iPhone

WEB営業が語る『スマートフォンでビジネスをPRするポイントは!?』

もうご存知のようにインターネット端末は、iPad miniやGoogle Nexus7。AmazonのKindleシリーズなど7インチ市場の話題でもりあがっている。しかしタブレットよりインターネット閲覧で利用されているのがスマートフォンだろう!! いわゆるガラパゴス携帯は各メーカーが生産もしていないのだから!! これからのビジネスでも大いに意識しなければならない市場なのは確かなことだ。

10~18歳のスマホ所有率は37.4%で前年比2倍、高校生は6割超!! (インターネットコム)

企業やお店がスマートフォンでPRする大切なポイントは!?
1. WEBサイトがスマートフォンに最適化。
2. ユーザーインターフェイスをわかりやすく。
3. 新しい情報やキャンペーンのPRを発信する。
4. FacebookやtwitterなどSNSとの連動する。

スマートフォン10〜18歳の普及率

1. WEBサイトがスマートフォンに最適化。
●縦・横画面にかかわらず、画面幅にあわせた画像やテキストの表示
●ピンチアウト(画面拡大)を必要としない閲覧が可能。
●表示速度も意識したサイト制作。
iPhoneやAndroidも画面サイズが5インチクラスは存在する。しかしPCのWEBサイトがそのまま表示されていては、指先でピンチアウト(拡大)しても、内容が閲覧しづらい。意図しないのにバナー広告などに触ってしまい、リンク先の別サイトなどにいってしまう。そこで、スマートフォンで見やすくレイアウトし画面幅で見やすく表示されることが重要なことである。

Facebookの全ユーザーは9億人、モバイルユーザー5億人のためのホームページ

2. ユーザーインターフェイスをわかりやすく。
●サイトの目的をはっきりさせる。
●ターゲット層に響くデザイン。
●各コンテンツが整理され閲覧しやすい。
●誰にでも目的の情報が探せること。
PC用のWEBサイトも共通だが、まだまだ、紙の会社案内やパンフレットの構成のまま制作されているホームページも沢山あるのも事実。
現在のPC用のWEBサイトは情報量も多く、リンクも複雑になっている。では、今のモバイルサイトはどうか? スマフォ専用サイトはまだまだ少ない!! スマートフォンになって画面も大きくなり画像や動画まで表示が容易になった。しかしコンテンツの整理ができていないサイトは、せっかくきてもすぐに離脱されるだろう。サイトを訪れる人は情報収集や購入を目的にきているのだから…。

成功するホームページの作り方!:これが出来なければ成功はない!

3. 新しい情報やキャンペーンのPRを発信する。
●ブログとの連動でタイムリーな情報発信
●キャンペーンやイベントの効果的な告知。
●狙いのキーワードで検索される情報(WEBサイト・ブログ)
ホームページに訪れるのはなぜだろう。主は情報収集だろう。スマフォはどこでも手軽に調べごとができ、おサイフ機能で支払いもできる。ECサイトからクレジット決済も可能だ。
■ターゲットは 『情報収集→検索→比較検討→購入→支払い』
■売り手は 『情報発信→検索→見込客にPR→売上→集金』
GoogleやYahooなどで検索でされるWEBサイト以外はキャンペーン告知やブログを投稿しても成功はありえない。

知らなければ大損するビジネスブログのビジネス効果

4. FacebookやtwitterなどSNSとの連動する。
●SNSのボタンをつける。
●サイト訪問者とのソーシャルな交流。
●ホームページの新着記事との連動。
なぜ発信側はFacebookやtwitterなどのSNSを使うのか? それは情報発信の新しい手段だろう。しかし考えてみてほしい、受けて側からすると『これ買いませんか? これはいいモノです!!』が自分のソーシャルの友達からどんどん送られてきたら!? 僕ならすぐに、友達やフォロー関係を断つことを考える。ここでいう情報は売ることより、ターゲットが興味のある情報を発信し、いいねやシェアしてもらう共感を誘うことが重要なのだ。

ソーシャルメディアを活用できるサイトの作り方。

まとめ

『スマートフォンは個人でもつ、一番身近な生活ツールなのだ!!』

●スマートフォン普及率は低年齢化もどんどん加速。
●40歳代や50〜60歳でもスマフォ人口は増えている。
●Wifi環境の拡大で無線化が進む (スピードアップ)。
●アプリによりサービスの多様化。
●個人のインターネット情報端末。

僕はスマートフォンとコンビニがあれば世の中のサービスがほとんどが可能になる時代がくる(異論はあると思うが)と考えている。
スマフォの進化は凄まじく、本来の友人・知人とのコミュニケーション。それもアプリでLineやCOMMなどで音声通話やメール機能をつかう。テレビを観ながらSNSを使う。外出にも街や店でもスマフォ片手にアプリやネット通信を利用する。

間違いだらけのWEB(ホームページ)で売上拡大計画

若者と呼ばれる世代は、生まれたときにはスマフォが存在し、任天堂willやDSやソニープレステなどのゲーム。オンラインゲームも含め、優秀なコンテンツやインターフェイスになじんでいる。ビジネスにおけるインターネット活用もさらに重要な位置づけになるのは間違いない。

ホームページで成果を得るための最短の近道とは?

スマフォは調べごとに始まり、写真・動画の撮影。銀行サービス、買い物。ありとあらゆるサービスの窓口になっている。CMでも見かけるがパナソニックは家電との連動。車もナビだけではなくどんどんスマフォの役割は大きくなる。レンタルDVDやCDショップもオンラインサービスに…。ピザの注文。タクシーを手配するのも・etc. インターネットを利用して、リアルな生活をより便利に充実させる中心ツールとして欠かせない。ビジネスにおいても、スマートフォンでいかにターゲットにむけた良質なWEBサイトを運営できるが成功には不可欠なのだ。

あたなのホームページの無料診断いたします。
松本市、塩尻市、安曇野市の事業所様向けホームページ制作
Googleからのアドバイスをビジネス活かす!

Facebookの全ユーザーは9億人、モバイルユーザー5億人のためのホームページ

Facebookの全ユーザーは9億人突破、モバイルは5億人となった。そこで、多くの中小企業経営者もFacebookからユーザーを呼び込もうと必死だ。しかし、PCユーザーだけが、Facebookユーザーではない。家にPCがあってもソファーに横になってwifiを利用してiPhoneなどのスマートフォンでFacebookを楽しんでいるユーザーも少なくない。

そこで、モバイルに対応したホームページが必要になってくる。もちろん、HTML5で制作されたホームページが必要になる。もちろん、専門のサイトを作ることはできるが、ホームページがスマフォと連動することが望ましい。

yoko-gallery-1

どんなディバイスでも確実にアピールできるホームページは必要になる。

nori

弊社は殆どwordpressベースのCMSを提供している。そして、ビジュアルは、flashからjQueryを利用している。これもiPadやiPhone対策となる。あなたもホームページをもう一度見なおして欲しい。せっかくFacebookで頑張ってユーザーをサイトに呼び込んでもディバイスに最適化されていなければ意味が無い。「もったいない!」の一言で終わる。

WEB 2.0の2010年を振り返る松本市のWEB制作屋のまとめ!

PALO ALTO, CA - OCTOBER 06: Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg looks on during a news conference at Facebook headquarters on October 6, 2010 in Palo Alto, California. Zuckerberg announced the addition of a revamped personal groups feature and the ability to download everything you have posted to Facebook. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

時代は完全にソーシャルメディアの時代ですね!その中でどうソーシャルメディアと関わって行くのかが今後のウェブ制作のポイントになりますね!

検索サイトを頼りにしないSEO対策!

検索サイトからのアクセスよりTwitterなどからのアクセスが高まっている。つまり多くのネットユーザーは検索サイトでお気に入りのサイトを見つけるのではなく、ソーシャルメディアによる友達の紹介や口コミでサイトを訪問するケースが多くなってきた。このことによりSEO対策よりソーシャルメディアへの最適化にウェブサイト作成の比重が高くなっていくと思われる。しかし、それは、企業がブランディングを行ったりファンづくりをする目的だけに種着するべだと私は考える。

例を挙げます!
○○を欲しいな〜:なんて人はソーシャルメディアでの情報を頼りにする。それは、○○が今すぐ必要ではない!・・・これをWantsという!
○○が必要だ!:なんて人は検索エンジンで情報を求める。よってSEO対策は重要である。・・・これをNeedsという!

つまり、人間が商品を求める時の動機によりWEBマーケテイィングは異なる。それに応じたアプローチが必要であると私は考える。

WEB2.0 ソーシャルメディアの意味!

ブログにしろ、Twitter,Facebookにしろ、個人が簡単にメディアを構成することの出来る時代になっている。そこでもっもと大切なのがコンテンツである。Googleがもっとも上位にランクアップしたいサイトは、上質なコンテンツのあるサイトである。アルゴリズムを駆使して日々挑戦を行っている。そして、世界第2位のアクセスを集めているFacebookは、それだけでビジネスサイトが構築出来るパフォーマンスを持っている。つまり、その特性を確実に理解して優良なコンテンツを発信するサイトがWEB2.0では勝者となる。そのことを踏まえてWEBサイト制作、WEBサイト構築を行わなければならない。地方には地方のコンテンツがあり、スモールビジネスにはスモールビジネスのコンテンツがあると私は考える。

iPhone,iPadの人気のモバイル全盛期!

モバイルへの最適化が必要な時代になった。iOSが、falashに対応しないことによってサイトからflashを取り除くサイトが続出した。iOs対応のテンプレートプラグインも大ブレークした。ソーシャルメディアをモバイルで利用する人が増えた以上その対応は当然のことだ。また、多くのアプリの開発によりウェブサービスの方向を転換を余儀なくされた2010年でもある。
2010ベストiPhoneアプリまとめ(仕事用、便利、Twitterとか、教養・趣味!なアプリまとめ75個)
2010年に誕生した新しいWEBサービスリンク集

「目から鱗」の情報の宝庫、ソーシャルブックマークはてな

100%は信用出来なくても目から鱗が出るような情報のまとめがはてなのブックマークにエントリーされている。まとめサイトの人気の日本ではNaverは注目のサイトだ!知らなかったことは、はてなのブックマークエントリーとNaverで十分カバー出来るような気もする。自己のビジネスに新しいヒントが得られるのもこのサイトからではないか?
モダンなUIを活用したショッピングサイト運営用phpオープンソース「LiteCommerce」

TwitterからFacebookへのスライド!

Web2.0へのかかクァリを意識しないTwitterのユーザーの増加にFacebookへとスライドするユーザーが増加している。2011年1月15日に封切られるソーシャルネットワークの映画の放映後は日本でもかなりブレークするだろう!やはりFacebookを使いこなすとTwitterが面倒になる。そして、Facebookの機能はネットユーザーの心をとらえているサービスが多い!時代は完全にFacebookの時代になる。WEBサイト制作には、このfacebookを取り入れ方がポイントなるだろう!

Googleの必死さが伝わるほどスゲェーChrome Web Store
FacebookプラスTumblrの時代!
日本マクドナルドに学ぶ松本市ローカルビジネス!

最後に!
ソーシャルメディアの活用を避ける訳に行かない時代に突入した。しかし、そればかり注目してはならない。また、web2.0やソーシャルメディアは、一見経費が掛からないように思えるが、時間と言う経費やコンテンツを構築する経費はそれほど安価ではない。また安易に参加すると効果を得るどころかマイナスになってしまうこともある。問題はやはり鮮度の高い良質なコンテンツを構築することが最も大切なことではないだろうか?ラーメン屋が新作メニューを作るまでのコンテンツなどは、顧客のファンを獲得するには最高のコンテンツである。ソーシャルメディアによりラーメンづくりに参加することも出来るからだ!
2010年は、多くの方に指示して頂き沢山のWEBサイト構築に携わることが出来て幸せです。心から皆様に感謝してます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ