Iot

ホームページを活用して生産性向上を図る

ホームページを活用した生産性向上を図る

「変化する時代に、変化しないのはリスク」と、経営関連のセミナー・研修、または、書籍などで多く語られています。また、AI・IOT・共創の時代と言われています。これから間違いなく日本の中小企業を脅かすのが、人材不足です。そして、働き方改革による大きなハードルを飛び超えなければならなくなります。そのため生産性向上もひとつの大きな経営課題となります。

ホームページ生産性向上

ATF経営コンサルタント事業部では、認定経営革新等支援機関として、補助金の申請ご案内を含めて、これらの経営課題に取り組む支援を行っております。宣伝はさておき、「ホームページでどうやって、生産性向上を図るの?」と疑問が発生すると思いますが、それらを実行しているホームページ(ウェブサイト デジタルデザイン)では、行えます。

ホームページ行える生産性向上とは?

IOTともDIGITALマーケティングとも呼ぶことは出来るのですが、分かりやすく、「ホームページ活用のIOT」とも仮称しておきましょう。まず、在庫の見える化などGoogle G Suiteの活用やその他のアプリケーションをホームページ上で活用することで出来ることは山ほどあります。それらの例を以下に記載します。

1. 在庫の見える化
2. スケジュールや工程の見える化
3. 工事や制作の歯根の見える化
4. 工程管理
5. オムニチャネルの活用(ウェブとリアル店舗の統合)
などなどが可能です。

ホームページでリアル店舗・事務所・工場を統合

ECショップとリアル店舗をシームレスに統合するのが、オムニチャネルというデジタルマーケティングの概念があります。それを拡大してウェブ、つまりホームページで顧客サービスを行いリアル店舗・事務所・工場などをシームレスに統合することで、生産性向上を行い働き日改革を行えます。

学ぶ経営者は勝ち組!IOTを考える。

学ぶ経営者は勝ち組になる

先日、地銀の支店長が来社された際、私は、地域の業種の状況を尋ねました。「どの業界が伸びていて、どの業界が・・・」との話の中、支店長は、「すべての業界で勝ち組・負け組が存在します」と応えてくれました。そして、「その要因は何ですか?」と質問すると「経営者が勉強している企業は強い」と確信を持った表情で言っていました。

IOTを考える

IOTを考える経営者

最近、よく聞くIOTという言葉。モノをインターネットにつなぐということらしい。弊社はウェブ制作業なので、当然考える、しかし地方の中小企業では、IT化もままならない。そこで、勝ち組と負け組のIT化を考えてみたが、弊社のクライアントにおいては、ほぼ勝ち組。負け組の経営者の基本はウェブの力を理解していない。なんて点も私たちからは見えてきます。たとえそんな現状の中であるなら、IOTを開設したとしても馬の耳に・・・となります。

ウェブ制作会社経営者のIOTを考え

そこで、私なりのIOTの考え方をお伝えすると、モノをインターネットに載せるということは、モノではなく、製品や商品を情報として考える。そして、製品や商品をサービスとして考えなければならない。そこに人間の視点やストーリーが関与する必要があります。つまり、製品や商品を「モノ」と捉えているとインターネットに載せても意味がありません。そこに、要するに「コト」を載せる必要がるのではないでしょうか?

今やIT業界にとどまらず、一般のビジネスシーンでも頻繁に耳にするようになった「IoT(Internet of Things)」。「モノのインターネット」という名の通り、世の中に存在するさまざまなモノがインターネットにつながり、膨大な量・範囲のデータが収集・分析され、ビジネスや社会全般に大きな革新をもたらすと期待されている。

IoTとは何か?企業、社会をどう変えるのか?

社内のIT化から考える

IOTという名で考えると上記の解説のように複雑でわかりにくくなります。そこでご提案は、まず、社内の情報共有化から始める必要がある。例えば、顧客に商品リストのようなものをGoogleドライブで共有化する。ウェブだけではなく、様々な情報を顧客に見える化を促進したり、Googleカレンダーでスケジュールを共有した中で、新しい戦略を遂行するなど、費用はかけずに自社のITスキルを向上しながらIT化を推進して、その後にIOTの考え方で、次の戦略を立案する必要があるのではないでしょうか?

Googleのサービスを活用する

Google ドライブ・Google for workなど活用で、低価格で汎用性のあるシステムを簡単に構築できる時代となっております。そこで、弊社は、それを必要とする企業にGoogleのサービスを活用するサービスの検討を始めました。中小企業のIT部門の人材開発やこれらのサービスの使い方や運営をサポートする必要性がある時代ではないであると感じたからです。ウェブ制作をしても社内の活性化がなければ、そのウェブの成長も期待できません。つまり、IT化という名の上で、どう経営者が学び、IOTの時代のビジネスを送っていくかが、今後の企業経営のキーポイントになるのではないでしょうか?

IOTローカルの小さな企業でも

IOTをどう取り入れますか?

ITO(Internet of thinking)という言葉がビジネスの現場に飛び交うようになりました。インターネットと繋がることで、大きな効果が生まれるということです。これは、ウェブの活用だけでなく、クラウド化やIT化という言葉も含まれます、しかし、ローカルな小さな企業では、その具体的な方法が見えにくいのも確かです。

IOTローカ企業

Google Driveやfor worksを活用した社内情報共有システムの構築

ハローワークのキャリヤ助成金などを活用して、費用を掛けずにIT担当の育成をしながら、低予算で出来るクラウド化がGoogle Drive や for workを活用できます。そして、どうこれらのシステムで人を活かした経営が出来るかという点については、経営者の学びも必要になるでしょう。

クラウド化は、余分なPCソフトやサーバーなどの経費の削減をするだけでなかく、外出や出張時にも情報の活用ができます。また、セキュリティの強化付加価値の向上や働きやすさの追求が行われます。

ウェブの活用は自社の営業スタイルを変える

営業は、攻撃(攻め)と感じられますが、実はウェブマーケティングを活用した、ユーザーが集まるシステムを構築するのも「攻め」となります。ウェブの活用により、新しい攻めの時代を迎えています。それをどう活用するかが経営者の学びが必要になります。

ネット上では、大きな企業の考え方がフォーカスされます。ですからローカル企業でどうITOを考えるかには、工夫が必要となります。
IOTについて、弊社はロカール企業の経営者とこの問題について、一緒に考えることができます。お気軽にご相談ください。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ