのままスマホにレスポンシにされるのですが、手間を少しかけて、スマホではテキストを捨てて、見やすさ重視のマテリアルデザインにするべきではないでしょうか?

将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。もちろん、Google のインデックスがモバイル版のコンテンツで形成されるようになっても、デスクトップ端末かモバイル端末かに関わらず、すべてのユーザーに素晴らしい検索体験を提供し続ける点は変わりません。

レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

ウェブマスター向け公式ブログのモバイル ファースト インデックスに向けて

WEBでみんなを幸せに!

ウェブ制作で関わったすべての人に幸せを

他人を幸せにするには、まず、自分たちが幸せでなければなりません。そして、弊社に関わった全ての人を幸せにすることが私たちの仕事考えています。そのためにクライアントの成果を第一に考えます。そのために当然ですが、社員の幸せ・家族や取引業者さんの幸せを考えます。

Search Inside Yourselfを読んで

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を読みました。とても難しい本でした。自己認識力・創造性・人間関係力をGooGleの研修制度の書籍を読んで。「陽気なエンジニア」と称されるGoogleの社員教育制度を見習いました。「瞑想」の力は、海外の成功者がよく語っていますので、私も真似をしていますが、そのまま寝てしまったりなかなかうまく行きません。
「Googleの神」と言われるIQの高いエンジンアリングが瞑想をするなら、私達IQの低い人間たちの集合だからこそ真似をする必要があると感じました。

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

一人ひとりが、関わる人に何を奉仕できるか?

すべての社員がこの考え方ができれば、最高のウェブ制作会社になれると私は考えています。WEBエンジニア力・SEO対策能力・マーケティング力などは、弊社の強みではないのです。弊社が求めるコア・コンピタンスは、弊社と関わった人、全ても幸せに出来るの力です。もちろん、まだ、コンピタンスにも成り得ていません。
しかし、私がセグメンテーションした企業様には150%以上の満足感を超えた感動を与えていけるウェブ制作会社にする必要があります。

常に学び、常に誠実であれ

私たちは、長野県下だけではなく、全国で有数のWordpressを活用した小規模事業者のサポートを行えるウェブ制作会社として、最新の技術やマーケティングを多くの人を幸せにするための学びの集団であって、誠実な仕事をする企業で在り続けたいと思っています。

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

誰でも簡単にグーグル検索に自分のウェブサイト・ブログを登録できる方法

素人でも簡単にグーグル検索にエントリー(登録)する方法

ウェブサイト(ホームページ)・ブログなどに「アクセスがなく、検索しても自分のサイトが表示されない」。そんなお悩みの方にはオススメのGoogleのサービスがあります。本来ならGoogle Search Console・Google アナリティクスに登録するべきですが、方法が分らなかったり、面倒くさいと思っている人には超おすすめです。

Google Search Console URL

セキュリティのチェックをしてURLを入力するだけ

新規のサイトやGoogleクローラーが回っていないと考える方やブログの更新の度にURLを入れるとGoogle クローラーが巡回してくれるよです。もちろん、ウェブサイトとしての必要な記述や整備なども関連するようですが、まずお試しください。

Google はウェブをクロールするたびに、インデックスに新しいサイトを登録し、既存のインデックスを更新しています。新しい URL を使用する場合は Google にご連絡ください。送信されたすべての URL がインデックスに登録されるとは限りません。送信された URL がインデックスに表示される時期について、予測や保証はいたしかねますのでご了承ください。

Google Search Console URLのクロールの申請

クラウド化導入ガイダンス無料セミナー Google Apps導入ガイダンス

Google Appsセミナー

クラウド化導入ガイダンス無料セミナー Google Apps導入ガイダンス

年間6,000円しかからないGoogle Appsでクラウド化
年間約6,000円(税別)で、活用できるGoogle クラウドAPPS。自社の業務に合わせてカスタマイズ出来る優れモノです。
ATFは地元の松本市周辺の事業者の方にAPPS導入方法を分かりやすく解説いたします。

内容:自社の特性に合わせてイントラネットをクラウド化する。商品管理・販売管理・社内メール・一括メールなど恐るべきパフォーマンスのAppsを使って、作業の効率化を図る。

※同日に開催しております「無料セミナー松本市ワードプレスでサイト構築」への同時参加はできません、ご了承ください。

日時 11月27日 木曜日 10:00〜12:00
会場 臨空工業団地内 松本ソフト開発センター 1F研修室 GoogleMapで見る»
参加費 無料
定員 20名(※定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講用資料 1,500円(税別) 欲しい方のみ
講師 北沢 孝清 ATF SE責任者
プログラム 1,クラウド化の必要性
2,助成金対象のクラウド
3,Google Appsとは?
4,Google Apps出来ること
5,Google Appsの初め方

弊社では、Appsの利用サポートは行っておりません。

クラウド化導入ガイダンス無料セミナーのお申込みはこちら

お名前 (必須) 【全角】松本 太郎
メールアドレス (必須) 【半角】app@a-t-f.jp
メールアドレス確認用 【半角】app@a-t-f.jp
電話番号 【半角】0263-87-1709
受講用資料 必要不要 (資料は有料1,500円(税別)となります。)
質問・その他
フリーメールを ご利用のお客様
弊社からの返信メールが、迷惑メールと判定されることがあります。
1時間以内に弊社からの返信メールが未着の場合、お手数ですが一度迷惑メールフォルダーのご確認をお願いします。セミナーに関するお問い合わせはこちらから

このお問い合わせフォームはSSL(Secure Socket Layer)に対応しています。SSLとは、情報を暗号化してインターネット上で通信するための技術で、お客さまの個人情報はSSLにより保護されます。

入力頂いたお客様の個人情報については、当社のプライバシーポリシーに基づいて適切に取り扱います。
当社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

売れるホームページを作る前に知っておくこと?

売れるホームページを作るのに、多くのユーザーが忘れているのがあります。そして、多くのホームページ制作会社は、それをユーザーに伝えません。

seo

家を建てる時に住宅建設会社が提示してくる見積書には、様々なその他費用の家を建てるための申請料や、エクステリアなどの外構に掛かる経費や照明代などが記載されません。そして、その金額の単位は6桁となります。それと同じく、どんなに売るために有効なホームページを作成しても、多くのターゲットにそのホームページに訪問してもらわなければ、いりません。であるならば、Facebookなどでは効果がなく、検索サイトに指定のキーワードで検索される必要があります。

そのためには、制作費以外の費用が掛かります。
しかし、多くの制作会社は、企業のホームページ制作に確保している予算のすべてをホームページ制作に充当させます。さらにSEO対策に対する費用は、利益率も悪く、技術力も必要になります。

検索祭に上位表示される方法

キーワード検索で、上位に表示されるホームページの企業イメージは、その企業の質の高さを感じさせます。そして、多くの人が、検索サイト上位のサイトしか訪問しません。つまり、検索上位10位以内であればまだ良いのですが、サイトが検索サイトで上位表示ページの次ページに表示されるようであれば、まず、ホームページのビジネス効果は期待できません。

それでは、上位に表示させるには?
1,Googleのガイダンス通りサイトを再構築する。
2,サイト内のブログの更新頻度を高める。
3,SEO対策を正しい技術力のある専門家に依頼する。
4,Googleアドワーズを活用する。

1,のGoogleのガイダンス通りサイトを再構築する

この作業はとても大切なことです。しかし、ウェブサイト制作会社の技術力が必要になります。そして、その効果を得るには時間が掛かります。この作業は標準の作業となるので、これだけでは、上位に表示させるとは限りません。

2,サイト内のブログの更新頻度を高める

この作業は、上記の項目と併用するともっとも実質経費をかけずに効果を得る方法です。頻度が高く質の高いコンテンツのブログ記事更新が、中小企業ではなかなか難しいのも事実ではあります。この作業は、いわゆる、社内ブログライターという人材に依存します。

3,SEO対策を正しい技術力のある専門家に依頼する

このファクターは、多くのグレーなSEO対策会社が混在する中では、なかなか正しい技術力のある専門業者を探すのも難しく、多くの費用が掛かります。
Googleウェブマスターツール検索エンジン最適化(SEO)では、Googleが検索サイト最適化についてのコメントとSEO対策業者の選定方法を記載している。

4, Googleアドワーズを活用する

もっとも簡単にアクセスを獲得できる方法です。また、Googleアドワーズを利用しているサイトのGoogleの評価も高いようです。SEO対策やブログ更新による効果を得るための時間や費用より、費用対効果が最も高いと私は確信しています。
ECサイト(ショッピングサイト・Eコマース・ネットショップ・ネット通販ショップ)には、特におすすめします。その理由は、ECサイトでは、一度顧客情報を登録すれば、リピーター獲得率が高いのです。つまり、多少の経費を掛けても、売上拡大につながるということです。

私がここでお伝えしたいのは、まず売れるホームページを運営したのならば、SEO対策に掛かる経費を計画当初から見込む必要があることをビジネスホームページを作成する企業のご担当者様に知って欲しいということです。そして、コストパフォーマンスを考えるとGoogleアドワーズが最も効果的であることを知って欲しいのです。そして、その予算を確保することが売れるホームページを作成するキーポイントだと考えます。

意外と知られていないGoogleパーソナライズ検索。Yahooも同じかな〜?

Googleパーソナライズ検索

Google検索では、ユーザーの意図は読み、より快適な検索が行えることを目的にデイフォルトにせってされているのパーソナライズ検索です。
googleパーソナライズ検索では、直前のクエリに影響され、検索したキーワードの順位が、ユーザー用に最適化されます。つまり、自分のサイトを望むキーワードで検索すると、上位に検索されます。Yahooでも同様なシステムがあるようです?(実は私、Yahoo!のことはよく知りません)

言い換えれば、本来の検索順位とことなる順位で自己がよく見るサイトを優先的に上位表示させます。

Google Australia Goody Bag

これは、よくユーザーのところで、SEO対策のすすめをする時に「うちのサイトは一番だから・・・」なんて話を聞く時があります。もし、望むキーワードで1位表示されるのなら、それなりにウェブサイト(ホームページ)の影響で営業成績の拡大や問い合せ回数が増大しているはずです。

正確な順位を調べるためのツール
検索エンジン一括順位チェックツール ランキングチェッカー
簡単にGoogleのパーソナライズ検索を無効にする方法

検索順位の1差と2位の差

オリンピックで言えば、金メダルと銀メダルさは大きいように、検索順位の1位と2位の差の売上は2倍異なると言われています。もしあなたが競合他社対策にお悩みなら、まず、SEO対策に力を入れてください。かなりグレーな業者もあるようなので、業者に依頼する時は、実績を確認にしてください。一見、Facebookの「いいね!」などは効果があるように見えますが、検索サイトからの訪問者では比較になりません。SEO対策、テキストマット広告(adworsなど)は、ビジネスベネフィットを得る最高のツールだということを認識してください。

Googleからは、正しいSEO対策業者の選定するためのガイダンスも提供されております。
検索エンジン最適化(SEO)

SEO対策・SEM対策コンサルティング»

Googleからのアドバイスをビジネス活かす!

Facebookは簡単に更新できるサービスとして、中小企業の経営者にも人気です。投稿に「いいね!」を押してもらうととてもいい気分になります。またFacebookページも同様です。しかし、実際的な自分のホームページへの効果はどう図っているのでしょうか?

Esperanza Navas de Google explicando cosas webmaster tools, en el III Congreso de webmasters

FacebookでもないTwitterでもない!大切なのは良質なコンテンツを持ったホームページです!

FacebookやTwitterであなたのポスト見ることの出来るユーザは何人いるでしょうか?あなたの友達の数とFacebookのアルゴリズムの数を考慮しても100名から1,000名くらいでしょう?しかし、検索からはその時に必要な情報を求めるユーザーがあなたのビジネスを検索してたどる数は無数です。
  
  ・必要な時にあなたのビジネスを検索できるのは?
  ・友達という範囲ではなく、すべての潜在顧客から検索されるには?

上記の2つの項目は、Facebookでは不可能です。もちろん、Facebookでブランディングが成功すればそれなりの効果はあります。しかし、インターネットであなたのビジネスを探している人に良質なサイトでなければ、Googleはあなたの潜在顧客をあなたのサイトへ導くことはしません。

FacebookでもないTwitterでもない!大切なのは良質なコンテツを持ったホームページです!

良質なサイトを作るためのアドバイス(google ウェブマスターツール公式ブログ)では、良質なサイトの作り方が発表されました。結果的にこのようなサイトを構築するれば、GoogleのSEO対策になるということです。有料リンクなどその昔のSEO対策などGoogleには簡単に見破られます。

google web master tool

ウェブマスターツールとは?

私達のようなウェブ制作会社やブロガーが自分のサイトをGoogleに登録して、検索結果やGoogle巡回ロボットを回避させたり出来るGoogleのサービスです。Googleアナリスティクスと併用して利用します。もし、あなたのサイトが登録されていないようでしたら、弊社にお問合せください。ビジネスユーザであれば無料で設定します。無料サイト評価と合わせてご利用ください。

CMSでなければ良質なサイトは出来ない!

CMS(コンテンツマネージメントシステム)でなければ、自社のコンテンツを更新することは簡単に出来ません。これは、ホームページとブログが一体となったスタイルとなります。無料ブログと自社のホームページの連携は、Google側から見ると見せかけのリンクとなります。また、CMSではブログからホームページに訪問者を誘導することが簡単に出来ます。つまり、Googleのガイドラインに沿ったサイト構築をしなければ検索されない時代になります。365日24時間あなたのビジネスを潜在顧客にアピールできるビジネスツールであるホームページを経営者の方も学ぶ必要があるのではないでしょうか?

最後に経営やウェブ担当の方に

あなたの会社のホームページはあなたの会社のエントランスです。そして、ウェブに載せるコンテンツは、あなたでなければ表現できません。それはあなたのビジネスへのこだわり、思い。あらゆるノウハウや経験から作られるあなたでなければ出来ないコンテンツです。あなたの声をデジタルに載せることが大切なことです。

オーソリティサイトを目指したSEO対策とサイトづくり

私たちがWEBサイト制作する時、またはSEO対策コンサルティングとしてクライアントサイトを再構築したりアドバイスをしたりする時にはGoogleのオーソリティ・サイトの要因を満たすための方向性を示唆します。つまり、有料リンクなどのGoogleには判別が可能な悪質な手法は持ちいりません。あくまでもGoogleのSEOのガイダンスに従います。
よって地味な作業にはなりますが、必ず効果を得る事が出来ます。

1. 存続期間:ホストするドメイン(サイト)の存続期間を表す。一般的には、長きにわたり運営されているサイトは、相応に意味のある情報を公開し続けているに違いがないから。

2. コンテンツ数量:ある分野について詳細に言及しているサイトであるなら、相応のコンテンツを保有しているはず、という考えに基づきます。なお、最近のパンダ・アップデートやファーマー・アップデート以後、単純にコンテンツ数量が多いだけのサイトは評価されない傾向にあります。サイト全体の品質に基づいて判断されるため、無断に低品質な薄っぺらなコンテンツを大量生産・公開しているサイトは、適切に評価を行わないようにするのでしょう。

3. 鮮度・更新性:ある分野について専門的な情報を提供しているサイトであるなら、一定の更新・追加・変更を行っているはず、また、そうした更新性や鮮度をもつサイトは適切にオペレーションされているから評価すべきという考えに基づきます。

4. テーマ・専門性:サイト全体、また、カテゴリにおいて、どれだけ特定のテーマや専門に特化しているか。一定以上の情報集合が特定分野に言及しているのであれば、そのクラスターは一定の有益性を持つかもしれないという考えに基づきます。

5. アウトバウンドリンク:本当にその分野で評価の高いサイトであるならば、自らのサイトのみならず、言及した情報に応じて適宜、適切なサイトをリンクで以て紹介しているはずである、という考えに基づきます。これはアウトバウンドリンクの集合のハブとしての品質を判断しているともいえます。

6. インバウンドリンク/ダイバーシティ/クオリティ:よく知られた「PageRank」概念ですが、多種多様なサイトから、多種多様な形式のリンクが、当該サイトの様々なコンテンツに対してリンクが貼られているような、非常に多くの自然リンクが集まっている状態のサイトは、相応のコンテンツが提供されているに違いないという考えに基づきます。テクニカルには、リンクの数量、アンカーテキスト、発信元ページのタイプ/エリア/セクション、リンククラスタ、関連性、レリバンシー、コンテンツ品質など多種類のシグナルを総合的に判断しているものと考えられます。いわゆる「外部リンク業者」には提供不可能な形式のリンクです。

7. コミュニティ: いわゆるソーシャルメディアやブログなどでも言及されているサイトは、人的評価で良いものの可能性があること、また、よく話題に上るサイトは良いサイトの資質を兼ね備えている可能性があるという考えに基づきます。

SEO:Googleが評価したいオーソリティサイト(Authority site)とは

シンプルな構成ですが、WEBテクノロジーを理解して、コンテンツの作成能力がないと出来ない作業です。

Google大きくアルゴリズムを変更を!

松本市から全国区へ:ホームページ作成とSEO対策

Google大きくアルゴリズムを変更をしました。
検索クリエの14%は変更されるそうです。
松本市内でよくSEO対策が簡単に出来るようなことを言う会社に騙されているケースの事業所の話を聞きます。

Google検索のアルゴリズムの変更で今やるべきことは!

SEO対策会社に騙されないでください!

よく誰でも簡単にSEO対策など出来ないのです。今回のGoogleのアルゴリズムの大きな変更に対してそのような業者如何に対応するのでしょうか?
有料リンクもGoogleには発見されます。自作リンクも同様です。複数キーワードの設定も効果を下げます。もちろん、キーワードの多様するのも同様です。要するに多くのアメリカのサイトやソーシャルメディアからの情報を収集できないでSEO対策は出来ません。
Googleが有料リンクを信用しない理由
このページからダウンロードしてください:Google のウェブマスター向けガイドライン  検索エンジン最適化(SEO)

それではどうすればいいのSEO対策?

Google検索のサイト構築のガイドラインに沿って良質なコンテンツでサイトを構築するしかないのです。もちろん、そのGoogleのガイドライン自体に沿ってサイトを構築するにはそれなりの知識が必要です。そして、出来るだけ早くガイドラインに沿ってサイトを再構築する必要があります。そして、質の高いコンテンツを更新し続けることです。

松本市だけではなく全国のユーザー対してホームページ作成とSEO対策

WEB ATFのクライアンとは全国区へ広がって行きます。何故ならば、インターネットは世界に繋がります。そして、松本市内のクライアント様でも全国のマーケットを対象にビジネスを行っています。そのため長野県松本市の事業所のホームページであっても全国のネットユーザーの視線を受け止められるものでなければなりません。そのためにも常にSEO対策を踏まえたWEBサイト制作を考えています。

今やるべきことは、クローラビリティを高めることと良質なコンテンツページを増やすことです。

Google Webマスターヘルプセンターに答えがある!

Google検索エンジンについては、Google Webマスターヘルプセンターを読み込んでください。企業のWEB担当の方も経営者の方もこのGoogle Webマスターヘルプセンターにつての知識のある業者にホームページの制作を任せることをお薦めします。もちろん、費用はこの知識がない業者と比べれば効果かも知れません。しかし効果のないサイトにいくらお金をかけても無駄です。正しい知識のあるWEBサイト制作会社を選んでください。

SEO対策業者選びのポイント

Google Webマスターヘルプセンターでは以下のようなことが記載されています。
SEO 業者に確認すべき質問には次が挙げられます。

過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
Google のウェブマスター向けガイドラインに従っているか。
通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
期待される結果とその日程、成果を測定する方法。
同業種での実績。
国内/地域での実績。
外国語サイトの開発経験。
最も重視している SEO 技術。
創業年数。
連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。

以下のポイントがGoogleからのSEO対策業者への警告です。

不審なメールを送信する SEO 業者、ウェブ コンサルタント、代理店には用心してください。
隠し立てたり、何をしようとしているのかはっきり説明しない会社には用心してください。
SEO 業者へのリンクを強制されるべきではありません。
何に対して料金を支払うのか確認してください

なかなかGoogleウェブマスターフォーラムやヘルプセンターを読み込むのは大変でしょうが、正しい知識を持ってホームページを構築することをお薦めします。そして、SEO対策には特効薬も速攻対策もありません。それほどGoogleのテクノロージは優れていると言うことです。

Googleの最近とYahoo!サイトエキスプローラーの終了について

Googleが更にソーシャルメディアの情報を検索エンジンに反映させるそうだ。

Yahoo!Japan検索サイトエクスプローラーも閉じられるようだ。
今週は以下の記事に注目したい!

Yahoo!検索 サイトエクスプローラーの終焉でやるべき作業は?

Google CEOがソーシャルについて曰く:「もっとGoogleにログインしてほしい」
検索だけじゃない!Googleが世間に知らしめたい3つの重要な数字
Googleウェブマスターツールのバックリンクレポートが仕様変更
ウェブマスターツールの新しい「サイトへのリンク」データの欠点
次期Operaの「Opera 11」はアドオン機能搭載。さらなるカスタマイズを可能に
So You Call Yourself an Analyst? Part 3: Less Talk, More Do

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ