fbpx

MA

何故、WebサイトにMAとCRMが必要なのか?

WebサイトにMAとCRMが必要な理由

Webサイト、いわゆるホームページなのですが、何故、今 MA(マーケティングオートメーション)やCRM(Customer Relationship Management 顧客関連管理システム)などのBI(ビジネスインテリジェント)ツールが必要なのでしょうか? 昨今、「物が売れない時代」などと言われサブスクリプション方式などの販売手法も注目を集めています。そして、Webサイトの制作目的も「即買いを求めるWebサイト」から「見込客を獲得するWebサイト」づくりの時代になりました。そのためインバウンドマーケティングやオウドメディアの制作の必要性がウェブ上で騒がれています。

長野県でのBIツールを提供する会社

これらも。「まず。自社を好きになってもらう」というマーケティング手法になります。つまり、いきなり販売をしても効果がないということです。そこに「見込客」という概念が必要になります。その見込客を管理育成するのにCRMが必要になり、その選別や顧客情報を獲得するためのにMAが必要になります。要するにWeb+MA+CRMが標準装備されていなければいけない時代になります。

MAのWebマーケティングでの役割

MA自体、Webが充実していなくてもメールで、顧客の自社商品の関心度を図ることが出来ます。展示会や交流会などで祝した見込客情報やWebの資料請求・お問合せのデータを基本に見込客の関心度を測り、その結果にアプローチします。弊社のBtoBの事業所様のWebサイト制作には、標準装備されます。そして、MAは見込客のその関心度にあったアプローチを自動化します。もちろん、営業担当に情報や営業指示を提供いします。もしくは、メールだけでビジネスを完結させてしまします。特にBtoBなどの事業ではとても役立ちます。また、不動産業・工務店なども同様に効果的です。また、出来るだけCRMとの連携が重要になります。

CRMのWebマーケティングでの役割

CRMは、Webを活用していなくても、現在の企業ではすべての業種で必要なシステムです。簡単に言ってしまえば、エクセスなどの表計算ソフトが不要になり、すべての業務を一つのシステムに行えるプラットフォームとなります。Webで獲得した見込客だけではなく、様々な顧客データと紐付けられ商談や作業の管理・メールマガジンの発行・見積書・注文書・請求書などなどが自動化されます。もちうろん、Webと紐付けられMAもプラグインして活用することが出来ます。

BIツールの活用が業績拡大の鍵

1台数千円単位から利用できるこれらのBIツールを自社の業務に合わせてカスタマイズすることによって、業績拡大が期待できます。もちろん、BIツールに合わせたWebサイト制作が望ましいです。ですが、まず、このBIツールに慣れ、業績拡大に繋がる仕組みづくりを行うことをオススメします。

BIツールの詳しいことはこちらのページをご確認ください。

ホームページ診断
動画で見るホームページ診断と対策

こんなことで、ホームページで業績が上がります。

ホームページの目的を見込み客獲得のために

ホームページで業績アップを望むなら、ホームページで即買いを即すよりもコンテンツマーケティングインバウンドマーケティング(外国人向けではない)により、見込み客に自社のファンになってもらう・そこから見込み客と繋がることを目的にするべきです。つまり、お問合せ・相談・SNSでのコミュニケーションなど、まず、顧客と繋がり、その顧客を自社の商品の購入・来店などの即することを目的にしてください。

好きになってもらうWeb

まずは、自社を好きになってもらうためのウェブコンテンツとは?

ユーザーが求めているのは、自分(自社)の問題の解決や自分の変化のための情報を求めています。そのために自社の商品やサービスをツールとして、考えてください。「こんな問題を抱えているなら、こんな解決法があります」とか、「こんな使い方をしてください」とか?ユーザーの問題解決になる情報を自社の商品でなくてもコンテンツにする必要があります。例えば、リフォーム業者やガーデンニング業者が、リフォームやホームセンターなどで購入した材料などで出来るリフォームやガーデニングのためのノウハウを提供します。しかし、やっぱり素人です。うまく出来なかもしれません。そして、「やっぱり親切なプロの業屋に任せよう」なんてことになるかもしれません。
その結果、ユーザーに好きになってもらう見込み客になってくれるよう、ダウンロード資料やチャットでユーザーを見込み客として、リストに入れましょう。また、CRM(顧客関係管理)ツールで顧客を管理することもおすすめすします。

ホームページには記載していないコンテンツを用意しておく

見込み客を自社の関心度に合わせて、アプローチする必要があります。闇雲に情報を垂れ流しても、良い結果は得られません。出来れば、CRMやMA(マーケティングオートメーション)との連動を図るのがベストですが、見込みきゃの抱えている問題に適したコンテンツの資料を提供したり、SNS上で簡単な会話をする必要があります。

常に正直で誠実な対応をする

現在の売上状況で、クロージングを焦ると見込み客を失う可能性があります。ですから、正直で。誠実な対応はとても重要です。ブログで自社の商品の欠点やその対処法を掲載したり、スタッフの失敗談など、ユーザーは、その人と自分の共通点を見出してくれれば成功です。人となりを表現してください。物語はとても好まれます。仕事に対する情熱も忘れずブログに記載してください。

HPリニューアルキャンペーン

まず、Webを好きになって欲しい!

長野県松本市でWeb 制作会社をやっていると、「もっとWebを活用してくれればビジネスも成長するのに」というお客様や見込み客の会社さんがあります。もちろん、忙しい中ブログを書くのは手間です。しかし、30分も時間があれば、自社のことを分かってもらえるツールです。まず、ターゲットに自社を知ってもらわければ、ビジネスは始まりません。どんないい商品や製品があっても、それを必要な人に情報を届けなければ、ビジネスは成立しません。

ジャパネットたかたを真似る

「なまりのある話し方でTVCMを作ってください」と言っているのはありません。どこでも変えるようなメーカーが作った電化製品を売っているに通販では断トツの売上です。つまり、「伝えるチカラ」が素晴らしいのです。この「伝えるチカラ」を身に着けてビジネスを大きく成長させてください。

HPリニューアルキャンペーン

製造業のホームページのリニューアル

製造業ホームページリニュアルでやって起きたこと

Web運営に慣れていない製造業者様でも、まず、人材確保のためにリクルート専用ページを制作する必要があります。そのリクルートウェブサイトとはコーポレートウェブサイトとは切り離すことを勧めします。それは、コーポレートウェブサイトと採用サイトは見る人が異なるからです。また、自社の製作するマテリアル名や得意な加工についてのキーワードを掲載する必要があります。できれば、小ロット短納期などの記載があれば更に効果的です。また、ウェブサイトに訪れた企業名やその企業が見ているコンテンツを知る必要があります。それが行えるのがMA(マーケティングオートメーション)となります。B TO Bの業態では、このMAの活用が売上に大きな影響を果たします。

長野県製造業ホームページ

長野県製造業リクルートホームページ

あくまでも、新規取引先を獲得するための製造業のホームページとなりますが、そこで働く人の顔が表現させる必要もあります。なかなか、ホームページに社員が参加してくれにくいかもしれませんが、できるだけ協力していただけるようにしてください。

営業部門のあなる製造業のホームページは?

新規取引先を獲得するための営業で名刺効果などをした発注側の担当は、必ず相手のホームページを見ます。実績・社長の挨拶・会社概要・周遊している設備など、質の高いコンテンツで作り上げる必要があります。
企業に訪問する→相手担当がホームページを見る→訪問の御礼のメール→資料の送付などを行う必要があります。そして、それらのメールには、顧客の問題を解決策を提示して、自社の製造についてのコンテンツページのリンクを張り込むなど、ホームページが営業活動をフォロー出来るようようにホームページを制作する必要があります。これらを自動に行ってくれるのがMAです。

ターゲットを絞り込んだ訴求をする

自社の一番得意な製造過程を前面に出す必要があります。これも・あれもと訴求すると相手には何も伝わらなくなります。大切なのは、専門性をアピールする必要があります。これは他の業態でも同様で、最も重要なことです。

Web不要、MA(マーケティングオートメンション)で営業活度に成果を!

Web不要、MA(マーケティングオートメンション)とは?

Web不要と言っても全くWebが不要というわけではありません。私は、MA自体、相当のアクセスと顧客リストを持っていないと活用できないものだと思っていました。ところが、昨日セールスフォースさんとのWeb会議で、メールマーケティングによるセールスフォースさんのPardotの機能と利用方法に驚きました。

昨年、パートナー企業の件で東京駅から徒歩3分ほどの千代田区にある株式会社セールスフォース・ドットコムにお伺いさせて頂いたときには、ここまでの機能があるとは正直、思っていませんでした。

B2B企業向けマーケティングオートメーションの 「Salesforce Pardot」

大量のウェブアクセスがなくても

特にB TO Bの営業には欠かせないMAとなるのですが、ウェブサイトの訪問者のクッキーをイベントなどで、入手した名刺情報と関連付け営業活動やステップメール・DMなどのダイレクトマーケティングを行うツールでしか考えていませんでしたが、名刺情報からメールなどの開封情報や顧客の関心度によりアプローチを変えるシステムは、AI導入前のステップとして、MAの機能は営業活動に大きな成果を与えるものではないでしょうか?

待受るWEBから攻撃するMA

Webだけでは、モノを買ってもらったり。、サービスを購入していただくことが非常に難しくなって来た今、様々なマーケティング手法がありますが、戦略的に営業活動の活性化と新しい可能性を秘めたMAには驚きです。調査会社の調べでは、まだまだ、企業によるMAの導入は少ないようですが、これからの時代、特にB TO Bの事業では、活躍することでしょう。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ
小さな会社のマーケティングとは