Instagram

企業にとっての穴場投稿はInstagramの○○

あなたはInstagramを使っていますか?

画像や動画を中心に気軽にコミュニケーションが取れることで10代〜30代の方の中で特に人気になっているアプリです。

Instagram

もしかすると
・自分の業種ではInstagramを使えない
・以前使ってみたけどうまくいかなかった
という経験があるかもしれません。

たしかにアプリが流行り始めたときはそうでした。

ですが今では会社のファンとコミュニケーンションを取る時にInstagramは外すことができなくなっています。
特に「ストーリー」機能によって企業へのメリットは大きくなっています。

今まではただ「おしゃれな写真」を載せる場でしたが「ストーリー」の登場によって臨場感ある写真や動画を伝えるようになったのです。

今が旬!Instagramの「ストーリー」

この機能がリリースされたのは実は1年ほど前なのですが利用者が増えたのはつい最近のことです。

ストーリーの特徴は
・アプリ画面の最も目立つ上段に表示される
・24時間で消滅する
・位置情報も掲載できる
です。

特に注目したいのがストーリーを投稿すると個人アカウント・企業アカウント関係なく
投稿した順に並ぶことです。
Facebookと違って「ストーリー」は企業アカウントだからといって露出が減ることがありません。
ユーザー全員に平等です。

Facebookページの投稿をユーザーに見てもらおうと思うと露出を絞られているので今は広告の力に頼らないと難しいのですが
Instagramの「ストーリー」なら無料で、Instagramの最上段に自社アカウントのプロフィール画像を掲載させることができます。

ロゴが入ったプロフィール画像であればブランドとの接触回数を増やすことにつながります。
これだけでも取り組む価値はあるでしょう。

さらに「ストーリー」は”その場で起きていること”を伝えるのに向いてます。
「インスタライブ」という生中継機能までついているほどです。
Instagramのストーリーはフォローしている人にしか公開されずしかも24時間で消えるのでしっかりと内容は吟味した上で、”フォローしてくれているファンにだけ伝えられる踏み込んだこと”があるとよりお客さんとの親密度が高まります。

Instagramのストーリー機能はお客さんにとってのあなたの会社を「なんとなく好きな会社」から「応援したい会社」へと
お客さんから1ファンへとランクアップさせてくれる強力なツールとなります。ただInstagramのストーリーもいつ企業の投稿が表示されにくくなるかわかりません。ですが今は確実に投稿時刻の順番で並んでいます。その恩恵を受けるためにも質を気にしすぎず、まずは1つ試しに投稿して反応をみてみましょう。

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネスの救世主か?

LINE WORKSとInstagramは小規模ビジネス向け

ウェブの世界も様々なサービスが出現してきます。ガンホなどの騒がれたのは昨年のことで、今はメルカリが話題の中心です。そして、小さなお店などの小規模事業者におすすめのサービスが誕生しました。また、人気のSNSであるFacebookも下降線を辿っているようにも感じます。
LINE WORKSとInstagram、B To Cの小規模事業者には、この2つのサービスを活用することをおすすめします。LINE WORKSは、人気のLINEをビジネスで活用するサービスで、ユーザーとのコミュニュケーションがAIを活用して利用できます。Instagramは、SNSとしては、画像が中心の気楽に楽しめるSNSでFacebookとの連動ができます。これにより、Facebookの利用者が激変しているのも事実です。

LINE WORKS

LINE WORKSとは?

先週のソフトバンクのイベントSoftBank World2017のLINE WORLSのブースと講演を聴いてまいりました。LINEの兄弟会社が提供するこのサービスは、ビジネスチャットを社内とユーザーの間でできるスグレモノです。また、AIを活用して、ユーザーの質問に応えるることもできるようです。小規模事業者には、とても重要なサービスになるでしょう。
LINE WORLS

Instagramとは?

インスタの愛称で、いまやFacebook人気を超えています。FacebookがInstagramを買収して依頼、Facebookとの連動も手軽で、Twitterにも簡単に連動できます。Twitterに似たハッシュタグを活用することで拡散が望めます。こちらも美容院や飲食店などの小規模事業者におすすめです。
Instagram

FacebookではなくInstagramのビジネス活用

Instagramのビジネス活用するには?

コンテンツマーケティングの考え方では、Instagramは、SNSでも画像を中心としたアプローチが必要になります。ですから、画像でユーザーの惹きつけられるビジネスや撮影テクニック・撮影プランが必要になります。例えば、美容サロン・飲食・ファッション業界・インテリアなどなどの業界では、使った方が効果的でしょう。WEB制作会社である弊社のケースでは、作業が完了したウェブサイトを見せることができます。

Instagram

instagram.com/webatf

ちょっと前にあった、コンビニの冷蔵庫に入ったりして、ユーザーの注目を浴びる間違ったアプローチをするSNSユーザーがいますが、ユーザーに驚きのようなものを提供する必要があります。Instagramユーザーは文字は読みません。その辺を考えたアプローチが必要です。

それでもFacebookではなくInstagram

きれいな画像や感動される画像さえアップできれば、これからはInstagramの方がビジネス活用できます。拡散力もFacebookよりInstagramの方が高木なってきました。また、Instagramのビジネス活用下画像をウェブサイトのプラグインなどを使って自社サイトにポートフォリオとして活用することもできます。

ホームページにユーザーを呼び込むためのSNS

ホームページに呼び込むためのSNSの利用法

Facebook・Twitter・LINEと人気のSNSだが、最近Facebookもマンネリ化している感じがしているユーザーも少なくない。そこで「あの清水寺も一種のビジネス向けに活用しているInstagram(インスタグラム)に通目が温まっている。Instagramはモバイル専用のアプリだが、スマホでなくてもパソコンでも見ることは出来ます。そんなInstagramでビジネス活用法を探ってみた。

instagram

FacebookもInstagramもやることは一緒

Facebookで自分のビジネスに関する画像を投稿してブランディングをするのと全く同じですね。殆ど文章を不要とするInstagramの方が簡単に利用できます。またハッシュタグで拡散も出来ます。

例えばケーキ店なら、Instagramに商品のケーキやケーキを作っている画像を投稿するだけで、見た人はケーキを食べたくなる。そこで、ホームページに呼び込み地図やケーキ作りの思いを知ってもらうことができます。

SEO対策ができない分SNSでホームページを活用する

SEO対策はとても大切です。しかし、お金や時間の掛かるSEO対策を業者に頼むよりもSNSの更新を頻繁にして見込み客を呼び込むことは出来ます。しかし、Facebookだけでは・・・アクセス料にが不足します。もちろん、SEO対策は重要ですが、今ある条件でホームページ運営をして、ホームページを活用してください。

ビジネス向けにInstagram(インスタグラム)を活用している企業事例20選

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ