IT導入補助金

お客様を引き寄せるホームページ制作に欠かせないモノ

集客の成果が出来るホームページ制作とは、ユーザーを引き寄せる威力があります

ユーザーを引き寄せるホームページ・ウェブサイトを制作するには、売り込むのではなく、自社の強み・弱みをしっかり理解し、他社と異なったアプローチが必要です。よくある同じ業界で似たようなウェブサイトを制作してもその効果はありません。また、現在、開催されているIT導入補助金や小規模事業者向け持続化補助金の申請にも必要になります。それは、まず、自社分析・市場分析・自社の強み・自社の弱みを理解して、戦略的な仮説を立案して、他社と差別化されたユーザーに「YES」をもらえるホームページ制作が必要になります。

ウェブサイト企業の強み

自社の強みをホームページのコンテンツに

自社の強みとは、まず以下の3つの視点で考える必要があります。これらをホームページのコンテンツとしてどう表現できるかが、ウェブディレクターの力になります。また、自己満足・自慢にならないように気を配った質の高いコピーライトが必要になります。
1.ユーザーが強みと感じる点
2. 他社より優位な点
3. 自社が優れていると感じる点
上記で、一番大切なのは、[1.ユーザーが強みと感じる点]になります。多くの経営者が間違った判断をするのが、[2. 他社より優位な点]や[3. 自社が優れていると感じる点]になります、この部分は、経営的強みであっても、それほど強くアピールする必要はありません。しかし、複雑な商品やサービスの場合、はっきりと[2. 他社より優位な点]を示す必要もあります。

自社の弱みをホームページのコンテンツに

自社の弱みをしっかりと伝える点が必要です。それは、その企業の誠実さを示す事によりユーザーからの好感度を高めます、またセグメントが出来る良い結果にもつながります。弱みのない企業などありません。自社の絞り込んだターゲットに向けた強みがあれば、弱みの点をユーザーは悪意に取らず、正直で誠実な企業だと感じます。

ATFの強みと弱みの例

ATFの強みのまとめ
常にお客様の利益を優先した質の高いサービスを提供できる
・売るためのマーケティング力が高い
・ウェブサイトを作りっぱなしではなく、成果をクライントに提供できるまで、ウェブサイト運営サポートを行う
・ウェブサイトにより、大きな成果を得た地元企業が複数ある
・デザイン、マーケティング、ウェブテクノロジーを常に学び研究している
・SEO対策にも強いノウハウと技術がある
ATFの弱みのまとめ
常にお客様の利益を優先した質の高いサービスを提供するため予算が他社より掛かる
・制作できる量が限られる
・上を目指した企業だけの対応になる
・簡単なホームページは作れない
・初期の打合せに時間がかかる

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ