PDCA

Google アナリティクスの分析力こそが、ウェブサイトを成長させる

ウェブサイトの成長・成功はGoogle アナリティクスの分析力が鍵

コンテンツマーケティングからデジタルマーケティングの時代に突入している。SEO対策は、とても必要なファクターだが、新規に作成された販売・売上拡大を望んだサービスウェブサイト・販売ウェブサイトでは、まず、サイトの商品などの売り方やユーザーにとって正しいのか?修正の必要な点は、どこなのか?テストする必要があります。その場合、リステイング広告のGoogle AdWordsを使用して、その評価を確認し、次の一手を行う必要があります。つまり、PDCAサイクルを高速回転させ、収益の上がるウェブサイトに成長させる必要があるからです。そのためには、Google アナリティクスの分析力を高める必要があります。

phppak9v9a6869_tp_v-1

ウェブ担当に最も必要なGoogle アナリティクスの分析力

ウェブサイト制作会社にあまりないGoogle アナリティクスの分析力はありません。特に地方のウェブサイト制作会社では、自分たちが制作したウェブサイトの評価をされ、修正を行わなければならないので、ウェブサイト制作会社にとっては、あまり踏み出したくない領域なのかもしれません。しかし、私は、そうは考えません。新規ウェブサイト制作は、単なる仮説により実行されたプランに過ぎません。その成功率は極めて低いと考えてください。問題は、ユーザーの答えをGoogle アナリティクスの分析して、その結果を反映した対策を講じ続けることです。この作業によってウェブサイトは企業の収益率を高める収益の柱となるツールになります。

Google タグマネージャーを利用する

Google タグマネージャーを利用して、自己のターゲットをGoogle アナリティクスで分析することもできます。また、インバウンドマーケテインング窓のためのコンテンツ作りにも役立ちます。もちろん、SEO対策にも役立ちます。これらのノウハウを提供してくれるウェブ会社に「仕事を依頼するか?自社でこの能力を高め、修正依頼をウェブサイト制作会社にいらするのか?それともこれらのノウハウのあるマーケテインングコンサルタントに依頼し、Google アナリティクスの分析力を養っていく方法もあります。

ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。

このブログでも何度もお伝えしておりますが、ウェブサイト制作・ホームページは制作公開してからが重要です。この概念だけは、頭に入れてください。そして、その結果、企業の収益柱に成長させる必要があります。そして、ローカルでもそんな時代になりました。ATFでは、当初からその重要性を伝え実行するために、すべてのウェブサイト制作には、サポート契約を伝いさせています。それが、私たちがクライアントに提供できる最高のサービスだと考えています。

webサイト運営の成功はPDCAで改善がポイント

PDCAでウェブサイト運営を行う

私は、ウェブサイトは制作をマーケティング的にはテストと考えます。クライアントの費用で「テスト」と考えるのは、非常識だと考えるかもしれませんが、あくまで弊社のコンサルティングとクライントの要望による仮説に基づいたウェブサイトは制作いたします。しかし、答えを出すのは、ユーザーです。そして、ウェブサイトを運営しながら、ユーザーの声を拾う必要があります。その声に合わせてPDCAサイクルを回しながら修正を行います。問題は、 アナリティクスなどで、そのユーザーの声を拾いやすくウェブサイトを制作する必要があります。

PDCAサイクル ウェブ運営

PDCAで仮説から立案したウェブサイトを検証し修正をする

ウェブサイトの完成はあります。常にPDCAサイクルで、改善案を試しながら、より効果の高いウェブサイトに成長させます。経営者でも業務でもPDCAで改善することは必要だと言われていますが、ウェブサイトも同様だと私は考えます。

PDCAで分かるユーザーの動向

PDCAサイクル改善計画を立案し、修正していくとユーザーの動向が見えてきます。ユーザーは何を知りたくて、購入時や資料請求前は、どんなページを訪れ行動を起こしているのか?その時のタイトル・クリックするポイントを改善していくと見つかります。例えば長いテキストを読んでくれるユーザーとそうでないユーザーの行動の違いなど、PDCAを回したから分かることが多々あります。

ウェブ制作は一つのテストです!

どんなに時間やお金を使ったプランでも、それはただのテストと考えれば、気軽に実行し、気軽に変更することもできます。コンテンツ作りに時間や手間を掛けたからと言って成功率が高まるわけではありません。問題はスピードです。多くのフィードバッウクを受けスピーディに改善することがリアルな利益を呼込むウェブサイト運営の秘訣だと考えます。だからPDCAを回して成功をつかむのです。

売れるウェブサイトの作り方

売れるウェブサイトの作り方

ウェブサイト・ホームページなど公開しただけでは何も効果が得られないことを認識してください。ウェブサイト・ホームページは育てていくものです。ですから弊社は運営サポートを充実させています。2年間でまず、費用対効果を出すことをクライアントと約束をしてサポートを行います。このサポートなしには、売れるウェブサイトの作れないと弊社は考えております。

web PDCA

ウェブサイトの良し悪しは、ユーザーが答えを出します

ウェブサイト・ホームページの良し悪しは、ユーザーがその答えを出します。ですからサイトを公開してから、アクセスの解析による対応が必要になります。PDCAサイクルを行うことが重要になります。

1.アクセス解析による仮説プランの設定 Plan:計画を立てる
2. サイトの修正やコンテンツの修正追加など Do:実行する
3. 修正結果をアクセス解析で確認する Check:評価する
3. アクセス結果により改善を行う Action:改善する

上記のPDCSサイクルを行うことで、ウェブサイト・ホームページは生き物として主張する。

ウェブサイトで売るために何をするのか?

ウェブサイト・ホームページで商品やサービスを売るには、それらの商品を求めているターゲットに、その商品やサービスがどう映るかを知る必要があります。ユーザーが喉を乾いているようだったら、冷たいドリンクを提供しなければなりません。ラーメンが嫌いなユーザーにどんな美味しいラーメン屋を紹介しても、ユーザーは喜びません。要するにユーザーが喜ぶものは何かをコンテンツにしなければなりません。

ウェブ制作リニューアル後のPDCA

ウェブ制作の成功への道

弊社では、ウェブ運営プランをウェブ制作時にご提案いたします。それは、ウェブを死なせないものではなく、ウェブ最高に導くためのものです。そこで活用されるのが、PDCAサポートです。

pdca

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

上記のサイクルで、制作されたウェブサイト(ホームページ)の評価をしながら、改善を行っていくものです。

ユーザーの評価を常に監視して対応する

ウェブ制作は、単なるスタートで、ユーザーの評価に対応して、ウェブの修正・変更・追加を行う必要があります。マーケティングとは、常にユーザーの評価を素直に受け止め対応することだと考えています。その弊社は、このPDCAサポートサービスをい充実させていきます。

まずは、お電話・メールで
ご相談ください。

「ホームページ制作成功の秘密」の
DVDと資料をお届けします。

Web制作に関する相談専用ダイヤル
メールアドレスだけでお問い合わせ