fbpx

Instagram

インスタでブランディングしてWebで売上UP

Instagramでブランディングするには撮影力と企画力。Webで売上を上げるならコンテンツ力の強化が必要です

Instagramは画像や動画でコミュケーションします。ですから、撮影力や画像編集力が必要ですが、プロでなくてもちょっと学ばばできるのではないでしょうか? もちろん、スマホで十分ですが、どんな企画にするのかを検討する必要があります。そして、ビジネス感の高い投稿は不要です。フォロワーの感性に訴えるような画像・動画が必要です。
そして、必ずWebサイトのブログに呼び込みましょう。そして、ブランディングに成功できれば売上も上がります。ただ、しっかりとブランディングも勉強しましょう。

TwitterやFacebookではブランディングは難しい

画像でスマホでちょっと表示されて、見る人の目を引きつけられることがブランディングができるできるです。ですから、TwitterやFacebookではブランディングは難しいでね!これらのメディアで行うにはパーソナルブランディングを行う必要があります。経営者などの人間力の発揮や技術的な専門性をアピール事はできますが、ユーザーの感性に訴えるならInstagramですね。なにより、Instagramには、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用することができます。ビジネスユーザーには、かなり効果的なツールです。

NTTコム リサーチが行った「第7回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果によると、Twitter・Facebookともに「企業全体のブランディング」に活用している企業が約5割に上ることがわかり、また約4分の1の企業が「特定製品やサービスのブランディング」に活用していると答えています。

はたして本当にSNSでブランディングはできるのか?

売上アップにはブログの重要

お客様を集めるという点でもブログは重要です。つまり、インバウンドマーケテイングを行うことができます。通常のWebサイトは、即売りを目的に作られています。結果、ユーザーは信頼感を企業に持ちません。それよりもリアルなブログの方がロイヤリティを獲得しやすいのも事実です。ブログを見て商品を購入する人は少なくありません。できるだけ誠実に商品おデメリットまで書き込むと多くのユーザーのロイヤリティを獲得することができます。結果的には売上をアップすることができます。

戦略的に活用するInstagramとブログ

Instagramだけ頑張ってもリアルな成果は得にくいのも事実です。SNSだとスモールビジネスだとFacebookが効果的ですが、ブランディングをしてインバウンドマーケティングを行うにはブログとInstagramになるでしょう。もちろん、業種によります。ですがこれからの時代デザインはビジネスにはとても重要ですから、まだ利用していない企業は、Instagraの活用をブランディング目的で利用することは可能です。

SNSで売上UPを本気で狙ってみる!

今更、SNSで売上アップできるのか?やっぱりWebか?

セブンイレブン「ホットビスケット」のSNS拡散に見習って、自社商品やサービスをSNSで拡散させて売上拡大ができるのか? セブンイレブンだからSNSの拡散に成功したのか?自社の商品では出来ないのか?を考えてみた。現実に弊社クライアントでFacebookを活用して年間2棟の住宅受注に成功した工務店の社長がいました。この社長ケースでは、一日15分程度の弊社のコンサルティングをう受けFacebookを利用するルールや社内ルールをしっかりと作りそれを実行しました。

しかし、今の時代、FacebookよりInstagramやPinterestの方がビジネス効果はありそうだと感じるでしょう。しかし、このセブンイレブン「ホットビスケット」の拡散の第一歩はTWitterなのです。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料に基づき考えてみた。

企業やブランドの公式アカウントとつながっている(いいね!やフォロー、友だちに追加など)SNSは?

企業やブランドの公式アカウントとつながっているSNSは、圧倒的にFacebookが多いようですが、LINEもスタンプの取得などで企業やブランドの公式アカウントとつながっている人が多くいるSNSですね。そこで、2016 株式会社ガイアックスの資料で気になって点を抜粋してみました。

Q:ソーシャルメディア上で接点のある企業の投稿を見て、企業の商品やサービスを購入・利用したことがある?
A:たまにある48%・よくある12%

Q:ソーシャルメディアで情報を得るようになってから、そのブランドや企業の商品を購入しましたか?
A:ソーシャルメディアは9割以上の人の購買意欲に影響する

ソーシャルメディアの重要性(調査データー集)で分かるようにSNSはブランディングも生み出し、他のメディアよりもユーザーと結ばれ易い特性があります。

SNS活用の問題点は?

むず、無料であることから、いい加減に扱われやすいく、継続的に利用できない企業が多いことです。SNSに企業が参加して、その企業が中途半端なSNSの利用していると、ブランディングが構築できないどころか、ユーザーに好まれなくなります。いわゆるマイナスです。もう一点は、時間の浪費に繋がるということです。しかし、Instagramでは、AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムを利用するとビジネスターゲットのフォロワーを低額で獲得することができます。実際利用している企業から聞いた話ですが、信じられないAIのチカラを知ったと担当が入っていました。

「あなたのお店に顧客が増える!」その秘密はこの動画をご覧ください。

画像や動画でコミュニケーションをする時代のSNS

TwitterやFacebookは、文字の要素でコミュニュケーションされますが、Instagramなのでは、画像や動画によりユーザーの目を引く必要があります。例えば、飲食店ならメニューや美容系なら仕上がりの画像など、きれいな画像や美味しそうな画像を見ていると人は行動を起こしやすくなります。また、自分のお店の商品やメニューをInstagramなどに投稿してもらい、1ヵ月に一度、アワード企画で、素敵な画像の人にランチ無料券を提供するなど様々な売上UPのためのプランがB to Cの事業では可能です。

B to Bの事業のSNS活用

B to Bの事業では、低価格のSNS広告を利用することをオススメします。できるだけアクションのある動画やモーションを利用することをおすすめします。motionelements.comで動画素材やSNS用の素材でコマーシャル動画を制作し、配信することをおすすめします。ちょっと僕も無料の素材でビデオを作ってみました。

まだまだ、SNSを本気になってやれば、ウリアがアップは出来ます。しかし、そこに到達できるまでの時間的な問題やモチベーションは計り知れません。できれば、決まった時間に数風利用するだけで、売上UPにつながる仕組みを作りましょう。まず、フォロワ~はAUIを使って、新メニューは常にアプロードして、お客様には、必ず食べた感想や幸せになった笑顔を投稿してもらうえるような仕組みが必要です。自分のフォロワーではなく、お客様に口コミをしもらえる色見づくりを考えましょう。

週間無料メールマガ 「業績アップのためのメーケティング」購読申し込み!

ホームページで業績アップの実現・経営情報・メールマガジン会員向けのお得なキャンペーン情報などなどてんこ盛りの情報で、あなたの会社の業績をアップさせるためのネタを送ります。正しいマーケティングの知識を学んで継続的に自社の成長を加速させましょう。






メールマガ登録




















Pinterestを 活用したWebマーケティングで工務店や他のサービス業の売上アップ

Pinterestで住宅販売やサービス業・レストラン・ファッション・美容関係などで効果的なマーケティングが出来ることを知っていますか?

ソーシャルメディアを通して商品の購入につなげるための手段としては、 Facebook、Instagram、TwitterやLINEなどが主に利用されます。Pinterestの国内での認知度は、まだまだ低いのですが自社のWebni紐付けて、無料で効果的なマーケティングを行うことが出来ます。時代は今やFacebook、Twitterではなく、Instagramのような画像や動画でコミュニケーションするSNSの時代です。
このPinterestを住宅販売やサービス業・レストラン・ファッション・美容関係などでマーケティングに活用して効果を得ているようです。

Pinteres web 松本

Webがなくてもあっても「商品の購入」や「サービスの利用」というゴールへとユーザーを導ける

SNSでブランディングを行うのではなく、Pinterestは自社の建築実績・ランチメニュー・ヘアーカットなどの画像をUPするだけの簡単なシステムです。問題はタグ付けになります。
詳しくはこちらから»時系列によるフィードの追加から考える、企業活用上のメリット

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

15分でMacで作る企業PR動画です。バックグランドは、motionelementsで無料でダウンロードしたもにiMACのIMOVIEで編集したので、費用は0でした。youTubeやvimeやにアップロードする時間を除けば、15分程度で完了しました。

SNS向けには、1,500円程度でCoolなモーションが変えます。SNS広告を作るときには活用したいサービスです。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。是非挑戦してみませんか

motionelements

長野市・松本市 WEB制作会社 ATF from Toru Takeuchi on Vimeo.

15分で作る自社PR動画。YouTubeでもvimeoでもFB/Instagramにも活用できます。

SNSのビジネス活用について

50%以上のユーザーがSNSが購入きっかけ

Facebook、Twitter、Instagram(インスタグラム)、LINEなどのSNSを利用するユーザーは増加し続けています。若者ばかりではなく40代、50代以上の方でもLINEを連絡手段として利用してます。若者が中心ですが、SNSから何かを購買したという調査では、50%を超えています。あなたのビジネスでも上手に活用することをおすすめします。またスマートフォンの普及により消費者行動も変化しており、最近では消費者が企業や商品との心理的な距離が重視されるようになっています。

http://www.trenders.co.jp/wordpress/corporate/wp-content/uploads/2016/05/mpr20160511.pdf

引用:トレンダーズ、女性のSNS利用と消費行動に関する調査を実施|トレンダーズ株式会社

ユーザとのミュニュケーション・ブランディングにSNSを活用する

そのため、TwitterやFacebookなどのSNSを商品プロモーションや消費者とのコミュニケーションやブランディングに利用する企業やお店が増えています。

費用対効果を考えて使うSNS

ただ闇雲にSNSでフォロワーを増やしたり、商品宣伝をしても、時間的なロスが最終的に費用対効果が得られないツールになってしまいます。逆にSNS広告を利用するこで、費用対効果が高いSNS活用ができます。また、 Instagram では AI(人工知能)型 Instagram 自動集客システムでターゲットのフォロワーを増やすことも出来ます。忙しい仕事の中、無料だと行ってSNSを利用しても、リアルな効果を得るまでには時間がかかります。SNSマーケティングを理解してビジネスに活用しましょう。

ホームページ制作 松本 WebATFでは、コンサルティング型ウェブ制作サービスの一環として、SNSツールの活用や連携のアドバイス・指導などをこなっています。

企業にとっての穴場投稿はInstagramの○○

あなたはInstagramを使っていますか?

画像や動画を中心に気軽にコミュニケーションが取れることで10代〜30代の方の中で特に人気になっているアプリです。

Instagram

もしかすると
・自分の業種ではInstagramを使えない
・以前使ってみたけどうまくいかなかった
という経験があるかもしれません。

たしかにアプリが流行り始めたときはそうでした。

ですが今では会社のファンとコミュニケーンションを取る時にInstagramは外すことができなくなっています。
特に「ストーリー」機能によって企業へのメリットは大きくなっています。

今まではただ「おしゃれな写真」を載せる場でしたが「ストーリー」の登場によって臨場感ある写真や動画を伝えるようになったのです。

今が旬!Instagramの「ストーリー」

この機能がリリースされたのは実は1年ほど前なのですが利用者が増えたのはつい最近のことです。

ストーリーの特徴は
・アプリ画面の最も目立つ上段に表示される
・24時間で消滅する
・位置情報も掲載できる
です。

特に注目したいのがストーリーを投稿すると個人アカウント・企業アカウント関係なく
投稿した順に並ぶことです。
Facebookと違って「ストーリー」は企業アカウントだからといって露出が減ることがありません。
ユーザー全員に平等です。

Facebookページの投稿をユーザーに見てもらおうと思うと露出を絞られているので今は広告の力に頼らないと難しいのですが
Instagramの「ストーリー」なら無料で、Instagramの最上段に自社アカウントのプロフィール画像を掲載させることができます。

ロゴが入ったプロフィール画像であればブランドとの接触回数を増やすことにつながります。
これだけでも取り組む価値はあるでしょう。

さらに「ストーリー」は”その場で起きていること”を伝えるのに向いてます。
「インスタライブ」という生中継機能までついているほどです。
Instagramのストーリーはフォローしている人にしか公開されずしかも24時間で消えるのでしっかりと内容は吟味した上で、”フォローしてくれているファンにだけ伝えられる踏み込んだこと”があるとよりお客さんとの親密度が高まります。

Instagramのストーリー機能はお客さんにとってのあなたの会社を「なんとなく好きな会社」から「応援したい会社」へと
お客さんから1ファンへとランクアップさせてくれる強力なツールとなります。ただInstagramのストーリーもいつ企業の投稿が表示されにくくなるかわかりません。ですが今は確実に投稿時刻の順番で並んでいます。その恩恵を受けるためにも質を気にしすぎず、まずは1つ試しに投稿して反応をみてみましょう。

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネスの救世主か?

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネス向け

ウェブの世界も様々なサービスが出現してきます。ガンホなどの騒がれたのは昨年のことで、今はメルカリが話題の中心です。そして、小さなお店などの小規模事業者におすすめのサービスが誕生しました。また、人気のSNSであるFacebookも下降線を辿っているようにも感じます。
LINE WORKSとInstagram、B To Cの小規模事業者には、この2つのサービスを活用することをおすすめします。LINE WORKSは、人気のLINEをビジネスで活用するサービスで、ユーザーとのコミュニュケーションがAIを活用して利用できます。Instagramは、SNSとしては、画像が中心の気楽に楽しめるSNSでFacebookとの連動ができます。これにより、Facebookの利用者が激変しているのも事実です。

LINE WORKS

LINE WORKSとは?

先週のソフトバンクのイベントSoftBank World2017のLINE WORLSのブースと講演を聴いてまいりました。LINEの兄弟会社が提供するこのサービスは、ビジネスチャットを社内とユーザーの間でできるスグレモノです。また、AIを活用して、ユーザーの質問に応えるることもできるようです。小規模事業者には、とても重要なサービスになるでしょう。
LINE WORLS

Instagramとは?

インスタの愛称で、いまやFacebook人気を超えています。FacebookがInstagramを買収して依頼、Facebookとの連動も手軽で、Twitterにも簡単に連動できます。Twitterに似たハッシュタグを活用することで拡散が望めます。こちらも美容院や飲食店などの小規模事業者におすすめです。
Instagram

FacebookではなくInstagramのビジネス活用

Instagramのビジネス活用するには?

コンテンツマーケティングの考え方では、Instagramは、SNSでも画像を中心としたアプローチが必要になります。ですから、画像でユーザーの惹きつけられるビジネスや撮影テクニック・撮影プランが必要になります。例えば、美容サロン・飲食・ファッション業界・インテリアなどなどの業界では、使った方が効果的でしょう。WEB制作会社である弊社のケースでは、作業が完了したウェブサイトを見せることができます。

Instagram

instagram.com/webatf

ちょっと前にあった、コンビニの冷蔵庫に入ったりして、ユーザーの注目を浴びる間違ったアプローチをするSNSユーザーがいますが、ユーザーに驚きのようなものを提供する必要があります。Instagramユーザーは文字は読みません。その辺を考えたアプローチが必要です。

それでもFacebookではなくInstagram

きれいな画像や感動される画像さえアップできれば、これからはInstagramの方がビジネス活用できます。拡散力もFacebookよりInstagramの方が高木なってきました。また、Instagramのビジネス活用下画像をウェブサイトのプラグインなどを使って自社サイトにポートフォリオとして活用することもできます。

ホームページにユーザーを呼び込むためのSNS

ホームページに呼び込むためのSNSの利用法

Facebook・Twitter・LINEと人気のSNSだが、最近Facebookもマンネリ化している感じがしているユーザーも少なくない。そこで「あの清水寺も一種のビジネス向けに活用しているInstagram(インスタグラム)に通目が温まっている。Instagramはモバイル専用のアプリだが、スマホでなくてもパソコンでも見ることは出来ます。そんなInstagramでビジネス活用法を探ってみた。

instagram

FacebookもInstagramもやることは一緒

Facebookで自分のビジネスに関する画像を投稿してブランディングをするのと全く同じですね。殆ど文章を不要とするInstagramの方が簡単に利用できます。またハッシュタグで拡散も出来ます。

例えばケーキ店なら、Instagramに商品のケーキやケーキを作っている画像を投稿するだけで、見た人はケーキを食べたくなる。そこで、ホームページに呼び込み地図やケーキ作りの思いを知ってもらうことができます。

SEO対策ができない分SNSでホームページを活用する

SEO対策はとても大切です。しかし、お金や時間の掛かるSEO対策を業者に頼むよりもSNSの更新を頻繁にして見込み客を呼び込むことは出来ます。しかし、Facebookだけでは・・・アクセス料にが不足します。もちろん、SEO対策は重要ですが、今ある条件でホームページ運営をして、ホームページを活用してください。

ビジネス向けにInstagram(インスタグラム)を活用している企業事例20選

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは